« 吉法師殿のPC(その2) | トップページ | 日本人は忘れやすい »

漫才

 俺は、基本的には、しゃべくり漫才が好き。コントとかはあまり好きではない。

 漫才は、落語に通じるような芸術としての伝統芸的な魅力があると思う。二人の息のあった掛け合いが面白いし、漫才コンビのその個々が持つ間合いが、それそれ微妙だったりして、非常に興味深い。

 大阪出身の俺としてはやっぱり関西の漫才が好きだ。やすきよは別格として、阪神巨人がお気に入り。2人とも芸達者だし、なんとなくライバル同士が切磋琢磨しているような感じで、好感がもてる。ネタも面白い。

 コメディーNo1は、ちょっとだめかな。坂田はピンの時は嫌いではないが、前田五郎と一緒に漫才をやっているときは、嫌い。ほとんど面白くない。芸風もこの数十年まったく変わってないところが、坂田の進歩のないところで、結局、それだけの芸人だったいうことかな。60過ぎてて、若い時の芸風をそのままやっているというのは、無理があるでしょ。まぁ、いいけど。

 でも、最近は漫才もほとんど見なくなったなぁ。お正月のバラエティ番組の時ぐらいかなぁ、見るのは。もっと、コント抜きの漫才番組をやってほしいと思う。

|

« 吉法師殿のPC(その2) | トップページ | 日本人は忘れやすい »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉法師殿のPC(その2) | トップページ | 日本人は忘れやすい »