« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

デモンズソウル(その47)

 早速、黒いファントム侵入。

 対人用キャラのプレイで、ファランクスの要石のところを続けていたら、本編でやったときと違うシナリオが発生して、オストラバが、「助けられたのは2回目だ。」とかなんとか言ってアイテムをくれた。対人用キャラでない本編では、そういうシナリオはなく、行き着いた場所にアイテムが落ちていたわけでもなくて、いったい何だったのか? と不思議に思っていたが、そういうことだったのかと納得した。本編では、鍵を早々に拾ったが、そのときすでにオストラバが死んでいたんだろうな。

 とか、やっているうちに、黒いファントムが侵入しましたと表示され、一瞬どきっとしたが、対人キャラなので、このまま受けて立とうと思い、青いファントムさんを2人呼んだ。黒いファントムを探している途中で、青いファントムさんが1人、自分の世界に戻ってしまったので、心細くなったが、一人ではないということで、がんばって、やってみた。

 黒いファントムを見つけたとたん、一瞬逃げてしまったが、逃げてはお話にならないので、果敢に特攻しに殴りに行ったら、火柱が多数発生する魔法にやられて、HPがほとんどなくなった。そこで、速攻、草で回復するにも、回復途中で、切られて「YOU DIED」となった。その瞬間、応援の青いファントムさんが黒いファントムをやっつけたようで、「黒いファントムが滅びました」という表示が出たのだが、惜しかったなぁ、あと一瞬、死ぬのが遅ければ。残念。

 まぁ、こんなもんだと思うが、このキャラでは、LANケーブルは抜かず、来るものは拒まないのだ。その分、青いファントムさんを呼ぶのだ。

 つづきのデモンズソウル(その48)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その46)

 対人用キャラでボーレタリア王城のファランクスのデーモンをやっつけたら、スタート地点の左側の閉まっていた扉が開いて、行けるようになっていた。

 デーモンをやっつけて、生身の身体で行けば入れるようになっているのかな? 初めて行くところだからドキドキだった。最初の大量にあるアイテムの光の所に行ったら、NPCの黒いファントムが3体出現してびっくりした。幸い、ソウルを全部体力に割り振っていたのと、1体、1体おびき出すことができ、やっつけることができた。その次に、一個だけあるアイテムの光の所に行ったら、今度は5体も出現。これも、1体ずつおびき出して処理した。

 地面にメッセージが書いてあったので、読みに行ったら、まだ、行けるところがあるみたいだったので、進んでみたら、急に声がしてびっくりした。ミランダとかなんとか言っていたような気がするが、ちょっと調べたらミラルダだった。どういう人物か知らないが、三角の剣を持っていて、声を聞いたらお婆さんかなと思っていたのだが、お婆さんらしくない動きだった。こっちの攻撃で5とか6とかしかダメージを与えられなかったので、現時点での戦闘はちょっと無理かな。遠距離魔法があれば、いいけど。あ、弓があったけど、トマスに預けちゃって使えないし、敵は動きまわるので当たるとは思えない。いったん楔の神殿にもどって体制を整え、再びその場所に行ったら、ミラルダが出てこなくなった。どうなっているのか?

 ソウル傾向が白になれば、閉まっている扉が開くのはわかったが、 生身の体になれば、塔のラトリアの2階の鍵も手にはいるのかな?

 つづきのデモンズソウル(その47)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その45)

 対人用キャラ作成。

 ちょっと、本編は行き詰った感がある(どうあがいても、最後のところが走り抜けられない)ので、対人用キャラを作ってみた。作ってみたと言っても、仕上げるのはこれからだけど。本編用は、ソウルをまんべんなく配分したので、オールマイティだが、はっきり言ってその分、あらゆるスキルが中途半端。これだと、対人は厳しいかと思い、特定スキルに特化したキャラを作成し、対人戦に挑むことにした。

 第一の目標は、体力を99まで上げる。どれくらい時間がかかるかわからないが、試してみよう。ここで、再び報告できればと思う。

 本当は、各職業のキャラを作りたかったのだが、4つしかセーブできないみたいなので、ちょっとがっかりしている(HDDなんだから、少なくとも10個ぐらいはセーブ領域を確保できると思うのだが)。衣装がかっこいいので女盗賊にしてみたけど、本当は、どの職業が対人向きなのかなぁ。それとも、初期値が違うだけで、ソウルの割り振りで自由にできると考えたほうがいいのかな。それなら、いいけど。

 実際には、キャラで勝つのではなく、最終的には、自分の腕前の話なんだけどね。

 つづきのデモンズソウル(その46)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その44)

 アイテムがあるのが分かっているのに取れない。

 塔のラトリアの2階はもちろんだが、ボーレタリア王城のスタート地点から階段を上がったところから見える多数のアイテムの光。ストーンファング坑道の最終地点の超巨大な竜と戦ったところにも炎で包まれたような剣が見るのだが、折れて倒れた柱が邪魔をしてその剣のところまでたどり着けない。嵐の祭祀場の審判者の要石のところの井戸みたいな穴からのぞいたところにアイテムの光が見えるが、とがったところの頂上に死体とともにある。その場所には登りきれないので、取れない。これらを取る方法はあるのか? 一周目では取れないのか?

