« Raidの威力(その2) | トップページ | プリンタ »

speedstep

Cpuz2 Cpuz3 CPU-Zの画面。2つの画面を見比べると、動作周波数が異なる。軽負荷時が左側で、負荷時が右側。左側は2GHzで動作、右側は3GHzで動作。負荷が少ないときにはクロックが遅くなり、省電力になっているようだ。

 CPU-Zで初めて確認した時、2GHzで動いているので、ASUSにだまされたかと思った。BIOS設定で2GHz動作になっているのかと思って、BIOSを確認したら、3GHzの設定になっているので、なんだろうなぁと思って、ゲームを起動したら、3GHzで動作し始めた。そこで、このspeedstepっていう機能に気がついた。できれば、常に3GHzで動作してほしいところだけど、設定の仕方がわからないし、まぁ、性能的に困っていないので、このままにしておく。

 でも、実際CPUの内部で周波数を変えて動作する設計は難しいのではないかと思う。PLLのロックに時間がかかるだろうから、その間、クロックをHighかLowに維持しておいて、クロックを再起動させるのかな? 外部インターフェイスのクロックとの兼ね合いもあるので、クロックの乗せ代えとかに消費するクロックが余分にかかるから、性能的にはオーバーヘッドがもともと加わっていることになっているのではないだろうか? 今回は、2GHz動作と3GHz動作しか観測できなかったが、実際には、スタンバイとかになるとクロックは止まっているのか? よくわからんけど。

 まぁ、地球温暖化を考えれば、省電力機能は必要だが、実際は、スイッチング電源の効率は負荷が軽くなるほど悪くなるので、CPUが省電力しても、電源の効率悪化により相殺され、実際は省電力にはなっていないというのが落ちかも。消費電力を測定してないからわからないけど。今は、スイッチング電源も進歩して軽負荷時でもそこそこの効率は確保できているのかな?

|

« Raidの威力(その2) | トップページ | プリンタ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うひょひょひょひょ。
こんばんわ。

何やら難しいことやってますねぇ。
アタイはCLOCKよりROCKが好きでんな。
うひょひょひょひょ。 ← 普段なかなか使えないので
使いたい放題 (^^;

ほな、また明日です。。。おやすみなしゃい。

投稿: ひろ丸 | 2008年1月21日 (月) 23時14分

ようやく参られたか、ひろ丸殿よ。
今後も辛口のコメントをお願いするぞよ。
うひょひょのひょっ。

投稿: しおしお | 2008年1月21日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Raidの威力(その2) | トップページ | プリンタ »