« 小室哲哉(その2) | トップページ | CPUファンがうるさい(その2) »

東京大空襲訴訟

 東京大空襲の被害者が国に対して、謝罪と賠償を求めた訴訟の口頭弁論があったらしい。口頭弁論ってどういう位置づけかわからないけど。

 謝罪と賠償って、お前らは朝鮮人かっ? ぼけがっ!

 確かに家族を失ったのはつらい。でも、東京大空襲にあったお前らだけが訴訟起こすっていうことは、おかしいんとちゃうか? 大阪の空襲や他の都市の空襲もあったやろ。なんか、むかつくねんなぁ。

 国がかってに起こした戦争っちゅうけど、当時の外交状況では八方塞りで、他に手段がなかってん。当時は、戦争は外交手段として正当な権利やったし。そういうこと考えた上で、訴訟おこしたんやと思うけど、勝つのは苦しいんとちゃうか。

 それに、戦争のつらい出来事の言い伝えは、別の方法でもできるやろ。

 戦争っちゅう異常事態の時のことに対して謝罪と賠償を要求するっちゅう、そういう根性が日本人の感覚から大きく逸脱してるわなぁ。はっきり言って、日本人かどうか疑ごうてしまうで。

|

« 小室哲哉(その2) | トップページ | CPUファンがうるさい(その2) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小室哲哉(その2) | トップページ | CPUファンがうるさい(その2) »