« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

デモンズソウル(その16)

 黒いファントムのご来場。

 腐れ谷のデーモンをやっつけたので、5度目の生身の身体に戻った。でも、生身の身体に戻ったら新しいMAPに行けない(行ってもいいが不注意で死ぬのが嫌)ので、大体、パターンが飲み込めた嵐の祭祀場でソウル稼ぎをするとともに、デーモン探しをすることにした。

 50000ソウルを稼いで、塔のラトリアの売店の歌声の女性から強欲の指輪を購入しようと、せっせとソウル稼ぎをしていたら、画面に「黒いファントムが侵入しました」と表示され、びびった。LANケーブルを抜こうと思って、ケーブルのコネクタに手をかけたら、コネクタのロックが引っかかって、なかなか抜けなくてあせった。何とか、見つかる前にLANケーブルを抜くことができたので、安心した。

 ちょっと、1~2分置いてから、またオンラインモードでゲームをやり始めたら、同じ黒いファントムが入ってきた。安全地帯のスタート地点に戻ろうと要石のところ行こうとしたら、その途中に黒いファントムがいた。速攻、LANケーブルを抜いた。セーフっ。

 また、1~2分置いてから、オンラインモードでゲームをやったら、今度は違う黒いファントムが進入してきた。要石からスタート地点に戻ろうと思ったら、「マルチプレイ時は、戻れません」と表示され、びっくりした。速攻、LANケーブルを抜いた。セーフっ。

 こんなに侵入が多いと怖いので、オフラインモードで50000ソウルを稼いで、その結果、塔のラトリアの売店の歌声の女性から、無事、強欲の指輪を購入した。

 黒いファントムって、全MAPから、プレイヤーを探すわけではなく、プレイヤーがいるそのMAPに侵入するようになっているのかな? なら、MAPもかなり限定されるので、すぐ見つかるので侵入の表示が出たらすぐにLANケーブルを抜く必要があるなぁ。

 ゲームとしての仕様だから、しかたないと思うが、対人をやりたくない人もいるので、邪魔しにくるのはやめてほしいと思う(邪魔とはかぎらない場合もあると思うけど)。

 つづきのデモンズソウル(その17)は、ここ。(2009年10月2日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その15)

 腐れ谷は、気持ち悪い。

 嵐の祭祀場のデーモンが見つからないので、しかたないので、腐れ谷に行ってみた。なんだか、前行った時は行き止まりだと思っていたのが、なにも迷うことなくスムーズに進めた。前は、ちょっとビビリが入っていたから、飛び降りるところが怖くて飛び降りれなかったかも知れない。それにしても上ったり、下りたりするステージで、足場も狭く、敵への攻撃も注意しないと落下してしまう。

 敵もずるい。遠くから見たら雑魚と同じと思っていたら、近づいたらかなり大きかったりして、びっくりして、攻撃前に落下してしまった。

 前に来た時は、かなりびびっていたので、周囲をちゃんと見ていなかったが、赤い雨が降っているのね。SIRENみたい。あと、木の壁に虫が付いているのだけど、これ、めちゃめちゃリアルで気持ち悪い。うめき声も聞こえるし。

 なんとか、一番下までたどり着いて、霧の中に入ったらデーモンとの対戦だったので、かなりびびった。これも、気持ち悪いデーモンなんだよな。バイオハザード5に出てきた気持ち悪い奴みたい。地面のメッセージのアドバイスにしたがって、火の魔法でちまちま攻撃したら、無傷で勝てた。かなりラッキー。でも、気持ち悪いのはやめてほしい。

 つづきのデモンズソウル(その16)は、ここ。(2009年9月30日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その14)

 嵐の祭祀場のデーモンが見つからない。

 どこにいるのかな? もしかしてでかいかわいいやつがこのステージのデーモンなのか? 魔法でちまちまやっつけたけど。フレーキに魔法と交換してもらおうと思ったら、できないので、たぶん違う。

 ここは、敵が強いので、ソウルの稼ぎがいいが、気を抜くとすぐに死ぬ。特に序盤の階段のところは2体同時に来た時は、かなり厳しい。まぁ、ここなら死んでもすぐに回収にこれられるので、そんなに恐れることはないのだけど。

 罠も結構あって、最初に罠にかかった時は必ず死んでいた。メッセージで罠とかアドバイスがあるので用心はするのだが、どう用心すればいいのかわからないので、後ろからやられてしまう。

 あと、空飛ぶエイが邪魔。弓でやっつけるのだが、一匹だけ遠くにいてやっつけられない。どこかいい足場があるのかな?

