« 恐怖の民主党政治 | トップページ | サイレントヒル4 »

神様はサイコロを振りまくり

 物理学者のアインシュタインは、「神様はサイコロを振らない」と言って量子力学に確率論が入っていることに不満だったそうだが、俺は、神様はサイコロを振りまくりだと思う。

 だいたい、ニュートン力学のように常に公式で定まっている運動なら、そう言いきれると思うが、世の中そんなに単純ではないのだと思う。そもそも宇宙の星雲が泡状に分布していることすら、ビッグバンの最初の初期値のばらつきでそういう風になったといわれているので、もし、神様がサイコロを振っていなかったら均一の宇宙になっていたのではないかと思う。ショットキーダイオードのトンネル効果も確率の話しだし。生命の進化にしたって偶然の重なりだと思う。そもそも人間の行動なんか、思いつきもはなはだしいと思う。

 よって、神様は常にサイコロを振っていて、俺自身、それに翻弄され続けているのではないかと思っている。

|

« 恐怖の民主党政治 | トップページ | サイレントヒル4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐怖の民主党政治 | トップページ | サイレントヒル4 »