« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

DELLの液晶

 この前組み立てたPC用に17インチのDELLの液晶(1708FP HAS)を買ったのだが、白が異常に明るくて目が痛くなるくらいである。しかも、色が全体的に薄い感じがする。色合いが、俺が以前買った2001FPと違うのである。

 なんだか、安っぽい色で、ちょっと不満を感じるようになってきた。色合いは、液晶ディスプレーの設定や、ビデオカードのドライバで変更できるので、気に入った色合いにすればいいのだけど、なんとなく、デフォルト状態がおかしいというのが、気に入らない。(ビデオカードによる色の差異はほとんどなかった。2001FPをつないで見ても、白が明るすぎるということはなかったので、液晶の機種による差異かもしれない。)

 もともとDELLの液晶ディスプレーを購入したこと自体に間違いがあるのかも知れないが、以前購入した2001FPが逆に良過ぎたのかもしれない。値引きのキャンペーンもやってたので同じDELLにしたのだけど、ちょっぴり残念。でも、スピーカが液晶ディスプレーに取り付けられることを考えると、他に選択肢がなかったので、後悔はしていないぞ。うん。後悔はしていない。。。。うわ~ん。

| | コメント (0)

プリンタ(その2)

 EPSONのぼけどもよう見とけ。お前らの作ったしょうもないPX-A740っちゅうプリンタ兼コピー兼スキャナの感想を俺が述べてやる。ありがたいと思え。次機種の参考にせぇよ。ちなみに俺はプリンタメーカーとも関係してるからな。素人とちゃうぞ。よ~見とけ。ぼけがっ。

 まずは、マニュアルからじゃ。これは、俺は結構うるさいぞ。自分の製品のときには、わかりきっていることをチェックするのは、苦痛やから甘々になるけど、他人が作ったもんには厳しいんじゃ(他人に厳しく自分に甘いのんの典型じゃ、ぼけ)。

 A2の大きさのPX-A740 準備ガイド「はじめにお読みください」やけどな、2色刷りは、原価構成上仕方ないかもしれへんが、警告のところは赤う塗ったほうがよかったんとちゃうか? 人が死亡または重症を負う可能性があることを示す内容やろ。目立たせんとあかんのんちゃうか? まぁ、べつにかまへんけど。お前らが裁判で負けるだけやからな。これは、俺にとっては別にどうでもええことや。200Vの電源つなぐことはないからな。細かいこと言うと、200Vを接続したらプリンタが燃えるかもしれへんなぁ(難燃材使こてても燃えるっちゅうのはちゃんと知っとんな、あくまでも燃えにくいだけで燃えるんやで。エンクロージャー関係やってるやつには常識やな)、そうなったら、財産の損害の可能性もあることになんねんけど、その記載が漏れとんのんとちゃうか? これは、まぁ、いちゃもんみたいなもんやけどな。気にしたかったら気にしたらえぇし。俺が言いたいのは、こんなしょうもないことちゃうねん。あ、言うといたる。よ~できてるほうやと思うで、表のほうは。

 問題は裏や。お前ら、使う人らを素人や思て(俺は素人とちゃうけどな)、なめんとんのんとちゃうんか?  プリンタの電源切って、ケーブル接続して、それからソフトウェアをインストールするのは、かまへんねんけどな、プリンタの電源はいつ入れたらええねん? プラグアンドプレイ対応かどうかわからへんから、電源入れんとドライバをインストールしたらええのんか、電源入れてからドライバインストールしたらええのんか、わからへんのんとちゃうんか? しゃぁないから、今、プリンタの電源入れんとソフトウェアをインストールしてみるから、それで失敗したらぼろくそ言うから覚えとけ。

 う~ん、インストールしてみて、ぼろくそ言いたかったけど、文句の言いようがなかった。すまんかった。ようできてたわ。冊子になってるマニュアルのほうは、困ったときしか見やへんから、今日の論評からははずしといたろ。

 ためしに全自動モードでスキャンしてみた。やっぱり、モアレとかあるけど、もともとの値段が安いから、それなりのレベルかな?と思うわ。俺的には、満足や。不満は、スキャンしたやつをそのまま印刷かけたら、A4の大きさやったのにA4より大きく印刷された。これは、あかんやろ。しかも、ふちなしでちゃんと印刷しやがって。印刷した大きさに関しては、なんか操作方法間違えたかな? 何にもいじってないつもりやけどな。印刷スピードもまぁまぁやった。まだ、使いはじめやから、ようわからんが。操作性や紙の斜行や重送については、使い込んできたら磨耗とかで問題になるかもしれへん。そやけど、紙を吸入するときに機械音がでかすぎるで。びっくりするやないか。 俺みたいな夜行性人間が夜中に印刷かけたら、隣の人が起きてしまうんやないかとびくびくするがな。次機種では、絶対改善しとけよ。

 液晶ついてるけど、プリンタとして使うから、あまり見やへんなぁ。でも、液晶自体はきれい。くっきりしている。逆に電源が入っていると目印になってええかも。そやけど、節電に入ったら液晶消えてまうねんな。目印にならへんわ。前のプリンタ(PM-870C)は、LEDでしか電源入ってんのわからんかったからな、電源入れっぱなしちゅうことがよ~あったわ。

 プリンタ前面のふた(用紙が出てくるところ)を閉めたままでも、印刷ができるというのは、俺の企画の装置やったらちょっと許せんなぁ。だいたい、スキャナのでっぱりに隠れて、ふたがあることがわかりずらいことがあかんな。まぁ、値段が値段だけに開閉のセンサーの分でも安くしたいのはわかるが、俺みたいなぼけがふたをしたまま印刷かけて、ふた開けたら印刷した紙が丸まって出てきたら、めちゃめちゃむかついて、金属バットで叩き壊してしまうかもしれん。次機種では改善しとけよ。買うかどうかわからんけど:P。考えたら、ふたなんかいらんのんとちゃうんか? 顔料のインクやから乾燥しやすうてそれをちょっとでも防止しようと思てふたつけとんのんか? 見栄え的にはあったほうがええけどな。原価考えると、なしにしたほうが、ふたそのものの材料費がかからんようになるし、ふたの型代とか投資せんでええから、さらに原価下げられると思うけどな。俺は、ふたはいらんと思う。用紙ジャムの原因になるし。デザイナーの強硬な主張だとしたら、そのデザイナーの意気込みには敬服するが、せめて、印刷するときに液晶に前のふたを開けてくださいと表示して、注意を促す方法もあったのに、それもやってないから、企画をやったやつは、お客様の装置の使い方に対する考慮がちょっと足らんかったな。