 デーモンがみつからないので、後回しにして腐れ谷を今度は、攻略してみよう。

 つづきのデモンズソウル(その15)は、ここ。(2009年9月29日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その13)

 デーモンのソウルって魔法に交換できるとは知らなかった。

 やっと、陰気な拷問部屋がいっぱいあるところの塔のラトリアのデーモンをやっつけることができた。なんだか、種を知ってしまうと大したことなかったのだが、何回往復したことか。やっと、この怖い場所から逃れられる。ほっとした。

 フレーキもついでに助けることができたが、2階の鍵を入手していないので、ソウル体のもう一人が助けられてないし、その階の鍵がかかっている牢屋には入れない。なにかアイテムがある部屋がありそうなんだけど。鍵はデーモンをやっつけたら手に入るのかな?と思っていたけど、やっつけても入手できなかったし、別のところにあるのかな?

 スタート地点に戻って、フレーキに話したら、デーモンのソウルと魔法を交換してくれるらしい。知ってたら、使わなかったのに、いままでのデーモンのソウルは全部使っちゃって、残っていない。なので、新しい魔法が使えない。かなりショックでかい。1週目は我慢して、2週目はきっちり取ろうと思う。

 4回目の生身の体に戻れたので、ボーレタリア王城の屋上の赤目の騎士をやっつけて、ソウルを稼ごうと思ったら、逃げ遅れて即死した。ま、気が楽になったと思えばいいので、次は、嵐の祭祀場に行ってみた。なんとかなりそうなところまで成長していたので、今度はここを攻略しようと思う。でかいかわいいやつは、どうやっつけるのかな?

 つづきのデモンズソウル(その14)は、ここ。(2009年9月28日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その12)

 塔のラトリアのデーモンが倒せない。

 怖いのを我慢しつつ、やっとデーモンのところにまでたどり着いた。ソウルの矢の魔法攻撃でちまちまやっつけたのに、なんだか完璧にやっつけていないようだ。ヒントがないかとまた場内のメッセージを見て回ったが、プレイヤーが残したメッセージともともとゲーム内で準備されているメッセージがあることがわかった。

 ゲーム内で準備されているメッセージが、「何回も繰り返し、きりがない」とか、「敵は上にいる」とかいうのがあったが、確かに何回も繰り返しはわかったが、敵が上にいないようなのだが、どういうことなのだろうか?

 デーモンをやっつけたと思われる後に、男の声で何かしゃべるのだが、そのしゃべっているやつが本当のデーモンなのか? ということは、仮のデーモンをやっつけた後、しゃべっている間に本当のデーモンを見つけ出して攻撃しなければならないのか?

 あの怖いところを何回も往復するのは、もういやっ。

 つづきのデモンズソウル(その13)は、ここ。(2009年9月28日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その11)

 デモンズソウルってホラーゲーム?

 ソウル体にもどってすこし気が楽になったところで、新しいMAPに進んでみた。嵐の祭祀場やタカアシ鎧蜘蛛の要石や腐れ谷とかに行ったけど、嵐の祭祀場は、遠くになんかでかいかわいい敵がいるので、それを見てひき返した。偶然、神のタリスマンが見つかったので、それは持って帰った。タカアシ鎧蜘蛛の要石は、奥に進んで、なんだか赤黒い丸虫(関東ではだんご虫?)に自爆されて死んだ。再度挑戦して、溶岩の池見たいなところにも行ったけど、先に行ける自信がなかったので、やめた。腐れ谷は、どう進めばいいのか、行き止まりになってしまったので、ひき返してしまった。すこし行き詰った。