 ボーレタリア王城の屋上の赤目の騎士がいるところのめちゃめちゃ強い騎士に挑んでみた。剣で交えるのは、おそらく即死するだろうから、魔法でちまちまやってみた。そしたら、その騎士のHPが半分ぐらいなったところで、認めてやるとか言われて、剣をもらった。それから、戦いを挑んでないのだが、そのまま放置でいいのかな? 悪者じゃなさそうなので、放置が正解か。仮にやっつけたらどうなるのかな?

 アイテムがあるのに取れないのが非常にもどかしい。

 つづきのデモンズソウル(その45)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その43)

 今着ている鎧はイカ頭。

 かっこいいデザインの鎧はないのか? 初期のころに来ていた鎧のデザインのほうがいいぞ。なんか、アンテナみたいな角といい、イカを想像させるような扇状の形状といい、着てて恥ずかしい。

 青いファントムや黒いファントム達は、よろいなんか着てないのではないか? 鎧を着ていなくても大丈夫なほど防御力が高いということなのか? そこまで精進しないといけないのか? とにかく、かっこいいデザインの鎧がほしいのだ。

 そろそろ終わりそうな気がするが、塔のラトリアの2階の鍵はどこにあるのか? 部屋の中にアイテムがあるし、ソウル体の兵士を助けていないのだが。

 あと、残っているMAPは、たぶんつらぬきの騎士の要石のところだけなので、いよいよ終盤に来た。その前に、取れそうなアイテムは全部取っておきたいし、地面のメッセージでソウル傾向が白だととおりぬけられるとかいうのが記載されていたりするので、行けそうなMAPがあるのだが、どうすれば、行けるのかわからない。どうすればソウル傾向が白になるのかがわからない。

 そろそろ終わりなので、全MAPをおさらいしてみよう。そういえば、ヒル溜りの要石のでかい包丁を持ったNPCの黒いファントムをやっつけていなかった。ボーレタリア王城の屋上の赤目の騎士がいるところのめちゃめちゃ強い騎士もやっつけていなかった。この騎士は、やっつけることが可能なのか?

 つづきのデモンズソウル(その44)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (4)

デモンズソウル(その42)

 塔のラトリアのデーモンになってみた。

 5戦5敗。俺の相手をした人たちは、ラッキーだね。へなちょこデーモンだ。て言うか、俺が身の程知らずって言う感じなのかな? いろんな人がいるね。といっても5戦だけだけど。

 アレックスさんの言うとおりに、誰にもみつからなそうな所で青い瞳の石を使ってみる。最初は、よくわからなかったので、石を使ったあとそのまま戦闘を続け、石を使った場所から離れていったら、ソウルサインが消えました、という表示がされて、その場にとどまっておかなければならないことに気がついた。

 もう一度、青い瞳の石を使って、その場にとどまること1~2分。えらく長く感じたが、召喚されていますというメッセージが表示されて、ドキドキした。そして、黒いファントムとして別世界に移動しますとかいうメッセージが表示され、いよいよだなと思った。ムービーが流れたがキャンセルしようとスタートボタンを押したら、キャンセルできなかった。

 遠くでNPCの黒いファントムのち~んという鈴の音がし、その世界のプレイヤーがNPCの黒いファントムを撃破している音が聞こえる。なぜかしら、手から汗がにじみ出てきた。コントローラをタオルでぬぐい、いよいよ戦闘かと思った時、2人入ってきてびっくりした。しかも、2人とも青いんですけど。もともとの世界の人がどう見えるか分からないので、どっちかが、もともとの世界の人なのかな? あら~、2人相手ですかって、こっちは、デーモンになったのは初めてなんですよ、なんて手加減してくれる訳もなく、20~30秒は持ったと思うが、見事死んだ。

 20000ソウルほど持っていたので、死んだら、全部なくなっちゃうのか? まぁ、仕方ないないなぁ、なんて、思っていたら、死んで、もとにもどされたら、ソウルがなくなっていなかった。あれ? デーモンになって死んでも失うものがないのか? リスクがあるとデーモンになりたがらない人が多くなるなら、それを警戒してリスクゼロにプログラミングしたのかな?

