« 北京オリンピック | トップページ | 小島よしお »

北京オリンピック(その2)

 北京オリンピックって、中国人のナショナリズム高揚のために行われるのでないかと思ってしまう。ナチスドイツとまったく同じパターンですな。

 聖火リレーにしたって、中国人自体が自国の国旗だけを掲げているのは、おかしいでしょ。普通、聖火リレーが行われている国の国旗も敬意を表して掲げるもんだと思うが、そういう配慮がまったくないこと自体、中国政府がナショナリズム高揚のためにオリンピックを利用しているのに過ぎないことがわかる。

 でも、かわいそう。中国人留学生を動員しないと、歓迎されているとこを演出できない。まったくもって、そのようなオリンピックを開催するのに意味があるのかと思う。長野の人たちもえらい迷惑だっただろう。聖火リレーが早く終わってほしいということを言っていたのがよくわかる。せめて、中国人留学生を動員しないほうが、かえって歓迎ムードになったと思うのだが、国の威信をかけていそうなので、哀れで仕方がない。

 まぁ、どっちにしようが、北京オリンピック開催中の中国人観客には目が離せない。っていうか、生放送されるのか? 映像の検閲が入って、1時間~2時間遅れの録画放送になったりして。わははははははははははははははははははははははははははははははははははははは(すんません、完璧に馬鹿にしてます)。

|

« 北京オリンピック | トップページ | 小島よしお »

北京オリンピック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京オリンピック | トップページ | 小島よしお »