 他に行ける場所がないかと、塔のラトリアって言うところがあるのに気がついて、そこに行ってみた。ここ、めちゃくちゃ怖い。薄暗くて、拷問部屋みたいなところがあるし、西洋式の棺桶が置いてあったり、拷問道具が置いてあったり、首吊っている人もいるし(つぼに入った敵には笑ったけど)。めちゃくちゃ怖いうめき声が聞こえるし、敵が仏壇の鈴の音を鳴らしているし。なんか拷問道具見たいなものを開けたら、敵が出てきてびっくりして、コントローラを放り出そうとしてしまったし。このステージは、いかんだろ。ホラーゲームじゃないんだから、もっと表現を柔らかくすべき。夜中、トイレに行けなくなる。とくにうめき声はやめろ。ここのレベルが今のキャラクターのレベルにあってそうだから、なんとか、ここを進めるしかないかと思うが、なんとかならんのか? 初代サイレントヒルの病院並みに長時間継続するのが困難だ。サイレントヒルの病院のような赤さびになっていないのが救いだけど、やっぱり、怖い。助けてくれ。

 つづきのデモンズソウル(その12)は、ここ。(2009年9月26日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その10)

 赤目の騎士に挑戦。

 ボーレタリア王城の屋上にいる赤目の騎士に勝てるかちょっと試しにやってみた。魔法が使える(と言ってもソウルの矢)ので、魔法攻撃を加えたら、いきなりこっちに走ってきて、びっくりした。ちょっとあたふたして、操作方向を間違ったりしたが、なんとか生き残った。

 距離があくと、勝手にデフォルトの場所に赤目の騎士がもどって行くことも判明。これを利用して、卑怯にも後ろから魔法攻撃を実施。なんとか、撃破。

 2回目に挑戦して、距離をとっておけば余裕だなと思っていたので、赤目の騎士のHPがあともう少しでなくるというところで、正面から、魔法攻撃を敢行。そしたら、魔法攻撃が3回防御され、撃破できず、赤目の騎士に追い付かれて、槍で突かれて、あえなく、死亡。

 もとのソウル体に戻ってしまった。せっかく緊張の日々が続くと思ったのに、1日で終わってしまった。でも、これで、新しいMAPの所に行って死んでも悔しくなくなったので、新しいMAPに挑戦してみよう。

 つづきのデモンズソウル(その11)は、ここ。(2009年9月26日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その9)

 臆病者っ!

 巨大騎士を何とかやっつけて、3度目の生身に体に戻ったが、今度こそはと、慎重に死なないようにプレイしようと思ったら、怖くて、新しいMAPに行けなくなった。臆病者よのぅ。我ながら。

 死ねないので、非常に緊張する。MAPもまだ死ぬ可能性のあるストーンファング坑道は、たまにしか行けないし、盾をもった黒いスライムの親玉の続きの城壁の上なんてものは、即死なので、全く行けない。一番最初の城内をうろちょろしているのだが、これも、気を抜くと、長いらせん階段か落ちて死んでしまう。全く、気が抜けないのがデモンズソウル。

 ソウルレベルの上げ方を均等にしたせいか、キャラが全く中途半端になってしまって、兵士なのか、魔法使いなのか分からなくなってきた。それも、どちらも弱いので、すぐ死にそうなる。

 オンラインでやっているので、いつ黒いファントムが来るかもしれず、緊張の日々が当分続きそうだ。

 つづきのデモンズソウル(その10)は、ここ。(2009年9月24日追記)

| | コメント (3)

デモンズソウル(その8)

 いきなり巨大騎士現る。

 盾を持った黒いスライムの親玉の続きの長い城壁の上を向こう側にたどりつこうと、ひたすらタイミングを合わせて、走り続けて、HPがぎりぎりあるかないかで、やっとたどりついたと思ったら、弓軍団が待ち構えていた上に、青目の騎士が2人もいて、総攻撃を受けてあっけなく死亡。

 これを繰り返し、やっと、弓軍団と青目の騎士を2人やっつけて、霧の中に入っていたらいきなり巨大な騎士が登場。もう、デーモンですかっ! 早すぎ。攻撃方法を考える間もなく、でっかい盾に押しつぶされて死亡。階段を上って、レーザー砲の攻撃を受けない場所があることが分かり、そこにこもるが、攻撃できないので、戦いにならず、階段を下りて勝負に挑んで、足もとまでたどり着いて、攻撃したら、17inch液晶ディスプレーで3mmくらしいしか、巨大騎士のHPが減らず、愕然とし、ぼ~っとしてたら、即死。魔法攻撃をするときに照準合わせ中にレーザー砲で攻撃されて、死ぬし。