 難点は、黒のインクカートリッジが小さいことやな。ほかのカラーのインクカートリッジと同じ大きさや。これは、社内でも議論になったんとちゃうんかと思うけど、原価を抑えるためにはしかたなかったんかもしれん。それとも、写真印刷ということで、文書印刷に関しては、このプリンタのコンセプトからはずしたんかもしらん。これだけは、開発したEPSONのボケどもに聞かんとわからんけどな。まぁ、ダイレクト印刷があるということは、そういうことかな?

 コピーやけど、今度は、原寸より小さく印刷されたぞ。設定では100%になってるから、原寸設定やろ。用紙の周りに3mmくらいの空白が取られて、その中に印刷されてるから、縮小されていることになるねんけど、どうしてくれんねん、EPSONのぼけども。これは、お前ら言い訳でけへんやろ。倍率変えてくれちゅうのは却下じゃ。100%やったらちゃんと原寸でコピーせな、コピーの機能として満足してないやろ。これは、改善してもわらな話にならんで。F/Wを修正せ~っ! それとも、お前らの技術力やったら、今のんが限界なんか。もしかしたらこのプリンタにはF/Wを書き換える機能がないのんか? Flash ROMぐらい積んどけよ。

 まぁ、値段考えたら、せっかくがんばって作ったEPSONのぼけどもに悪いから、このへんで我慢するしかないと思うけど、印刷画像の大きさの件は、F/Wのアップデートで修正してくれ。メカ音は、F/Wの改修で吸収できひんかもしれへんが、なるべく静かになるように駆動シーケンスを修正してくれ。あと、もうちょっとや、君らEPSONのぼけどもの奮闘に期待する。 

| | コメント (2)

書き溜め

 実をいうと書き溜めをしている。

 なので、実際書いている日と文章が公開される日が微妙にずれているのである。プリンタの使用記がなかなか出てこないのもそのせい。

 blogの機能としては、非常に便利。日にちと時間を設定しておけば、その時刻になれば自動に更新される。でも、書くほうは時間的ずれがあるので、ちょっと、書きづらい。なるべく、時事に関係ないことを書くか、かなり昔のことを書くかしないと、微妙な時期に書いていると、情報の前後があり、恥ずかしいことになることがあるかも知れない。

 この文章を書いていたのが24日で更新されるのが29日で5日のずれがあった。と、こう書いている時に、過去形なのか現在形で書けばいいのか、非常にややこしくなっていて、書きずらいのだ。いつも頭の中が混乱しているのにさらに混乱することになる。頭の弱い俺には対処不能だ。

| | コメント (4)

寒い(その2)

 寒いのである。寒さに弱い。

 なので、布団を4枚がけにして寝たら、今度は、暖かいことは暖かいが、布団が重くて寝返りが思うように打てず、寝苦しかった。うまくいかんものよのぉ。朝も、暖かくなるまで出勤できない。なので、いつも出勤がぎりぎりになる。道路が混んでいるとたぶんもうアウト。危ない橋をわたってます。

 ストーブつけても部屋がなかなか暖まらないし、困ったもんだ。早く春にならないかなぁ?

| | コメント (1)

気がついたら105回目

 blogをはじめて、気がついたら105回目の記事の投稿となっていた。

 年末はちょっと正月の準備やパソコンの環境移行もあってあまり更新できなかったが、なんとかほぼ毎日ペースで更新ができた。自己満足の世界なので、まぁ、いいと思う。

 パソコンの話が多かったと思うが、それほどパソコンにも詳しくないので、よくわからず、適当にパーツを買って組み立てたところ27万円もしたのは、ちょっと、びっくりした。blogをやってなかったら金額の集計もやらなかっただろうから、収穫があったと思う。もう少し考えてお金を使うようにしよう。

 食べ物の話も多かったように思う。完璧に裏切られた感のある武蔵野腹いっぺぇうどんであるが、食べるまでに久しぶりに何だかワクワクしたなぁ。

 まぁ、一番むかついたのがエ○ブ○だが、おそらく、次も残念ながら更新せざるを得ない状況だから、もし、このblogが続いて入れば、そのときの更新の状況も報告できると思う。楽しみに待ってってねぇ~(ドラえもん風2回目)

 とりあえず、何だか105回という別に区切りでもなんでもないのだが、気がついたらそういうことだったということで、どうもでした。

| | コメント (4)

ゲーム

 PS2互換のPS3ってもう市場流通在庫しかないのである。

 やりたいゲームがないから今回はまだ購入していないが、今後買うPS3にPS2互換機能がないのは、買う気が失せる。でも、もう買えないとなると無性にほしくなるのが人情なのだが、今年に入ってお金を使いすぎているので、もっと我慢しないと、人間として失格してしまう。

 希望としては、もう1年待った時に、PS3の半導体のシュリンクが進んで、PS2互換機能を再び搭載したPS3が開発されることである。そうなれば、そのときに面白いゲームがあれば買ってもいいかな?ていうか、もうゲームをやる年でもないんだよな。昔は、ゲームができればこんなに幸せなことはないと思っていたけど、今では、ゲームをやっている時のドキドキ感とかワクワク感がまったく感じられず、面白みを感じなくなってしまった。他にやることがあるだろうっていう感じ。あら? なんだか大人になったのね。年をとったもんよのぉ。

 考えたら、還暦越えている(うそ)ので、そう考えるのは至極当然だった。

| | コメント (0)

