« 焦った(その2) | トップページ | 焦った(その4) »

焦った(その3)

 いよいよ大詰めですな。心配してくれた諸兄殿に感謝致す。

 個人情報の紛失で、個人の携帯だけど会社関係の電話番号も少し入れているので、この場合は、やっぱり会社にセキュリティ事故として報告しなければならないのか? とか、思いをめぐらしつつ、半ば、失くしたものはもう仕方がないと開き直りつつも、吹っ切れずに憂鬱になっていた。

 まぁ、落ち着かないが、電話の電波も止めたので金銭的被害は、これ以上は拡大しないだろうから、うつうつと考えても仕方がないので、ここは、ひとつ昼寝しようと、寝つきが悪いままも昼寝をした。

 「ぴぴぴぴぴぴぴぴっ」どこからか、聞き覚えのある電子音。うおぉおぉぉぉぉおおおおおおおぉぉぉぉぉっ! 俺の携帯が部屋の中にあるっ! どこだあっ? 音が鳴っている場所はどこだぁ? 探っていっていたら、乗馬シミュレータと床との間の細い隙間に携帯が落ちていた。何らかの拍子で偶然普段置かない場所に携帯がもぐりこんだ状態になっていたようだ。

 わははははははっ! 今までの憂鬱な気分が一気に吹き飛んで気分爽快! よかったぁ。結局、家の中にあったので、悪用もされず、個人情報も抜き取られることもなかったのだ。一安心。

 しかし、なぜ、非通知で電話をかけたときに話中になっていたのかだろうか? 電話の電波を再開してもらい、非通知で電話をかけるとやはり話中になった。他の電話だと、アナウンスが流れたので、おそらく機種による違いということで納得した。

 それにしても、最初に固定電話から携帯に電話するときに、非通知になっていることを認識していて、186をまわしてから、携帯に電話すればなんら問題なかったのに。でも、見つかってよかったなぁ。

 これからは、ストラップのクリップを必ずしておくようにしようっと。 

|

« 焦った(その2) | トップページ | 焦った(その4) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

焦った」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焦った(その2) | トップページ | 焦った(その4) »