 攻略方法がわからなかったので、誰かがヒントを書いていてくれないかと、場内のメッセージを読みまくっていたら、一言、「足元」というメッセージが。やはり足元を根気よく攻撃するしかないのか?と思い、足元攻撃に専念。

 そしたら、勝てました。すごい、爽快感!メッセージ残してくれた誰か、ありがとう。

 生身の人間に戻ったので、オフラインでプレイしようと思ったが、こういうメッセージがあるとオンラインプレイのほうが面白いなぁと思ってしまうので、オンラインプレイやって、黒いファントムが潜入したら、LANケーブル抜いてしまお。

 次は、どこに行けばいいのかな?

 つづきのデモンズソウル(その9)は、ここ。(2009年9月24日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その7)

 PK(Player Kill)られた。

 ストーンファング坑道の蜘蛛をやっとの思いでやっつけて、やっと生身の体になったので、今度は、死なないようにドキドキしながら慎重にやって行こうと思って、道順が正しいかどうかわからないが、盾をもった黒いスライムの親玉の場所の続きをやっていたら、画面に黒いファントムが侵入しましたという表示が、3回でてきた。

 デモンズソウルは、PKがゲームとして許されているのだった。やばっ。知らんやつに殺されると思いながら、すぐPS3の電源切ればよかったのに、MAPが広いから簡単に見つからないのではないかと、思って続くけていたら、すぐ見つかった。見つかったときに、PS3の電源を切る操作をしていたのだが、あせってどのキーを押せばいいのか分からず、あたふたしているうちに、くそ丁寧にもお辞儀されてから殺された。こっちは、まだデーモン2匹しかやっつけてないし、それも、やっとの思いでやっつけたレベルで、よわよわなので、一撃で死んだ。

 むかつく~っ。普通に殺されるのなら、ムカつかないが、お辞儀されたのがムカつく。俺は、強いんだぞっていうのが見え見え。だいたい、殺しにくるのなら、いちいちお辞儀するな。何百時間もデモンズソウルばっかりをやってれば、そら、強くなるわな。ゲームとしてPKが許されているのでこういうことは、仕方ないと思うが、お前が強いのはよくわかったから、俺のプレイの邪魔をするな。

 今度から、生身の体に戻ったら、オフラインでやろ。侵入されたら、自ら死ぬっていうのもありかな?

 つづきのデモンズソウル(その8)は、ここ。(2009年9月22日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その6)

 かぼたんさまさまっ。

 ストーンファング坑道のデーモンの蜘蛛がどうしてもやっつけられない。

 武器は、ブロードソードの+7、盾は、ヒーターシールドの+7なのだが、なんか蜘蛛の糸にすぐ絡み付いて動作が鈍くなっているところに、火の岩石の攻撃を受けるので、回復が追い付かず、すぐ死ぬ。 

 そこで、方針変更して、かぼたんにソウルレベルを上げてもらった。そしたら、道中が比較的簡単に進めることができた。まだ、デーモンには挑んでいないが、なんとかなりそうな気がしてきた。(マニュアルにソウルレベルの上げ方が書いてあった。マニュアル読んでないのバレバレ。反省。)

 レベルをあげたら魔法を覚えることができた。レベル上げる前は、痴者は去れっと思いっきり言われてたのに、やはりソウルレベルを上げるほうが正しいやり方なんだろうな。

 俺の実力では、ソウルレベルを上げずにデモンズソウルのゲームを進めることは無理だ。

 つづきのデモンズソウル(その7)は、ここ。(2009年9月22日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その5)

 宵越しのソウルはもたね~ぜっ。

 どうせ、すぐ死ぬから、ソウルが貯まったら、速攻で草購入。ソウルがなくなるまで購入。アイテムは、死んでもなくならないみたいなので、すぐに物に交換したほうが、死んだときのダメージが少ないのだ。

