« メイドカフェ(その3) | トップページ | メイドカフェ(その4) »

巫女さんカフェ

 メイドカフェならぬ巫女さんカフェというのものがあるのだ。行ってみた。かなりきつかった。おやじには耐えられない。

 まず、初穂料500円を支払うことになっていて、それに加えて飲食料を別に取られるので、若干割高になる。初穂料500円は、なかにくじが入っている黒い玉をもらえるのだが、その玉の値段である。俺は、絵馬シールというのが当たった。普通に買えば400円のものなので、100円損したことなるが、中には、3000円相当のタオルとか、500円相当のうちわが当たるので、いいのに当たった人はお得である。

 それから、5円をもらって、お賽銭箱に5円を投げ入れてお祈りするのである。あ、言い忘れたが、店の入り口には鳥居がちゃんと作られている。背の高い人は頭をぶつけるので、それほど大きな鳥居ではない。

 巫女さんカフェだけにウェイトレスは、全員、赤いはかまの巫女さんの格好をして、お払い用の紙がついた小さな竿を全員もっている。

 まぁ、ここまでは、許されるが、飲食物を持ってきてからが大変なのである。まず、飲食物がおいしくなるように巫女さんが祈ってくれるのだが、そのテーブルの客全員で祈らなければならない。これが、強烈に恥ずかしい。恥ずかしがっては、逆に巫女さんに失礼に当たるので喜んでやっている振りをしたが、これが、かなりきつかった。

 Hos殿がおにぎりセット(1,000円)を頼んだのだが、これが、目の前で握ってくれるというものだった。ちなみにおにぎりのことは、この神社(巫女さんカフェ)では、おに~にと言うらしい。これも、おやじにとってはちょい恥ずかしい。素手で握ってくれるのかと思ったら、衛生面が考慮されていて、透明のビニール手袋で握ってくれた。これも、おいしくなるようにお祈りをささげないといけないのであるが、これには、振りがあって結構きびしい。両手でハートの形を作って、それを右の肩から左の肩に移動させ、それから、腹の前をとおって大きな円を書き、最後におにぎりにそのハートの形を当てるというアクションが必要なのである。巫女さんに失礼だからやったけど、きつかった。

Miko 左が巫女さんカフェのポイントカードである。一回参拝(巫女さんカフェに来る)ごとに1個ポイントが押されて、30個貯まるとイベントに1回無料招待となる。これは、まだゴールが見えているのでよい。(ちなみに、左のカードは狛犬だが、レベルアップすると狐カードになるらしい。)M.I.A. CAFEの約2,000万円かかるゴールに比べたらはるかに達成しやすい。

 それから、60分の時間制なので、60分以上はいられない。店側にとってはある程度の回転率が見込めるので、売り上げにはプラスになるであろう。しかし、この巫女さんカフェは小さなビルの8階にあるのだが、並ぶところが少なくて、エレベーターを降りたすぐそこのフロアしか待機場所がないのが、今後の経営に影を落とすのではないかと思う。待機場所の確保を考えたほうがよいかと思う。俺たちが並んだときは、俺たちの前に名古屋から来たコミケ帰り若者が1人待っていただけなので、だが、俺たち3人が待つともう満杯状態である。それで、次に来る客が並びたくても並べない。俺たちが待っている時も、5回ぐらいエレベーターからあがってきて、満杯状態なことに気づくと、俺の顔を見て会釈して、エレベータの閉じるボタンを押して、下っていってしまった。

 ちなみ、その若者と話をしたのだが、連れときていたらしいが、メイドカフェとかは、その若者以外は興味がないらしく、すぐ名古屋に帰ってしまったらしい。っていうか、知らないところで、メイドカフェや巫女さんカフェに一人で入ろうとする勇気に敬服する。俺には無理だ。

 かなりきつかったので、たぶん、巫女さんカフェはもう行かないと思う。

|

« メイドカフェ(その3) | トップページ | メイドカフェ(その4) »

メイドカフェ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メイドカフェ(その3) | トップページ | メイドカフェ(その4) »