ギター侍

 パソコン関係の話ばっかりをしていたので、今日は、お笑いのことについて語ろう。最近、まったく見ないギター侍についてアドバイスしてみよう。本人は見ていないと思うが。

 なぜ、1年でブームが過ぎてしまったのか? 君に忠告しておこう。君は、まだ若い。若いがゆえに自分の芸風に迷いがあり、なにか別のことを考えていたのではあるまいか? また、ちょっと売れたがゆえに少し勉強をサボってしまったのではないか? 君の芸風では、話題は常に新鮮でなければならない。ギターを持って、芸能人や政治家、著名人を切るためには、やはり勉強が必要だ。切る人をよく勉強しなければならないが、そういうことを怠ってしまったのではないか? 昔は、よく勉強しているなぁ、と、関心した。でも、その人のことをだけを勉強していてはだめだ、常に時事を勉強し、世間の動きを察知していなくてはならない。その上で、みんなが、そうそうとうなずき思えるような落ちを導きださなければなならない。たまには、意外性も必要だが、その意外性を出すには、よほどの訓練が必要だ。お笑いというものをなめてはいけない。お笑いっていうのは、本当は、練られたものなのである。突発的ネタの笑いに負けることは多々あるが、そういう笑いは常に転がっているものではない。

 楽器を持った芸人は君のほかにもたくさんいる。犬井だっけ?、なんとかのブルースっていうつまらんことをやっているやつを除けば、みんな大先輩だ。牧伸二のやんなっちゃった節、堺すすむのなんでか?フラメンコ等、大先輩の方々は同じパターンを何十年も続けているのである。それが、定着し、ひとつの芸となりやがて芸術となって最後には文化になるのである。君も今やっている芸風に疑問を持つのではなく、一生涯やり遂げるのだ。ネタの着眼点は悪くない。散々人を切っておいて最後は自分を落とすという落ちのつけ方は、逆に同情をさそうので、悪くはない。

 常にギターを抱え、着流し姿のスタイルは変えないほうがいい。たまにテレビに一瞬映る時があるが、普通の格好をしていては君のキャラクタが立たないことは、すでに気がついているであろう。だから、どんな場面であろうともギターと着流し姿と一心同体でいるのだ。何十年とやり続けることによって価値が生まれるのである。そのことを君は忘れているのではないか? もう一度考え直してくれたまえ。

| | コメント (0)

Windows Live OneCare

 この前、プリンタ買ったついでに、Norton Internet Security 2008も購入した。その購入したNorton Internet Security 2008の横にWindows Live OneCareというMicrosoft製のセキュリティソフトがあるのに気がついた。

 あほか? お前。これ、いったいどういうビジネスモデルなのかと聞きたい。いうなれば、バグ込みの不良ソフトを売っておいてバグを直すのにはこのソフトを買って直してねって言ってるようなものなんじゃないのか? その前にセキュリティホールのないOSをちゃんと作るのが筋でしょ。Windows Live OneCareを販売するなら、その工数を使って、OSをもっと堅牢にして、1ヶ月単位でなくて週単位か日単位でWindows Updateでパッチをあてるようにしろよって言いたい。しかも、Windows Live OneCareを売るためにわざとOSにセキュリティホールを設けるのではないか?とまで感ぐってしまう。そうだろ、Microsoftよ。お前らの作ったセキュリティソフトなんて絶対買わねぇ。信用できない。

 そもそもIEの最初の設計思想がおかしかったんだろうよ。初めてIEを使ったときに、勝手にwordとかexcelが立ち上がった時、えらくびっくりしたぞ。これ、wordやexcelじゃなくてHDDのフォーマットコマンドを起動するようにしたらすごいことになるなぁ、とすぐに気がついたのは俺だけではなかっただろう。

 Symantecやマカフィーにはぜひともがんばってもらいたい。俺は、絶対、Windows Live OneCareなんて買わねぇ。勘違いにもほどがある。

| | コメント (0)

金銭感覚

 新しいPCの構想(その10)で、この前組んだPCの金額が明らかになったわけであるが、だいぶ高すぎたかな?と反省はしている。

 金銭感覚がちょっと麻痺していたかもしれない。2TByteのHDD容量ってどうよ。それも、実質1TByteで使っているし。1TByteでいいなら、約24000円は、安くできる。CPUもE6750あたりにすれば、もう10000円くらい安くできる。どうせ内蔵VGAを使わないのであればP5K-VMでもよかった。これで、5000円は安くなる。ビデオカードも8800GTSをやめて、8600GTSくらいにしておけば、約25000円安くできた。HDDも2個でよいなら92mm角の冷却FANもいらない。約2600円安くできる。メモリも2GByteにすれば、5000円は安くできたかも。合計すると約71600円安くできた。

 それでも、20万円は超えるのか。マウスを前のやつを流用して、HDDが2個ならL字のSATAケーブルもいらんし、それで、2000円下がっても、まだ20万円超えてるなぁ。

 車のパーツに一生懸命お金をつぎ込む人がいるけど、今考えると、その人と同じ感覚になっていたのかもしれない。そういう人がよく身を持ち崩すっていうのを聞くので、そういうような人にならないようにもうちょっと自粛しよう。でも、4月になったらCore2 Quadの新しいやつ買っちゃお:P。

| | コメント (0)

プリンタ

 前のプリンタが壊れていたのをだましだまし使っていたが、とうとう、新しいプリンタを買いに行った。

 最近のインクジェットプリンタって、2万円以下のものもあるのね。しかも、スキャナ付きで。何の予備知識もなしで、まぁ、EPSONなら間違いないだろうということで、色も白くてかわいいPX-A740を買った。5760×1440dpiで、17,000円って、どうよ。安すぎでしょ。でも、価格.comで調べたらもっと安かった(15000円)。まぁ、それはおいといて。在庫切れだったので、待つことにした。今度の土曜日に来る。