 この方法をとり出してから、死への恐怖がやわらいだが、すこし緊張がなくなったのも事実。生身の身体だったら、緊張感はそのままだったかもしれないが、もう何回も死んでしまい、ソウル体のままだから、あまり緊張しなくなったなぁ。

 ストーンファング坑道に行ってみたけど、敵が強くて、気を抜くと死にそうなので、武器をもうすこし強化しないといけないかもしれない。入り口のところで、足踏み状態。

 シルバーウィークはゲームやりたいほうだい。

 つづきのデモンズソウル(その6)は、ここ。(2009年9月22日追記)

| | コメント (0)

ひげトリマー(その3)

 パナソニック電工のひげトリマーER 223P-Sを愛用しているのだが、手入れがだんだんめんどくさくなってきた。

 なぜ、毎回、使う前と使った後に油を注す必要があるのか? この油のせいで手がべとべとになるし、ひげトリマー本体もべとべとになってしまう。しかも、油さし用の入れ物の先が太いので、目的のところに注すためには、少し多い目に油を注さねばならず、これも、べとべとを増大させる原因だ。非常に不満を感じるようになってきた。

 最終的には、メンテナンスフリーとなるような、ひげトリマーの開発を目指すべきであろう。実際、乾電池式のひげで決める男の顔のキャッチフレーズのER241は、油を注す必要はなかったはずだ。1万円近くの売価なのだから、もうすこし考えてもよかったのではないか?

 まぁ、剃り具合が強力なのは認めるが、めんどくさがり屋の俺にとっては、油を注すのは、苦痛になってきた。なんとかしてくれ。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その4)

 デモンズソウルのゲームは、土日しかできないので、平日は我慢なのだ。

 だが、その代償機制としてニコニコ動画でのプレイ動画を見たくなってしまう。だが、それを見てしまうと、実際にゲームをやった時にドキドキ感が薄らいでしまうので、プレイ動画も見ては、ならないと決めている。

 じゃ、どうするか? すでにクリアしところのプレイ動画を見る。でも、それも見てしまうと、2週目の時の発見の喜びが薄らいでしまう。なので、それも却下。

 結局、我慢せずにゲームをやってしまえばいいのかな? と思う。でも、だめだ。平日は、やってはならぬのだ。生活が乱れるから。せっかくまともになった生活なのに。

 つづきのデモンズソウル(その5)は、ここ。(2009年9月22日追記)

| | コメント (2)

グレープフルーツのガム

 大昔の話だが、当時グレープフルーツなんていう果物を知らなかった。

 駄菓子屋に行って、なにを買おうかな? と物色していると、グレープフルーツのガムがあった。でも、そのときは、グレープフルーツというものを知らなかったので、ぶどうくだものって理解して、ぶどう味だと思い込み、そのガムを買った。

 買って、口の中に入れて、噛んでも噛んでもぶどうの味がせず、なんか苦甘い味がして、なんじゃこのガム、腐ってると思って、残り全部捨てた。今、思えば、この苦甘い味がグレープフルーツの味だったのだ。

 その時は、ぶどうの味とのギャップが大きくて、どうしても食べられなかった。その当時、グレープフルーツの存在とその味を知っていたら、違和感なく食べられたと思う。

 想定した味と異なった場合、かなりまずく感じてしまう味覚というものは、不思議だと思った。

| | コメント (0)

送電線

 今日、送電線を見てふと思ったのだが、鉄塔の上のほうまで電線を持ち上げるのは、どういう方法でやっているのか気になった。

 クレーンで電線を吊り上げる方法を用いたにしても、次の鉄塔のところまで、電線は地面に置きっぱなしなるのだが、そんなことしていたら、送電線の下は、全部電力会社の土地ということになるのだが、そんなことはないと思う。なのでクレーンで持ち上げる方法はないと思う。

 電線を大きな糸巻きみたいなものに巻きつけて、それをヘリコプターに乗せて、鉄塔から鉄塔へ電線を張っていくのか? これなら、現実味がありそうな気がするが、果たして、何キロメートルもある電線を巻きつけた糸巻きの大きいものはどれくらいの大きさになるのか? そんなものをヘリコプターに乗せられるのか? これも現実味がないような気がしてきた。

