« 弐萬圓堂 | トップページ | SIREN(その3) »

眼鏡(その3)

 昨日、眼鏡のつるが、レンズのつけ根のところから折れた。

 4万円堂に行って、眼鏡を新調した。そのとき検査したとき、レンズの度が大きく変わっていることに、4万円堂の店員がびっくりしていた。俺もびっくりしたけど。乱視が、まったくなくなっていたのだ。

 そもそも俺の乱視は、コンタクトレンズを装着していたことによる眼球のレンズのくぼみによるものだったのである。コンタクトレンズを流してしまったとき、コンタクトレンズ屋さんの眼科に行ったら、コンタクトレンズの大きさにちょうどくぼんでいると診断された。そのとき、目にキズがあるということで、コンタクトレンズを作らせてもらえなかったので、急遽、眼鏡を買いにいったのだが、そのときは、眼球のレンズがくぼんだ状態での視力強制だったので、乱視が結構入った状態でのレンズが選択されたのだと思う。

 それから、半年ちょいがすぎ、そのくぼみがなくなったので、乱視がなくなったのだと思う。新しい眼鏡は非常に見やすい。レンズの度数がちょっと上がったが、二重三重に見えることがなくなった。

 最近、見にくいなぁと思っていたのは、乱視がなくなってきたからだったんだな。

|

« 弐萬圓堂 | トップページ | SIREN(その3) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

眼鏡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弐萬圓堂 | トップページ | SIREN(その3) »