 前に買ったのが、やっぱりEPSONのやつで、2年前に買って、2万円ちょいだったように覚えている。それよりもスキャナ付きで2万円を切っているので、まぁ、満足。インクも、今度は、カラーも独立インクになったので、かなり使い勝手がよさそう。まぁ、実際使ってみないとわからないけど。価格.com見たらあんまり評判よくないようだけど、使ってみたらレポートしよう。楽しみに待っててねぇ~(ドラえもん風)。

| | コメント (0)

speedstep

Cpuz2 Cpuz3 CPU-Zの画面。2つの画面を見比べると、動作周波数が異なる。軽負荷時が左側で、負荷時が右側。左側は2GHzで動作、右側は3GHzで動作。負荷が少ないときにはクロックが遅くなり、省電力になっているようだ。

 CPU-Zで初めて確認した時、2GHzで動いているので、ASUSにだまされたかと思った。BIOS設定で2GHz動作になっているのかと思って、BIOSを確認したら、3GHzの設定になっているので、なんだろうなぁと思って、ゲームを起動したら、3GHzで動作し始めた。そこで、このspeedstepっていう機能に気がついた。できれば、常に3GHzで動作してほしいところだけど、設定の仕方がわからないし、まぁ、性能的に困っていないので、このままにしておく。

 でも、実際CPUの内部で周波数を変えて動作する設計は難しいのではないかと思う。PLLのロックに時間がかかるだろうから、その間、クロックをHighかLowに維持しておいて、クロックを再起動させるのかな? 外部インターフェイスのクロックとの兼ね合いもあるので、クロックの乗せ代えとかに消費するクロックが余分にかかるから、性能的にはオーバーヘッドがもともと加わっていることになっているのではないだろうか? 今回は、2GHz動作と3GHz動作しか観測できなかったが、実際には、スタンバイとかになるとクロックは止まっているのか? よくわからんけど。

 まぁ、地球温暖化を考えれば、省電力機能は必要だが、実際は、スイッチング電源の効率は負荷が軽くなるほど悪くなるので、CPUが省電力しても、電源の効率悪化により相殺され、実際は省電力にはなっていないというのが落ちかも。消費電力を測定してないからわからないけど。今は、スイッチング電源も進歩して軽負荷時でもそこそこの効率は確保できているのかな?

| | コメント (2)

Raidの威力(その2)

 Raidを組んでよかったなと思って、Vista上でチェックディスクを「不良セクタをスキャンし、回復する」にチェックしてかけたら、Vistaが起動しなくなった。なんとか起動できるようにして、Intel(R) Matrix Storage Consoleで見たら、4個目のHDDが死んでいるようだった。

 死んでいるHDDをIntel(R) Matrix Storage Consoleで無理やり正常っていう指示にしたら、なんだか、再びリビルドしだした。大丈夫なのかなぁ? なんだか不安。やっぱり、4個目のHDDは交換したほうがいいのかな? それともRaidを組んでいるので、OS上のチェックディスクは、やらずに、Intel(R) Matrix Storage Consoleに任せていたほうがいいのかな? ここんところよくわかっていない(-o-;)

 OfficeのDSPと一緒にもうひとつHDDを買おうかなぁ? そうなると「皆の者、出陣じゃ~!」となるのだが。年末、行ったばかりだし、どうかな?

| | コメント (0)

新しいPCの構想(その10)

 この前組み立てたPCの部品購入は、基本的に大人買いだったので、合計でいくらかかったかの集計をしていなかった。大馬鹿な買い物になってしまっていて、集計が怖いので集計しなかったというのもある。でも、今後のために集計してみよう。もしかしたら、メーカー製PCまたはショップブランドのPCを購入していたほうが安かったという落ちになるかもしれない。その可能性は大いにある。否定できない。あぁ、恐ろしい。ちなみに消費税込み。

 CPU: Core2 Duo E6850 Intel ×1 : 31,859円

 マザーボード: P5E-VM HDMI ASUS ×1 : 21,806円

 メモリ: Castor LoDDR2-2G-800-R1 UMAX (相性保証付き) ×2 : 12,396円

 ビデオカード: EN8800GTS/HTDP/512M ASUS ×1 : 44,970円 

 HDD: HDP725050GLA360 日立GST ×2 : 24,444円

 追加HDD: HDP725050GLA360 日立GST ×2 : 23,688円(タイムサービス価格)

 電源: NeoPower 650 Blue Antec ×1 : 18,800円

 光学ドライブ: DVR-AN18GLV I-O DATA ×1 : 7,800円 

 ケース: MT-PRO880 SAFFRAAN FF(ホワイトパールマイカ) ソルダム ×1 : 18,270円(送料、代引き手数料込み)

 カードリーダ: FCU171YBWPML ソルダム ×1 : 3,675円

 ベイリーフ: BL02WPM ソルダム ×1 : 3,330円(送料込み)

 ケースFAN(HDD冷却用): SS92LADF ソルダム ×1 : 2,625円

 キーボード: TK-UP01MALBK エレコム ×1 : 2,406円

 マウス: SOM-30BK ロジクール ×1: 1,204円

 SATA L字型ケーブル: SAT-3005UBL AINEX ×1 : 846円

 OS(DSP版): Windows Vista Ultimate 32bit Microsoft ×1 : 24,056円 

 液晶ディスプレー(スピーカー込み): 1708FP HAS+AS501 DELL ×1 :32,149円

合計:274,324円 液晶ディスプレーなしで242,175円

がぁ~ん。ちょっと馬鹿な買い物だったかも知れない。ケース関係にちょっと力を入れすぎたかも。FANなんか92mm角だったらなんでもよかったのに、通販のついで購入してしまったし。でもベイリーフやカードリーダーは見栄えを整えるためには必須だよな。

 今度はQuad Coreにするし、I-O DATAの20倍速の新しい光学ドライブも発売になったし、購入タイミングがやっぱり重要だなぁ。まぁ、金額を考えると反省する面が非常に多いが、性能的には当分これで持つのではないか? なんといってもRaidだよ。わはは。あと、パフォーマンスのレポートもしないといけないかもな。

| | コメント (2)

Raidの威力

 DELLの液晶ディスプレイ代替機もきたので、新しいPCのHDDの状態がどうなっているか確認した。

 すごい。RaidってOSが立ち上がって、勝手にリカバリ(リビルド)してくれるのね。コマンド打って手動でやるもんだと思っていたので、勝手にやってくれたのは驚き。全部で約1TByte(実質は2TByte)あるので、リビルドに4~5時間かかったと思う。幸いにもHDDに不良セクタができたわけではなかったようなので、一安心。なにが、感動したかというと、リビルド中も普通に作業ができるところ。やるなぁ。Raidを組んでよかった。これからは、俺の組むPCはRaid必須にしよう。HDDなんてbit単価がえらく安いから、コストは思いのほか平気。HDD4個くらい、この信頼性に比べたら、えらく安いのではないかと思う。できれば、リビルドの時間がもうすこし短縮できればいいとおもう。Raid10でもこの時間だから、Raid5ならもっと時間がかかっていたのかな?