 実際、どのような方法で、大きな鉄塔に送電線を張っているのか、知っている人がいたら教えてください。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その3)

 やってみた。面白い。キングスフィールド見たいな雰囲気だけど、もっと中世みたいな感じ。

 画像がキングスフィールドのときに比べて、格段にきれいになっている。PS3の性能がやはりいいのだろう。画像処理が多いと、すこしスローモーション気味になるけど。

 自動セーブがすごくいい。キングスフィールドの時みたいに特攻できないのが、めちゃめちゃ緊張していい。初めて、行くところも、歩いて敵がいないか確かめながら進んでいく異常な緊迫感。初めての敵は強さがわからないので、今の装備で果たして大丈夫なのだろうか? とか、この場所に来てしまっていいのだろうか? とか、死んだら死体を回収に来なければならないが、ここまで再び来れるのだろうか? というリセットが効かない恐怖感が面白さをさらに強めていると思う。

 オンラインモードの時は、他のプレイヤーが地面にメッセージを残していってくれるのもいい。親切なメッセージや引っ掛けのメッセージがあって、面白いが、大概参考になる。自分が書いたメッセージを他人が見て評価してくれるのも、うれしい。自分のメッセージが役に立ってうれしいし、キャラのHPが回復するのが面白い。メッセージが評価されるときに限って、苦しくないときが多いのだが。

 一応、最初のお城の所は、盾をもった黒いスライムの親玉のデーモンをやっつけたのでクリアしたと思うのだが、RPGの成長っているのかな、キャラが強くなるやつ、ソウルレベルっていうのがある見たいなのだが、いつまでたっても、初期値の6のままなんだけど、いつになったらレベルあがるのかな? なんか、やることあるのかな? 盾をもった黒いスライムの親玉のデーモンが居た場所の次の長い城の壁の上をわたろうとしているのだけど、レベルが低すぎるのか、場所にたどりつくまでに死ぬ。

 まぁ、シルバーウィーク用なので、今日はここまでだな。

 つづきのデモンズソウル(その4)は、ここ。(2009年9月22日追記) 

| | コメント (4)

俺はひげをはやしている

 のだが、朝起きて、お風呂に入って、ひげを整えようと、かみそりでひげをそったら、寝ぼけて、はやしている部分を剃ってしまった。

 おかげで、左右非対称のひげとなってしまった。対称にするためには、間違って剃ってしまった部分を剃ればいいのであるが、どうせ一週間ぐらいでまたはえてくるので、当分、非対称で我慢だ。ちょっと格好悪いが、会社と家の往復だし、車通勤なので、なんとかなるだろう。

 それにしても、寝ぼけていたとはいえ、かなり、剃ってしまったので、ちょっと恥ずかしいなぁ。

| | コメント (0)

コジマ電気

 最近は、コジマ電気よりもヤマダ電機のほうを利用する回数が多い。場所的な関係もあるが。

 昔は、近くにコジマ電気があって、利用していた。今は、わからないが、昔、コジマ電気が異常に安くて、なんで、こんなに安くできるのか? と疑問に思っていた。ある時、デジカメを買いにコジマ電気に行って、デジカメの質問や、オプションのことを店員に聞いたら、まったく答えられないのである。このとき、気が付いた。店員の商品知識の教育にコストをまったく割いてないので、安くできるのだと。このことから、他の店で質問だけして、購入は、コジマ電気で行うようになったのだが、やがて、その質問に答えてくれる店に悪いと感じたり、めんどくさくなって、コジマ電気を使わなくなった。

 ということで、ただ単に安いだけでは、だめだよ。コジマ電気の経営層は、店舗のあり方をもう一度見直す必要があるのではないか? 張り合っていたヤマダ電機に売り上げでぶっちぎられるし。今は、もう、ちゃんと店員を教育しているのかな?

| | コメント (2)

デモンズソウル(その2)

 買いました。新品を。5933円。普通に売ってた。そんなに人気でもなかったのかな? 最初、なぜこんなに中途半端な値段かは、わからなかったが、定価が6980円なので、15%引きということがわかった。

