« ドンキホーテ(その3) | トップページ | OPEC »

ひげトリマー(その2)

 ドンキホーテが役に立たないので、ヤマダ電機で、ひげトリマーを買ってやった。高いぞ、ヤマダ電機。9,980円って。ちょっとぼられたか?

 交流/充電式に魅力を感じて、高いやつを買ってみた。乾電池式の3,980円のものもあったし、充電式のみの5980円のものもあったが、あえて地雷覚悟で、一番高いパナソニック電工製のER223P-Sを購入。

 でかいよ。でかすぎ。乾電池式程度の大きさを予測していたら、1.5倍の大きさはあった。大きい分、手になじむことにはなじむが、もう少し小さくてもよかったかなとは、思う。

 剃り心地っていうか切り心地っていうか、交流式で試してみたが、乾電池式とは、力強さが違う。多分歯も新品で切れ味が違うのだろうけど、1分もかからずに、ひげをそろえることができた。非常にいい感触だ。長さも、飛び飛びであるが、1mm~20mmまでにそろえられる。前のに比べると、ちょっと長さの調整がしやすい。

  ただ、前の乾電池式比べて、手入れがちょっとかかる。いちいち歯に油を注さなければならない。しかも、使用前後に。これが、手間だが、仕方ないのか? 以前使っていた乾電池式は、油を注す手入れなんか無用だったのに。油を注すことが不要になるように改善を求めたい。

 ちょっと、金額的に高かったのが、不満。7,000円ぐらいだったら、非常に値ごろ感があってよかったのだが、松下電工のボケどもよ、もうちょっと考えとけ。

|

« ドンキホーテ(その3) | トップページ | OPEC »

ひげトリマー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドンキホーテ(その3) | トップページ | OPEC »