« ソース | トップページ | 病院の予約 »

ビデオカードの性能

 クリスタルマークのベンチマークテストをやった時に、NVIDIAのカードは、性能に制限をわざと入れていることに気がついた。

 ATIのRadeon X800 XTの場合は、ビデオ周りの表示をしているときに、右上に出る値がかなり大きな値になり、表示するCPUの数が多くなるほど、その値が減少していくのに、NVIDIAのGefouce 8800GTSでは、右上に出る値が、表示するCPUの個数が1個でも2個でも4個でも変わらない一定の値になっており、CPUの数がそれなりに多くなった時に値が減少しだすのである。

 これは、軽負荷時に性能の制限を加えているのではないかと、予測する。制限を加える意味は、軽負荷から高負荷まで、ほぼ同じ性能を示すことにより、負荷への影響がないように思わせるためではないかと思う。俺としては、そういう制限を加えるよりも、Radeon X800 XTのように素の性能が出るようにしたほうがいいと思うのだが、NVIDIAのマーケッティング部門が何らかの思惑で、そういう制限を開発部門に加えさせているのではないかと思うが、果たして意味があるのかは、わからない。

 ベンチマーク上の性能の見せ方だけの話だと思うのだが。無駄な努力ではないだろうか?

|

« ソース | トップページ | 病院の予約 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソース | トップページ | 病院の予約 »