« ゴールデンパイン&カルピス | トップページ | PS3 »

Suica

 俺の持っていたSuicaは、初期型Suicaで、ペンギンのマークや、線路でスイカをかたどったロゴがついていないものだった。

 この前、チャージしたら、旧式のSuicaなので、新型と取替えますっていう表示がでた。拒否したら、チャージできなかった。デザインが、シンプルで気に入っていたのに、泣く泣く新型Suicaに取り替えた。

 で、旧型と新型で何が違うのか? ロゴの有無だけではないはずだ。データの保存フォーマットが変わったのか? ていうか、Suicaって、ICカードとは違うのはずなので、どうデータが記録されているのかもわからない。カードには、IDしか記録されていなくて、そのIDで、チャージ金額とかがホストコンピュータの記録媒体に記録されていて、それと照合するようなシステムになっているのだろうか? Suica自体に膨大なデータを記憶させておくと、読み書きに時間がかかるだろうから、タッチ&ゴーが実現できない可能性もあるので、その線が濃厚だ。

 ということは、Suica自体の書き換えを行って、チャージしたように見せるということは無理で、必ず、駅に設置されている機械でチャージすることにより、ホストコンピュータ上のデータが書き換えられるということになり、セキュリティが高いと思う。まぁ、クレジットカードと違って、高々MAX2万円だけどね。が、セキュリティが高いことはいいことだな。

 と、勝手に思い込んでしまったが、実際のSuicaのシステムってどうなっているだろう? そして、旧新のSuicaの交換の意味合いはなんなんだろうか? IDだけ書き込まれているなら、旧新のSuicaの交換をする必要もないはず。

|

« ゴールデンパイン&カルピス | トップページ | PS3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンパイン&カルピス | トップページ | PS3 »