« 送電線 | トップページ | デモンズソウル(その4) »

グレープフルーツのガム

 大昔の話だが、当時グレープフルーツなんていう果物を知らなかった。

 駄菓子屋に行って、なにを買おうかな? と物色していると、グレープフルーツのガムがあった。でも、そのときは、グレープフルーツというものを知らなかったので、ぶどうくだものって理解して、ぶどう味だと思い込み、そのガムを買った。

 買って、口の中に入れて、噛んでも噛んでもぶどうの味がせず、なんか苦甘い味がして、なんじゃこのガム、腐ってると思って、残り全部捨てた。今、思えば、この苦甘い味がグレープフルーツの味だったのだ。

 その時は、ぶどうの味とのギャップが大きくて、どうしても食べられなかった。その当時、グレープフルーツの存在とその味を知っていたら、違和感なく食べられたと思う。

 想定した味と異なった場合、かなりまずく感じてしまう味覚というものは、不思議だと思った。

|

« 送電線 | トップページ | デモンズソウル(その4) »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 送電線 | トップページ | デモンズソウル(その4) »