« 北京オリンピック(その3) | トップページ | ラジオ »

偏狭なナショナリズム

 ブログの検索をやっていて、とあるブログで、オリンピックで日本人が日本を応援するのに偏狭ナショナリズムを感じるということを記載している大馬鹿者がいるのを知った。

 考え方は、人それぞれなので、どうでもいいのだが、なぜ自国を応援することが偏狭なナショナリズムになるのかが理解できない。たとえば、家族のものが競技に出た場合、その家族を応援することは当たり前のことだと思うのだが、それとおなじで、自国民を応援するのは自然なのではないだろうか?

 多分、その人は、日本人ではないと思う。日本人のふりをしている人か、なんかの思想に犯されている人だと思う。

 ブログのコメントに日本人やめろと記載してやろうと思ったが、そういう人にかかわることすら嫌なのでスルーしておいた。なんだか、おかしい人間が多すぎる。

|

« 北京オリンピック(その3) | トップページ | ラジオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京オリンピック(その3) | トップページ | ラジオ »