« 俺ははげている(その2) | トップページ | もの忘れ »

ごみ屋敷

 俺の部屋は、ごみ屋敷である。

 収集がつかないくらい、ごみの山のなかで暮らしているのだ。ペットボトルがすごい。はっきり言って、1年間は捨てていない。捨て方が途中で変わったのでなおさら捨てられなくなって、指数関数的に増大している。やばい。

 雑誌もすごいぞ。紐で縛るのがめんどくさいので、縛らなかったら、すごいことになった。以前住んでいたところでは、これに加えて新聞紙があったのだが、今回は新聞を取ってないのでましだ(ちょっと成長)。

 だいたい、可燃の日とか不燃の日とかあるから、捨てられなくなるのである。いつでも捨てられるようしてくれれば、どんどん捨てるのに、可燃の日は明日だから明日捨てようってすると、その日に捨て忘れて、ずるずる捨てなくなり、ごみがたまって行く。

 そろそろ片付けないとやばくなりそうだ。でも掃除は大っきらい!punchangry

|

« 俺ははげている(その2) | トップページ | もの忘れ »

ごみ屋敷」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごみ屋敷wobbly
しかし冬は保温効果があるのではないか?
と、わしの知り合いの侍はおっしゃってます
そうです、彼の家もかなりすごいです

投稿: 吉法師 | 2008年3月20日 (木) 16時44分

同類がいたか。
最初からちびちび片付けていればよかったのにと、反省はしているweep

投稿: しおしお | 2008年3月20日 (木) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺ははげている(その2) | トップページ | もの忘れ »