« 吉法師殿のPC(その4) | トップページ | 新しいPCの構想(その14) »

新しいマザーボードの性能を測ってみた

 新しいマザーボードP5K-EとE6850の組み合わせで性能を測ってみた。

Crystal_c2d_3Crystal_athlon_3Crystal_c2d_p5ke_2

 左がP5E-VM HDMIとE6850の組み合わせ、真ん中がA8N-SLI DELUXEとAthlon64 3500+の組み合わせ、そして、右が P5K-EとE6850の組み合わせとなる。

 さすがに、Athlon64 3500+よりは、E6850ほうがCPUパワーがあるが、P5E-VM HDMIとP5K-Eを比較すると、P5K-EのほうがE6850のFPUの性能を引き出せているような気がする。メモリのリード/ライトはP5E-VM HDMIのほうが優秀だ。これらは、チップセットの差によるものなのだろう。A8N-SLI DELUXEは、メモリコントローラがAthlon64 3500+に内蔵されていて、DDRの200MHz駆動なので、P5E-VM HDMIやP5K-EのDDR2の400MHz駆動に比べたらやはり1/2の性能しかないのは当然だ。

 また、グラフィック関係は、OGLという項目がCPUの性能差の影響がでているようだ。HDD性能は、当たり前だが同じHDDを使っているとあまり変わらない。HDDが遅い分、P5K-Eのほうが全体的な性能が悪く見えているようだ。

 今度は、この前買ったQ9550の性能差がどれくらいあるか調べてみようと思う。

|

« 吉法師殿のPC(その4) | トップページ | 新しいPCの構想(その14) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉法師殿のPC(その4) | トップページ | 新しいPCの構想(その14) »