« 焼きそばUFO | トップページ | JR九州のつり銭ミス »

高速道路上の救急車

 高速道路上で救急車に出くわしたことが2回ほどあった。

 俺の車は、高級車じゃないので高速運転時のエンジン音がやかましい上、窓を閉めきっているので、サイレンはほとんど聞こえない。救急車は、一応警告灯は回してしはいるが、他の車もあるので、近づくまで警察車両か救急車両か見分けがつかない。したがって、道を譲るということが直前までできない。

 もっとも、乗せている患者のためか、法定スピードを越しての運転できないのかスピードが遅いため、救急車であるにもかかわらず、高速道路上では一般車にばんばん抜かれてしまい、救急車としての体を成していないと思う。

 そもそも救急車なのだから、高速を使うまでもなく、近くの救急病院に患者を搬送したほうが、はるかに時間がかからないと思うのだが、なぜ、高速道路を使う必要があるのだろうか? たとえば、政治家とか偉いさんで、行きつけの大学病院があるので、自宅からそこまで運んでもらうとかそういうことなのだろうか? 一刻を争うようなときには、そういう行きつけの大病院まで運ぶことは、危険だと思うので、結局はそんなに緊急性はないのではないかとも思う。しかも一般車に抜かれまくるような状態なので、さらに時間がかかると思われるのだが。

 とても不思議に感じてならない。 

|

« 焼きそばUFO | トップページ | JR九州のつり銭ミス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼きそばUFO | トップページ | JR九州のつり銭ミス »