« Sponsored Link | トップページ | しみ込み焼(その2) »

メイドカフェ(その2)

 先週の日曜日にさる武将たちと秋葉原に行ったついでに、メイドカフェに行ってきた。

 今回のメイドカフェは、人気のお店で、予約をしないとだめなお店。朝一ならば、多分予約は不必要だと思うが、今回、午後2時頃に行ったときには、すでに10組待ちだった。とりあえず、予約をして、それから秋葉原をぶらぶらした。

 そろそろかなぁということで、メイドカフェに行ったが、あと一組待ちのところで、30分ほど待たされた。待っていた時に自然と行列ができてしまったので、俺としては、行列を作った人が後で、予約が必要とわかってがっかりするのではないかと思ったが、店に入ってしまえば、どうでもよくなった。

Card  今回のお店は、ポイントカードがあって、500円毎にスタンプを押してくれる。カード1枚で40個のスタンプが貯まる。1,000枚貯めると花やしき1.5時間貸切でサプライズパーティを開いてくれるらしい。500円でスタンプ1個なので、1枚分にかかる費用は、500円×40=20,000円。1,000枚貯めるのには、2,000万円かかる。1,000枚貯める人は現れるのだろうか? 店の人に聞いたら、40枚は貯めた人がいたそうだ。それでも、80万円かかる。手が届かないレベルではない。でも、2,000万円は無理でしょ。毎日通って、500円分の飲み物を飲んだとしても、40,000回は通わないといけない。年数にすると約110年。無理。毎日1,000円分飲んだとしても、55年。せめて、最低でも2000円分飲まないといけない。それでも、約27年かかる。仮に目当ての子が20歳としても、達成できたときには、47歳になっている計算だ。どだい、秋葉原勤務でない限り、毎日通うのは、無理。土日に通ったとしても、1日7,000円分を飲み食いする必要がある。だいたい、少なくとも27年間もそのメイドカフェの経営が続いているかどうか大いに疑問だ。

 2,000万円を銀行から借り入れして、一気に現金で渡すというのが、一番手っ取り早いと思うが、その際、現金で渡すと、贈与になってしまい、贈与税とが別途かかるかも知れない。現実問題として、やはり、ポイントカードを1,000枚貯めるのは無理ではないのか?

Ichigo  ちなみに、このお店、飲み物のおかわりをするとゲームができて、「はずれ」、「50円割引き」、「100円割引き」のカードを1枚引いて、ひいたカードで割引がきく。写真のカードは、50円割引券(今気がついたが、メイドの格好をしていない)。でも、割り引かれた際に、支払い金額が1000円に満たないとスタンプは1個しか押してもらえない。なので、スタンプを効率よく押してもらうためには、100円割引券を引くリスクを考えて、少なくとも1,100円となる飲み物を頼まなければならない。今回よく考えずに、いつものごとくアイスコーヒーを頼んだが、1杯480円で、おかわりして、960円。これに、50円引きとなったので、910円となり、結局500円分の1個スタンプしか押してもらえなかった。今度からは気をつけよう。

|

« Sponsored Link | トップページ | しみ込み焼(その2) »

メイドカフェ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ついに来ましたな、このネタ
なかなかの分析力、信長、敬意をひょうしまする
にしても最低でも27年かかるとは。。。
なかなか笑えるイベントじゃ
しかし、同じひとでなくとも、実は単に枚数が貯まればいいのかもしれんな?
今度、恥をしのんで聞いて見るか


投稿: 吉法師 | 2008年5月 9日 (金) 23時12分

ぜひ、お願いする。あ、(wobbly)だめだ。ポイントカードごとに名前が記載されている。

投稿: しおしお | 2008年5月10日 (土) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sponsored Link | トップページ | しみ込み焼(その2) »