 VAIOでHDDが壊れかけたり、壊れたりしたことを教訓にRaidを組んだのは、大正解と言わざるを得ない。VAIOのときはOS(WindowsXP)からインストールしなおしで、なおかつSP2をWindows updateでパッチあてをしないといけなかったし、リカバリにえらく時間がかかった。その間PCが使えないし、最悪データ消失なんてことも、しょっちゅうだったので、今回は非常に助かった。やっぱ、アプリの再インストールが不要およびデータが消えないっていうのがいいね。

| | コメント (0)

寒い

 今年の冬は、去年の冬に比べて寒いような気がする。

 寒くて夜中に目が覚めるくらい寒い。今までそういうことは、なかった。顔が寒いってどうよ。しかも、布団は2枚掛けにしていたのを3枚掛けにしても、今まで以上に寒い。よくよく考えてみると、下の部屋が空部屋になっているのが関係しているのかもしれない。下の部屋が生活していれば、それなりに下から温められるが、それがないから、今まで以上に寒いのではないだろうか? なんとなく、納得。

 そうだったのか。でも、悪名高いエ○ブ○だから、下の部屋に住人が住みつくことは、ないかも知れない。しかし、この寒さから逃れたいので、できれば誰か住んでほしい。頼む。

| | コメント (0)

OfficeのDSP版

 OSに続いてMicrosoft OfficeもDSP版が出たらしい。

 欲しいなぁ。wordとexcelとout lookにおまけでpower pointがついて3万円らしい。HDDが壊れてたら、HDDと一緒に購入するかな? Office 2000は、持ってるけど2007だとだいぶん機能アップしているんだろうな。使い切れないけど。でも、out lookはいらないなぁ。out lookってなによ。スケジュール管理? スケジュールなら携帯でやってるし、out lookはいらないからもう少し安くしてほしい。できたら、1個1個選択制にしてほしい。accessもいらない。データベース組まないし。住所録を前に作ったことあるけど、accessで管理するほどのものでもないしなぁ。

 wordとexcelとpower pointのセットにしてほしいものだ。最悪power pointはなくてもよい。家で仕事やる気ないから。たのむぜ、microsoftよ。wordとexcelとpower pointのセットか、wordとexcelだけでもう少し安くしてくれ。

| | コメント (0)

新しいPC壊れた

 連休中に液晶ディスプレーがこわれた。前にDELLの20インチを買ったとき、思いのよりよかったので、今回も17インチのDELLの液晶ディスプレーにしたのだが、前日まで使えていたのに、急に電源が入らなくなった。電源ボタンを押しても緑やオレンジ色に点灯しない。さっそく、DELLのサポートセンターに連絡したら、在庫があるので連休明けに代替機を送ってくれるとのこと。

 まぁ、液晶ディスプレーは、代替機を送ってもらえるからいいけど、HDDのほうが心配になってきた。調査のために液晶ディスプレーの電源と思って、電源コードを抜いたらPC本体の電源コードでHDDアクセス時に抜いてしまったので、HDDが壊れなかったかそっちのほうが、大いに不安。膨大なデータの移行も完了したばっかりなので、HDDが破損していないか早く確認したい。VAIOが古すぎてUSB1.1しかサポートしていないので、USB経由でデータを移行したが、これが、4~5時間かかる。Raidを組んでいるのでリビルドすればいいのだけど、画面が見えてない中で数回HDDアクセス時に電源をOFFしてしまったので、なんだかリビルドもできないくらいに複数のHDDを壊したかもしれない。これでは、せっかくのRaidの意味がないっ! 画面が見えないというのは、かなり致命傷だ。HDDの交換や、また、データー移行で同じことをやらければならないと思うと、うんざりだ。

| | コメント (0)

新しいPCの構想(その9)

 今のメインAMDマシンをインテルマシンに変身させる計画について語ろう。今度は、あまりお金をかけられないので、実質はたいした変身はできない。

 今回は、ケースについて語ろう。現状のケースが大きいので、もうすこし小さいものに変えたい。が、気に入ったケースがない。なんだか、みんなぶさいく。もっと、高級感あるようなケースはないものか? たぶんケースの変更までは予算の都合でできないが、できたらAbeeのケースに変えたいかなぁ。決して高級感があるわけではないが、ATXのボードが積めてMicroATX相当の大きさケースってAbeeぐらいしかない。AS Enclosure S1Rの黒が候補だが、リベットがぶさいくなんだよね。なぜ、リベットを打ちたがるかなぁ、アルミケース会社の設計者達は。ソルダムだって、そうだし。リベットを打つことによってかなり高級感が損なわれる。センスなさすぎ。リベットがないやつは、やはりAbeeでAS Enclosure D1があるが、これ、HDDに風が当たらない構造ではないのか? オプションフォルダで2個HDDを増設することにより、合計4個のHDDは搭載可能そうだが、このケースはMicroATXのマザーボード専用のケースだし、オプションフォルダで増設するHDDは、CPUファンとの干渉を計算しないといけないし、この部分は風が積極的に当たらない。小さいのはいいが、MicroATXだとマザーボードの選択肢が限られるしなぁ。ケースはたぶん変更できないが、こういう風に考えて、あれこれ悩むのが、結構楽しいかも。

