« 左翼系労組 | トップページ | 宗教団体をバックにもつ政党 »

原爆ドーム

 原爆が落とされて、広島産業奨励会館が骨格のみのを残して崩れ去ったのだけど、原爆の爆風の威力にもかかわらず骨格だけ残ったのは、広島産業奨励会館のほぼ真上で爆発したかららしい。

 というのは、建物は、横の風には弱いが、上からの風だと柱とかは強いので残るとのこと。確かに、上からの風だと柱は風の抵抗にならないから吹き飛ばされないと思う。これによって、ほぼ真上での爆発だったかがわかる。

 昔、広島に勤務していた時に、広島の人から聞いたはなし。妙に納得した。

|

« 左翼系労組 | トップページ | 宗教団体をバックにもつ政党 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左翼系労組 | トップページ | 宗教団体をバックにもつ政党 »