« フランス弱すぎ | トップページ | 24(その12) »

ガソリンの値段(その3)

 暫定税率が復活する前にガソリンを入れたが、1リッター118円で入れられた。やっぱり安いとうれしい。

 けれど、地方財政のことを考えると暫定税率が復活してからガソリンを入れたほうがよかったのかもしれないが、俺も人の子、つい、高くなる前に入れてしまった。貧乏人だから、いつもはやらない、継ぎ足しまでやって、タンクぎりぎりまで入れてしもた。

 ガソリンって500mlのペットボトルのお茶より安いことにみんな気がついているのか? そう考えると、ちょっとぐらい高くてもいいような気がする。ガソリン基準で考えるとお茶が高すぎるという考えもあるが、なるべく、消費量を抑えて地球温暖化防止のためには、運送会社の人たちには悪いが、値段が高くてもいいのではないかと思う。

 でも、軒並み5月1日に値上げするとは、いかがなものか? 値下げを遅らせた店は、値上げも遅らせるべきであろう。

|

« フランス弱すぎ | トップページ | 24(その12) »

ガソリンの値段」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス弱すぎ | トップページ | 24(その12) »