« バリウム | トップページ | 24(その6) »

大腸検査

 バリウムに続いて、大腸検査のことも話そう。これは、大して面白い話ではない。

 大腸検査って、お尻の穴からカメラを入れるのであるが、その前に、腸の中をきれいにしないといけない。下剤を飲んで、それから、2リッターの石鹸水みたいなものを飲まないといけない。これがきつい。確か、2時間か3時間かけて飲むのであるが、おいしくないので飲み込めないし、飲んでるうちに身体がだるくなって、眠くなってしまう。その石鹸水みたいなものを飲んでは、トイレに行って、ていうのを何回か繰り返して、腸の中をきれいにするのである。これは、非常に苦痛。バリウムを飲むのよりも苦痛。石鹸水みたいなものを飲むのは勘弁願いたい。

 何とか、腸の中をきれいにして、カメラを入れるのであるが、これがまた痛い。死ぬほど痛い。「力抜いてぇ~」なんて言われてもどう力を抜くのかわからんのである。痛いのをこらえて、入ってしまえば、とりあえず、なんとかなる。ディスプレイで自分の腸の中がどうなっているのかもわかる。最初は痛くてよく見れなかったが、慣れてくれば見られるようになった。映し出された内容は、洞窟の中を進んでいくみたいな感じだった。

 でも、次の試練が待ち構えていた。お尻の穴がすれて痛いのである。大体40分ぐらいの検査だと思ったが、最初は面白がって見ていたディスプレイも痛くて、見れなくなってきた。これのおかげで、3~4日はトイレ行ってお尻を拭いたときにトイレットペーパーに血がべっとり付くようになってしまった。ちょっとびっくりした。薬を出してもらった。

 まぁ、ほかのみんなもやるときがあるかもしれないので、それなりの覚悟はしておくように。

|

« バリウム | トップページ | 24(その6) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今飯食いながら読んでるのだが。。。
不覚であった

投稿: 吉法師 | 2007年12月 8日 (土) 18時34分

これは、失礼致した。

投稿: しおしお | 2007年12月 8日 (土) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バリウム | トップページ | 24(その6) »