« 北京オリンピック(その4) | トップページ | Q9450はまだか?(その9) »

吉野家

 近くの吉野家の建物が、高級感あふれる建屋に変わった。

 昔は、オレンジ色の看板の建屋だったのに、今回のは、オレンジ色の看板がなく、牛に手綱のロゴが入っているやつになった。メニューが違うのかな? 何が違うのかわからないが。

 吉野家もアメリカでBSEが発生してから、まったく食わなくなった。俺が知っている牛丼としては、松屋、すき家、らんぷ亭の中で、やっぱり吉野家が一番おいしいと思う。らんぷ亭の牛丼も他の店と違う味わいを出していておいしいが、吉野家がやっぱりおいしいかなぁ。

 でも、輸入解除になったアメリカ産牛肉を使った吉野家の牛丼を食うには、まだ抵抗がある。中国産の牛肉や豚肉に比べれば、アメリカ産牛肉のほうがはるかに安全性が高いとは思うが、中国産はレベルが低すぎて比較にはならない。

 ここは、ひとつ、アメリカ産牛肉にこだわる吉野家に、契約牧場で牛の全頭検査と年齢管理をきっちりと行い、そこの牛肉しか使用しないということに決めて、食の安全をしっかり宣言するとともに、管理することを提案したい。そうすることにより、俺のような臆病者の客が戻ってくると思う。

 株式会社吉野家のぼけどもよ、ちょっと考えてみてくれ。

|

« 北京オリンピック(その4) | トップページ | Q9450はまだか?(その9) »

吉野家」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京オリンピック(その4) | トップページ | Q9450はまだか?(その9) »