 CPUは、Core2 Duo E6850に決まっているので、マザーボードをどうするかだが、これは、またの機会に譲ろう。今日は、ここまで。

| | コメント (0)

PCの環境移行

 昔のPCとしてノーマルPen4(HTなしね)、1.8GHzのVAIOを使っていたが、これ、HDDがIDEなので、ディスクアクセスが絡むとのろい。特に起動時のレジストリを読みにいくところでは、ディスアクセスのLEDがなければ、ストールしているのではないかと、思うぐらい遅い。何をそんなにディスクアクセスしているのか疑いたくなる。しかも、熱放熱設計がなってないので、HDDが数回、死にそうになり、半年前に一回死んだ。分解してみたらHDDに風が当たらない設計になっている。しょせん家電メーカーのPCということか? こういうところで、ソニータイマーを発動させようとしているのかもしれない。ソニーの設計者もない知恵を絞ってご苦労なことだ。だが、これを言いたいわけではない。

 HDDが死にそうになったら、まだ起動できるうちにほかのPCに無理やり接続してデータを吸い上げて、他の可搬用外付けHDDにバックアップして、とかいうのをやるのが、だんだんめんどくさくなってきた。そういうのがいやなので、今回のPCではRaidを組んだのである。VAIOと比べるのは比較にならないので不適切だと思うし、まだアプリのインストールも少ないせいかもしれないが、ストライピングの効果もあり、かなりディスクアクセスが短縮され、軽快な起動である。

 しっかし、環境の移行を簡単にできるツールというものはないのか? いちいちOSが変わったら、アプリのインストールも最初からやり直しって、ちょっと、いまどき正しい方法とは思えないな。マイクロソフトには、この環境移行が容易にできるように、OSに工夫を加えてほしいものだ。いちいちめんどくせぇ。

| | コメント (0)

相撲

 相撲っていうのは、国技なのである。したがって神聖なものであると俺は思っている。

 もうほとぼりが冷めたと思うので書くが、リンチと思われる行為による集団暴行致死事件があったが、なぜ部屋の取り壊しにならなかったのか不思議だ。

 名門の部屋だからつぶさないというのは、日本相撲協会の考えはおかしいのではないかと思う。名門だからこそ、その影響力を考えて、不祥事を起こしたら、社会的制裁を大きく受ける義務を有するはずだ。その部屋自身も他の部屋への模範として部屋を自主的に解体するべきだったと思う。死んだ力士が浮かばれないのではないか? 部屋の親方も死んだ力士のことよりも部屋のことばかりを考えているような気がしてならない。

 殺人者と言っては現時点では言いすぎだと思うが、殺人者が出たような部屋はいわば犯罪者の部屋なのである。土俵上で、戦って何らかの事故で死に至ったのであれば、それはそれで名勝負となり、死者がでる事は好ましくはないが、それなりに許せる範囲ではあると思うが、稽古以外のところでの暴行で死者を出してしまったということは、神聖な国技が汚されたのと同義である。部屋を取り壊さないかぎり、日本相撲協会の責任は果たせていないと思う。

 もうすこし国技としての神聖さと、死んだ力士のことに気を配ってもいいのではないか。

| | コメント (0)

武蔵野腹いっぺぇうどん(その4)

 2回目行って来ました。武蔵野腹いっぺぇうどん。

 大島敏よ、お前にはがっかりだ。店に客が入ったにもかかわらず、従業員が無言とはどういうことだ? 普通は、「いらっしゃいませっ。」と、言うだろう。俺は、がってん寿司のように元気な声でそれを言われることを期待していた。でも、実際は無言だった。客に対して失礼だと思わないのか? 来てほしくないと言わんばかりだ。がっかりだ。大島屋の名が泣くぞ。

 従業員教育をちゃんとしておけ。こういうことだから、普通なら書き入れ時の午後8時でも客が俺を含めて3組しかいないのではないか? 店自体の存続が危ぶまれるぞ。

 しかも、まだ紙ナプキンの代わりにティッシュを置いているし。前にも言っただろう、ティッシュだとそこらの小さいラーメン屋と変わらないと。武蔵野腹いっぺぇうどんをブランドとして店を発展させたいのであれば、武蔵野腹いっぺぇうどんと印刷した紙ナプキンを置け。そういうところから、ブランドは形成されるのである。

 とにかく、がってん寿司でお前に期待していた俺が馬鹿だということに気がついた。お前の求めているお客様を喜ばせることは、一瞬にして微塵にも砕けるということを忘れるな。

| | コメント (0)

新しいPCの構想(その8)

 45nmのインテルのCPUが発売になるので、この前作ったPCのバージョンアップを考えなければなるまい。

 次は、Quad Coreにしよう。だいたい3~4万円くらいのやつ。Q9300かQ9450あたり。キャッシュが多いQ9450がいいかな? そうするとこの前買ったE6850が余るので、今メインに使っているAMDマシンをインテルマシンに作り変えよう。マザーボードは何がいいかな? やっぱASUSかな。ケースがATXだからSLIでも組むかな? そしたら、nVIDIAのチップか。いや、SLIはお金がかかるからやめておこう。今のビデオカードでがまん。

 CPU:Core2 Duo E6850 Intel あまりもの

 マザーボード:P5K-E ASUS 約2万円だからこれくらいでいいかな?

 メモリ:DDR2 2GByte × 2 安いからいいでしょ。

 他は、いまあるものの流用。

 電源:NeoPower 450 Antec SLIしないしHDDもそんなに積まないから450Wで十分。

 ビデオカード:RADEON X800 ASUS 5年くらい前のビデオカードかな?

 光ディスクドライブ:なんかよく覚えてないがI-O DATA DVD-RAM以外読めるやつ。

 HDD:SATA 250G Maxtor × 2

 ケース:Centurion 5 Silver CoolerMaster

 OS:WindowsXP SP2 Microsoft

 乗せ変えるためのCPUを除いて、実質、メモリとマザーボードを買えばいいのか?3万円あれば足りるかな? 早く45nmのQuad Coreが発売にならないかなぁ。

| | コメント (2)

寿司職人

 昨日、NHKのプロフェッショナル・仕事の流儀っていう番組を見て感動した。

 ミシュランの3つ星を取っているにもかかわらず、謙虚。何事対しても謙虚だった。自分の仕事に対しても謙虚だし、お客様対しても、自分のライバルに対しても謙虚であった。これ、普通の人にはできないことではないだろうか? 俺なんかすぐ天狗になる性分なので、爪の垢を煎じて飲まなければならない。だが、寿司職人なので、爪の垢は微塵もない。残念。

 現状で満足できずに上へ上へ上がろうとしている。それも、出世とかそういうのではなく、職人としての技の向上というか、修行というか、いわば自分との戦いなんだと思う。すごく偉いと思う。「自分が不器用で、それであきらめちゃったらだめだけど、不器用だから他の人よりもたくさん考えることが、いいんじゃないだろうか?」と、言ったときには、目からコンタクトレンズが落ちた(ますます見えなくなった)。俺なんか、すぐ、「どうせ俺はだめな人間だぁっ」と、言ってあきらめてしまう。考えることを放棄してしまう。だから、だめなのはわかっているが、乗り越えられない壁があって、その寿司職人はそういう壁も乗り越えられる強靭な心を持っているのだと思う。

 こういう人のところで修行してみると、今まで、ぜんぜん苦労してきてない自分が大きく変わるのではないかと思った。

| | コメント (0)

骨折した(その4)

 ようやく、ギプスがつけはずし可能となった。明日は、完全にギプスが取り外せる予定。

 長かった。だいぶん、よくなった。よく、ギプスつけたままで秋葉原を歩き回ったと思う。ギプスをはずしてお風呂に入ったら、すごく気持ちいい。汚い話だが、垢が足にくっついていて、お湯で洗うと取れる取れる。この取れ方がまた気持ちいい。垢が層のようになっていたようだ。

 家では、とりあえずギプスをはずしているが、また、足をぶつけるのが怖く、慎重に歩くようになった。かえって、緊張してまい、家でくつろげないのも事実である。まぁ、完治していないのだからそれくらい注意しておけば問題ないと思う。でも、忘れたころにまたやってしまうかもしれない。

| | コメント (0)

むかつくやつ(その2)

 マクドナルドの宮迫もどきであるが、なぜむかつくのかを考えてみた。

 「これが、くせになるねん。」と言っているが、これ本当の大阪弁やったら、「これが、くせになんねん。」とちゃうんかなぁと思う。「なるねん」と「なんねん」の差であるが、この「なるねん」に違和感を感じて、むかっ!と来るのかもしれない。かといって、今の大阪弁はよくわからない。昔は、「ない」という意味の東京弁(?)の「ねぇ」というのは、まったく使わなかったが、最近は、使っているかもしれない。現在、関西に在住していないのでよくわからない。

 所謂、似非関西人というやつだと思う。本当は関西生まれでなく、かつ自分に個性がないため、関西弁をしゃべることによりそれを個性にしようとしているもっとも大阪人が嫌うパターンなのではないか。

 他に代表的なやつとして、金田正一。こいつはかなりむかつく。お前がなんで大阪弁をしゃべっているのか意味がわからん。ぼけっ。大阪弁をなめとるとしか言いようがない。

 ちょっと、冷静さをなくしてしまったが、むかつくやつは結構いるのである。 

| | コメント (0)

Vistaって

 なんだか、文字がぼやけているように感じるのだけど。

 ディスプレーは、最適画素数にしているので、解像度変換によるぼやけとは異なる。テキストエディタとかの入力文字はくっきりしている。だが、メニューバーのところはぼけているのである。Vistaってメニューバーの文字はぼけるものなのかなぁ。

 それに、Aeroっていうのかな? なんか、半透明に透き通るやつ。これ、意味あるのかなぁ?別に一部分半透明になっても意味ないような気がする。へんなところにCPUパワーとりすぎ。でも、フリップ3Dっていうやつは、いい。ウインドウをたくさん開いたときにどこにあるかが視覚でわかってよい。

 ちょっと操作方法がXpのときよりも変わっているけど、いずれは慣れてしまうのであろう。心配ないかな。

| | コメント (0)

新しいPCの構想(その7)

 結局、正月三が日は、PCばっかりいじっていた。

 Raidも組めたし、目的が達成されると、すこしがっかり。いつも感じることだが、完成してしまうとこんなもんかなぁ?で、終わってしまう。Core2 DuoよりCore2 Quadのほうがよかったかなぁとも思う。実際、Vistaのエクスペリエンスなんとかとかいうやつは、E6850だと5.6だけどQ6600だと5.9になるらしい。もっと調べておけばよかった。と、毎回思ってしまい、進歩がない。やっぱり、できるあがる寸前がいろいろと楽しいのかなぁと思う。追加の2個のHDDを秋葉原まで車で買いに行くときも、高速は渋滞していたが、あまりその渋滞にもイライラしなかったのも不思議である。

 まぁ、反省すべきところはあるが、とりあえず、今回のPCが今までの最高の出来なので、よしとしよう。

 次回もどういうPCにするのかまた楽しみである。CPUは、マルチコアになっているだろうな。8コアとかなってるかもしれない。光ディスクドライブは、ブルーレイディスクが普通になっているのかな? メモリはDDR3か? XD-RAMだったりして。OSはどうなっているのかな?

| | コメント (0)

新しいPCの構想(その6)

 やっぱりRaidを捨てきれず、2日に秋葉原までHDDを2個買いに行ってしまった。これで、Raid10が組める(ちなみに調べたらRaid5は3個いることがわかった)。最強だな。バックアップをとる必要もないし、OSクラッシュしても復旧可能だから、アプリの再インストールの悪夢から開放される。