 FROMSOFTWAREが協力しているということで、期待してしまう。プレイ動画を見たら、自動セーブということで、これもいい。FROMSOFTWAREのキングスフィールドの時は、メモリカードのセーブ箇所1箇所という縛りでゲームを進めていたし、自由度がかなり高いので逆に1箇所でも詰まらないという精神的安心感があって、よかった。

 ゲームは、休みの日しかしないので、内容は、後で感想を述べるが、これで、楽しくシルバーウィークを過ごせそうだ。

 つづきのデモンズソウル(その3)は、ここ。(2009年9月22日追記) 

| | コメント (0)

ビンゴ

 biglobeのビンゴをやっているが、このかた、一回も当たった事がない。リーチにもならない。最初は、ワクワクドキドキして、どこが開くかなぁとうれしいが、終わりのほうになると、景品が少なくなっていて、どうせ、当たらないなぁ、ということになる。

 今回もやっているのだが、すでに一回目の数字発表でビンゴになった人がいたりして、なんだか、むかついてしまった。怒る理由はないのだが、自分のカードがぜんぜん効率よく穴が開かないので、ちょっといらっと来ただけ。

 今回もまだリーチになっていないが、なんとなく幸先よさそうな気がするので、何か当たってほしいなと思う。

| | コメント (0)

デモンズソウル

 シルバーウィークに備えて、デモンズソウルを買いに行ったが、売ってなかった。中古屋に。

 KILLZONE2は、普通に売っていたけど、デモンズソウルは攻略本しか売っていなかった。最初見た時、ほかのゲームと入れ物が違うなぁと思って、よく見てみたら、攻略本だったという落ち。せっかく、買おうと思ったのにがっかり。

 売っていないとなると、さらにほしくなるのが、人情。新品でもいいから買ってやろう。ていうか、新品でもまだ売っているのかな? なんか人気のゲームみたいだし、実際の販売本数も少ないみたいだから、ちょびっと不安。

 ちょっと、お店めぐりをしなければならないかも。

 つづきのデモンズソウル(その2)は、ここ。(2009年9月21日追記、22日修正)

| | コメント (0)

おなら

 最近、予期せぬところでおならが出てしまうことがある。年をとったせいかもしれない。

 別にガスがたまっている感覚がなくて、歩いているときに、ぷっ。と出てしまうのである。一人の時がほとんどだが、大人数のとこで出てしまったらいやだなぁ。しかも、出るときが、歩いときだけではなく、ふとしたときに出てしまう。身体の筋肉が緩んできているかのもしれない。

 もっと、緊張感を持って生きる必要があるのか?

| | コメント (4)

シルバーウィーク(その2)

 シルバーウィークの過ごし方が問題だ。

 おそらく、パチンコ屋さんは回収モードだろうから、行ってはいけないのだ。でも、暇だと行ってしまう。そこで、ゲームをやって過ごす予定にしてみた。友人にPS3で面白いゲームない?って聞いたら、「ないっ!」と、一刀両断にされた。変に納得してしまったのも事実。

 ニコニコ動画でゲームのプレイ動画を見て、面白そうなのを2つほど探してみた。デモンズソウルとKILLZONE2。KILLZONE2は、プレイ動画を詳しく見ていないが、Impressのゲームの記事で、何回かやっていくと突破できるとか書いてあったので、途中で投げ出さずにすむかなぁと。

 中古屋に売っていればいいのだけど。

| | コメント (0)

扶養控除

 子供手当てのために扶養控除がなくなるらしい。

 今は、まだなくならないらしいが、いずれなくなってしまうのだろう。子供のいない家庭は基本的には、増税になってしまうのか? 納得が行かないなぁ。子供のいない家庭の税金で、他の家庭の子供を養うことになるのではないのか? しかも、個人に直接お金が支払われるということで、実際には子供に使われるとは限らないっていう話しだし。

 おかしいだろうっ! やはり、保育園とか託児所とかそういうところに補助したほうがいいのではないのか? 子供手当てが増えたからといって、待機児童が減るわけでもないだろう。

 民主党政権は納得がいかん。

| | コメント (0)

Biglobe(その2)

 Biglobeの表紙のことを書いたら、NECのgatewayからのアクセスが履歴に残っていた。

 アクセスした人がBiglobeの事業部の人達かは、わからないが、表紙の勝手に開く広告がなくなっていたのは、偶然の一致だろうか。もしかしたら、ここに要望を書けば、そのとおりの修正してくれるのかな?

