« ボクシングの選手 | トップページ | 焼きそばUFO »

人生は冥途までの暇つぶし

 「人生は冥途までの暇つぶし。」という格言というかなんかのお言葉をWebで見た。

 そうなのか?と思う。冥途での生活が本気で、それまでは本気でなくても、まぁ、いいじゃないかという意味なのか? なんとなく、弱者の理論のような気もしないではないが。

 これを言った人が今東光というお坊さんなので、そういうことを知ると字面だけの意味ではなく、もっと深い意味があるのだと思う。実際、このお言葉を読んだ時、なんだか肩の力が抜けて、気が楽になったのは事実である。

 おそらく、救いの意味があるのではないかとと思う。生きていくのは、冥途までの暇つぶしなんだから、冥途に辿りつくまでは、失敗してもいいから頑張って好きなことをやりなさいよ的な意味があるのではないだろうか。そう考えると、今までやってきたこともかなり救われた気になる。 

|

« ボクシングの選手 | トップページ | 焼きそばUFO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボクシングの選手 | トップページ | 焼きそばUFO »