« 武蔵野腹いっぺぇうどん(その5) | トップページ | OfficeのDSP版(その2) »

新しいPCの構想(その11)

 年末に組み上げたPCの性能がいかほどかをちょっと調べてみた。

Experience 左が、Windows エクスペリエンス インデックスの画像。以前計った時は、5.6だったけど、BIOSをいじったら、5.7にちょっとアップした。なにをいじったかは忘れた。CPU関連の項目で何かがディセーブルだったのをAutoにしただけだったと思う。ちょっとOCされてるみたい。4月にこれを5.9に上げたいと思う。Q9450買って、ちびっとだけOCかな? まぁ、OCは検討項目ということで。

Crystal_c2d_3 これが、CrystalMark2004R2っていうベンチマークのレザルトダイアログの表。HDDの値が低い。ストライピングやってるのに。RAID0+1って、実は遅いの? Videoが、NVIDIA Unknownになっているのは、G92コアの8800GTSの選択項目がなかったからだと思う。8800GT(G92)っていうのはあった。Mother、MemoryとRAIDは手入力した。CPUがちょっとOCされているのがわかる。自分ではOCしたつもりないけど。

 今のメインマシンのAMDマシンでもCrystalMark2004R2をかけて、どれくらいの差があるか見ようとしたら、CrystalMark2004R2が動かなかったので、差がわからん。WMIっていうやつの初期化状態でCrystalMark2004R2が止まっているようだ。動かん理由がよくわからんので放置。

 もしかして、VAIOとは差があるけど、AMDマシンとは差がないのかもわからんなぁ。そうだと、ちょっと悲しい。

|

« 武蔵野腹いっぺぇうどん(その5) | トップページ | OfficeのDSP版(その2) »

新しいPCの構想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵野腹いっぺぇうどん(その5) | トップページ | OfficeのDSP版(その2) »