 1.水色の使用はやめてください。

 2.Biglobeの丸いマスコットをもうすこしかわいくしてください。光沢はやめて、単色にしたほうが、かわいくなると思います。

 3.一番右の欄は、表紙には必要ないので、縦2段のシンプルな構成にしてください。Myページを構成したいのなら、別ページで構成してください。

 4.全体的にごちゃごちゃしているので、もうすこし、表示項目を絞ってシンプルにしてください。Googleのスタートページが参考になると思うが、そこまですると広告料が取れなくなるので、それなりにシンプルに。

 5.プロバイダ接続に関することが、左の一番上にあるのは、おかしい。すでにインターネットに接続できている状況なので、わざわざその説明で左上をそれでつぶしてしまうのはもったいないので、デフォルトでショッピングとかデイリーをその欄にもって来るべき。

 これで、表紙が変わったら大笑い。変わることはないと思うけど。

 あと、すまんかった。niftyって前、書いたけど、biglobeの表紙とniftyの表紙ってほとんど同じ構成だった。なにかと勘違いしてniftyって書いたようだ。すまんかった。

| | コメント (0)

KIRIN アルカリイオンの水(その2)

 KIRIN アルカリイオンの水のラベルが緩んでいる原因がわかった。

 ペットボトルの形状が、上にいくほど少しずつ細くなっているのである。なので、ラベルを普通に貼っても緩みが生じてしまうのである。はっきり言って、今のラベルをもともと想定していたのなら、ペットボトルの設計ミス。

 ラベルを熱収縮させるつもりだったのが、原価低減で貼り付けるだけに設計変更したのか、もともとの設計者が緩みの発生に気が付かなかったのか? 俺が神経質なだけなのか?

 キリンビバレッジ株式会社よ、原因調査の上、調査結果およびその防止対策案、対策実施日程に関して、社長名にて報告書の提出を3日以内にお願いする。

| | コメント (0)

お友達がblogを

 やっているというので、URLを教えてもらって、見に行った。

 とある政党の話が面白かった。やるじゃん。やっぱり面白くなくっちゃね。俺も精進しよう。

 写真がきれいだな。やっぱ、携帯じゃだめかな。デジカメも持っているけど、普段持ち歩いてないし、俺がメインに使っているわけではないから、携帯でがまんするしかないんだけど。

 わかる人にはわかる写真があったりして、ちょっとやばめなんじゃないかい?

| | コメント (0)

オープンカー

 オープンカーって、車の屋根がないので、車内にだれでも入れると思うのだが、不都合はないのだろうか?

 たとえば、駐車していたら、小物を車内においていた場合、だれかに盗られてしまうのではないかと思う。ダッシュボードには、鍵がかかるだろうから、そこに全部詰め込むのかな?

 オープンカーって金持ちの車だから、屋根のない駐車場に保管しておくことはないとは思うが、仮に屋根なしの駐車場だった場合は、夜中に雨が降るときのことも考えて、わざわざそのために屋根の幌をかぶせて駐車するのだろうか?

 俺は、臆病者だから、盗難のことも考えると、オープンカーは絶対買えないな。その前に、買えるお金がなかった。

| | コメント (0)

24時間テレビ

 俺は、24時間テレビが大嫌いだっ!

 なんだか、感動させよう、感動させようとしているのがみえみえだからである。こう書くとかなりのひねくれものに思われそうだが、感動の押し売りなんかまっぴらごめんである。募金を募っている以上、そういう関係に走らざるを得ないのは、しかたないかと思うが、作られた感動なんか必要ないのである。普通の何の気もないような感動が本当の感動だと思うのだ。

 実際、撮影されている人たちに悪気はないと思う。悪いのはテレビ局だから、そういう人たちを責めているのではないことを断わっておく。

 ひねくれているような感じで不愉快な人には申し訳ないが、俺は、もっと自然に感動したいのだ。

| | コメント (4)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »