« 相撲 | トップページ | 新しいPCの構想(その9) »

PCの環境移行

 昔のPCとしてノーマルPen4(HTなしね)、1.8GHzのVAIOを使っていたが、これ、HDDがIDEなので、ディスクアクセスが絡むとのろい。特に起動時のレジストリを読みにいくところでは、ディスアクセスのLEDがなければ、ストールしているのではないかと、思うぐらい遅い。何をそんなにディスクアクセスしているのか疑いたくなる。しかも、熱放熱設計がなってないので、HDDが数回、死にそうになり、半年前に一回死んだ。分解してみたらHDDに風が当たらない設計になっている。しょせん家電メーカーのPCということか? こういうところで、ソニータイマーを発動させようとしているのかもしれない。ソニーの設計者もない知恵を絞ってご苦労なことだ。だが、これを言いたいわけではない。

 HDDが死にそうになったら、まだ起動できるうちにほかのPCに無理やり接続してデータを吸い上げて、他の可搬用外付けHDDにバックアップして、とかいうのをやるのが、だんだんめんどくさくなってきた。そういうのがいやなので、今回のPCではRaidを組んだのである。VAIOと比べるのは比較にならないので不適切だと思うし、まだアプリのインストールも少ないせいかもしれないが、ストライピングの効果もあり、かなりディスクアクセスが短縮され、軽快な起動である。

 しっかし、環境の移行を簡単にできるツールというものはないのか? いちいちOSが変わったら、アプリのインストールも最初からやり直しって、ちょっと、いまどき正しい方法とは思えないな。マイクロソフトには、この環境移行が容易にできるように、OSに工夫を加えてほしいものだ。いちいちめんどくせぇ。

|

« 相撲 | トップページ | 新しいPCの構想(その9) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相撲 | トップページ | 新しいPCの構想(その9) »