« はなわ | トップページ | CPUが表示されない(その2) »

新しいPCの構想(その12)

 なんとか、AMDのメインマシンでCrystalMark2004R2を動かして、比較することができた。

Crystal_c2d_3Crystal_athlon_3 左が、年末に組んだ新しいPCの数値。右が、メインマシンのAthlon 64 マシンの数値。Markって言う値が、2.2倍も差がある。総じてだいたい2倍の差かな? ビデオのGDIは、X800のほうが早いけど、それ以外は、メインマシンの負けだな。よかった。大金払って組み立てた挙句5年前のPCと性能が同じなら、ちょっと泣きそうになる。

 でも、5年で性能2倍の性能アップか? 早いと見るのか、遅いと見るのか、微妙。

 HDDは、Maxtorの250GBのやつはSATAの1.5GHzで、 日立GSTの500GBはSATAの3GHzなので、速さが倍違う分ほぼ倍の性能差がついているので、一安心。Raid0だけなら4倍の性能差がついてたのかな? HDDが遅いと思ったけど、人並みの速さでよかった。

 メモリの転送レートもほぼ2倍の差。もともとの駆動周波数が違うから、メインマシンのDRAMは、DDRの400MHz(200MHz)だし、新しいPCのほうはDDR2の800MHz(400MHz)だから、ほぼ2倍の差が出て正しい。細かいこと言うと、DDR2は、コマンド発行時にもデータのリードができるので、その分少し早くなるはずなので、その分の差が、新しいPCのほうが早くなっているのかも?(実際は、そんなに差はでないはずだけど)

 とにかく、年末に組んだPCのほうが性能が上ということが認識できてよかった。

|

« はなわ | トップページ | CPUが表示されない(その2) »

新しいPCの構想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ちょっと訂正。
 マザーボードの発売日を念のため確認したら、なんと2004年12月だった。なので、約3年前のパソコンということになる。ということは、3年で性能が2倍になったということだ。本当はCPUメーカーが違うので単純には比較できないのだけど。

投稿: しおしお | 2008年2月10日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はなわ | トップページ | CPUが表示されない(その2) »