« 夕食 | トップページ | 教育勅語 »

漢字

 漢字の情報量ってすごいと思う。アルファベットに比べて、画数が多いのが難点だが。でも、小説とか全部ひらがなで書かれていたら、読む気がしない。

 日本語は同音異義語が多いので、ひらがなばかりで小説を書かれると、どういう意味なのかを推定するだけで頭が疲れてしまい、小説を読みきれなくなると思う。

 ちょっとしたぶんでも、こういうふうにひらがなだけでかかれたら、よむきにならなくなるのではないだろうか? シカモカタカナダケデ、カカレルトサラニ、ヨムキガ、ウセルノデハナイダロウカ? むかしはかたかなでかいていたりしたので、なれかもしれないが、どうおんいぎごが、おおいにほんごでは、やはりせいかくないみがつたわらないとおもう。

 日本も昔は漢字を捨てようとしていたことがあったようだが、捨てなくてよかったと思う。捨てていたら、かなりの確率で文化の発展が遅れていたと思う。漢字はすばらしいと思う。

|

« 夕食 | トップページ | 教育勅語 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕食 | トップページ | 教育勅語 »