 秋葉原は、正月なのですいているのかなぁと思っていたら、ぜんぜんすいてなかった。この前と変わらない賑わい。駐車場もどこも満車だし。だれも都心には行かないよなぁと思って、高速を使ったら最悪の混み具合。でも、たまたまHDD購入時に、その店がタイムサービスを実施しだし、6%引きとなって、ちょっと得した。ラッキー。わはは。

 HDDを購入し帰宅して、Raid化しようとおもってマニュアル見たら、フロッピーがいるらしい。ねぇ~よ。そんなもん。いまどきフロッピーなんて使っているやつなんかいるのか? なんかふざけている。FDDはとりあえずつけることは可能だが、肝心の媒体がない。媒体だけでも買っとけばよかった。って、フロッピーっていまどき売ってるのか? と、マニュアルをよく読んでない俺が悪いのだが、フロッピーなしで無理やり強行。Vistaの中にすでにRaid用のドライバが仕込まれていたようで、あっさり、Raid10が構築できました。拍子抜け。パテーションもちゃんと切れたし。

 Raidを組む前に、普通にVistaをインストールしたら、日立のHDDがVistaの起動用としてはNGかもしれないとかいう意味のメッセージが出たので、これでパテーションが切れなかったようだ。しかたないから、1HDDを1ドライブとしてVistaをインストールしてから、Vista上で残りの3個のHDDをフォーマットすると、NGのメッセージが消えた。不思議。結果オーライなので、今回は特に追求しない。フォーマット前と後で何かが変わったのであろう。

 Raidも組めたし、よかったよかった。 

| | コメント (0)

むかつくやつ

 正月ねたではない。

 マクドナルドのコマーシャルで、雨上がり決死隊の宮迫に似てるやつが出ているが、あいつは何者? なんかむかつく。前から思っていたけど、大して見た目かっこよくもないのに、コマーシャルに出てくるな、うっとしい。なにが「これが、くせになるねん。」じゃ。ぼけっ。

 ミュージシャンなのか? マクドナルドのサイトを見ても出てこないし、むかつく。せめて何者かを知って安心したい。なにかのタレントだとしたらまったくオーラが感じられないところが悲しいぞ。もう、テレビには出てくるな、ぼけっ。

| | コメント (0)

新しいPCの構想(その5)

 新しいPCにしてからの調子だが、Vistaがよくないのか、速さの実感がない。今までは、Pen4の1.8GHzだったので、大幅に性能アップしているのに、どういう訳だ?

 グラフィックのベンチマークテストで3DMark06というのを定格でやってみた。スコアが11933だった。結構早いほう。ビデオカードの性能がよかった。まだ3Dゲームをやっていないが、そのときに速さを実感しよう。単にNetやメールだけなら大いに宝の持ち腐れだな。

 EN8800GTS/HDTP/512Mは長さがすこし長いのでSATAのコネクタに干渉して、6個あるコネクタのうち2個が死んでしまうのが残念。実質HDDは4個しか積めないということか。干渉する箇所にはL字のSATAケーブルを使っているが、逆側にL字になっているものがあれば、もうひとつ生きるのに、ちょっと残念。そういうケーブルは探せばあるのかな?

 Raidをちょっとあきらめきれていないので、プログラムのインストールが進まない。どうしようかなぁ? パテーションの切り方もわからないし。もうちょっと考えよう。こういうときが一番楽しい気がする。

| | コメント (0)

あけましておめでとう

 今年もよろしくお願いします。と、言いつつ、正月早々、言うべきことではないが、いきなりメイド喫茶について、ひとつ論じてみよう。

 昨年12月29日にPCの部品を購入するため秋葉原に行った。そのときの連れたちが、メイド喫茶の達人なので、連れて行ってもらった。って言う前に、秋葉原駅前ですでにメイドさんの格好をした人たちが3、4人立っていて、おぉ、これがメイド喫茶の人たちかと、ちょっぴり感動。中には、ちょっとだめでしょっていう人もいたが、それはご愛嬌。

 今回訪問した(って次も行くんかいっ?)メイド喫茶は、Cafe Doll Tokyoっていうところ。他の2人も初めてのところ(実を言うと他の2人が行くいつものところは満席で予約が必要となったので、パスした)。

 メイド喫茶の王道というものがどういうものかよくわからないので、なんともいえないが、普通の喫茶店よりも、客の扱いが丁寧っていうところがあげられる。ガムシロップを入れて攪拌してくれるのは、ちょっと驚き。清算のときも普通は客がレジのところまで行くが、逆でメイドさんが席まで来て清算してくれる。こういうところは普通の喫茶店も見習ってほしい。あくまでも客はご主人様なのだ。こういうところが癒されると感じるのかも知れない。ストレスが多い現代社会に対して、癒し自体が商品化されているということか?

 一方、メイドさんはメイドさんでアイドル扱いされるから、メイドさん側の欲求も満たされているのではないかと思う。それなりにかわいい人が多いし。なので、利害関係が一致していると思う。経営者としては、従業員満足度を上げつつ、顧客満足度も上げるという一石二鳥で喜んでいるのではないかと思う。最初に考案した人は偉いと思う。

 飲み物の値段は、俺自身の一方的な勘違いで、コーヒー一杯、5000円とか1万円とかすると思っていたが、大きな間違い。普通の喫茶店とあまり変わらない。50円とか100円とか高め程度? ねらい目の客層が学生とか若いサラリーマンなのでそんなに高くできないのかもしれない。メイド喫茶を一昔前のノーパン喫茶とかいうのと勘違いしていたようだ。赤面の至りである。

 メイド喫茶ってかなり誤解していたと思う。客としては、オタクの変なやつばかりと思っていたがまったくそうでもなく、見た目普通の人が多いし、言動がおかしいやつもいなかった。中には、俺より年上の客もいた。やっぱちょっとおかしそうな人もいたけど、それはそれでいいかとも思う。客がメイドさんとポラロイド写真を撮って客もメイドさんも大いに楽しんでいて、まったく、和やかな雰囲気で、それを見て、他の客も癒されるということなのかもしれない。

 現代社会のストレスの多さを解消する癒しの商品化としては、成功しているのではないかと思う。

| | コメント (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »