« ホームランバー(その3) | トップページ | ガンダムⅢ(その3) »

電気自動車(その2)

 Webを見ていたら、俺と同じことを考えている人がいた。誰でも考えることは同じなのね。

 バッテリー交換方式でも、バッテリースタンドに置けるバッテリーの数が限られているので、バッテリーの交換ができそうにない場合は、充電機を併設するとともに、他のバッテリーセンターへ誘導するようなことも書かれていた。一歩進んでるなと思った。

 でも、バッテリーをレンタルするということは記載されていないので、ここは、これは俺の勝ちだな。何を争っているのか、わからんけど。

 結局、充電時間を極力短くしようと思ったら、急速充電を何回も繰り返しても劣化の進行が少ないバッテリーが開発されない限り、バッテリーの交換しかないわけで、なんとか、各社、バッテリーの標準化を進めてほしいと思う。

 が、ちがう記事を見たところ、バッテリーは電気自動車の心臓部で、内燃機関の車にたとえたらエンジンに当たる部分だから、バッテリーの標準化は各社乗り気じゃないらしいとのこと。

 今後、電気自動車の充電に関してどのようなことになるかは、わからないが、俺は気が短いから、充電に10分以上かかると嫌なので、なんとかしてほしいと思う。ちゅうか、電気自動車が全面的に普及するまで俺は生きているのか?

|

« ホームランバー(その3) | トップページ | ガンダムⅢ(その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームランバー(その3) | トップページ | ガンダムⅢ(その3) »