 2戦目も2人だった。このときは、1人は青かったが、もう一人は普通だったのだけど、ソウル体でなく生きていたということなのかな? デーモンとまったく同じターバンみたいなものを頭に巻いていたから、結構やりこんでいる人なのかな?(デーモンのターバンはどうしたら手に入るのだろう?)  これも、頑張ったけど、負けた。

 3戦目も負けた。即死に近かったので、よく覚えていない。

 4戦目は、4~5分戦っていたので、これはいい勝負だったと思ったが、手が疲れてきたのと汗でコントローラの操作が滑ったのと、自分のHPを確認できないほど集中していたので、気がついた時には、回復が間に合わず、負けた。これは、非常に悔しいなぁ。相手は、魔法も結構使っていたので、力で押せば勝てそうだったのだが、手が疲れてしまったのが、敗因。もっと、手を鍛えなければ。

 5戦目も、頑張ったんだけど、負けた。惜しかったなぁ。こちらは剣の勝負だったんだけど、相手のほうがすこし威力があるやつだったなぁ。後ろをとられちゃったし。

 リスクがないのなら、どんどん、ここのデーモンになって対人してやろう。ていうか、勝てる日は果たして来るのか?

 つづきのデモンズソウル(その43)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (3)

デモンズソウル(その41)

 2回目の対人。

 つらぬきの騎士の要石をやっていたら、黒いファントムに侵入された。そしたら、攻撃して来ずにどこかに隠れられた。つらぬきの騎士の要石のところは、NPCの黒いファントムが2体いるので、それを応援にして戦おうという魂胆だなというのが、わかった。PCの黒いファントムが隠れている間に、青いファントムを呼んだ。もう一体呼べばよかった思う。

 だいたい、初めてのMAPだったので、遠目でしかNPCの黒いファントムの形状を確認にしていないので、どれが、PCの黒いファントムか見分けがつかない。敵は、それが狙いなのだが。術中にはまった。(でも、再びその場所に行ったら、NPCの黒いファントムがいなくなっているので、たまたまだったのかも知れない。)

 どれが、PCの黒いファントムかよくわからない状態で戦っているうちに、回復が間に合わず死んだ。残念。まぁ。レベルを上げた直後で所持ソウル数が100にも満たない状態だったので、悔しくはないが、ソウル体に戻ってしまったのは、やっぱり悔しいかな。

 これから、生身の体になったら、ばんばん青いファントム呼んじゃお。そのためには、身振り、手ぶりの練習をしなければ。

 つづきのデモンズソウル(その42)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その40)

 青いファントムを呼んだ。

 不潔の巨像の要石のところで、悲しげなデーモンが自分で死んで、生身の体にしてもらったのと、つらぬきの騎士をやっつける自信がなかったので、青いファントムを初めて呼んだ。

 ちょっと、待っていたら来てくれた。服装が鎧じゃなくて、シルクハットをかぶって、カジュアルな雰囲気でかっこいい。身振り手ぶりの練習をしていなかったので、挨拶がかなり遅れてしまって申し訳なかった。つらぬきの騎士にたどり着くまえに雑魚をやっつけている途中に、黒いファントムが侵入してきた。ドキドキしたが、2対1だし、勝てるかなぁと思っていたら、勝てた。よかった。

 黒いファントムを倒した後、つらぬきの騎士のところに行ったが、その途中も、青いファントムさんは、動きがぜんぜん違うのね。熟練者っていうか、無駄のない動きというか、ほぼ一撃で雑魚をやっつけている。

 青いファントムさんは、つらぬきの騎士に対しても、後れをとることなく、果敢に攻撃し、俺はその横からつらぬきの騎士を叩いているっていう感じ。その青いファントムさんのおかげで、無事、つらぬきの騎士をやっつけることができました。っていうか、やっつけてもらったって言うほうが正しいのだが。とにかく、ありがとうございます。助かりました。

 つらぬきの騎士との戦いが終わったあと青いファントムさんに対する評価をつける画面がでて来たのだけど、評価の付け方がわからず、デフォルト設定のまま、評価しちゃった。よかったのかな?

 黒いファントムとの対戦も、あっさりしていたし。チャット機能がない分、罵られることもないので、そんなに恐怖症になることもないかも。

 つづきのデモンズソウル(その41)は、ここ。(2009年10月26日追記)

| | コメント (4)

デモンズソウル(その39)

 不潔な巨像の要石のデーモンをやっつけた?

 武器のレベルをあげたあと、つらぬきの騎士に挑戦してみたが、刃がたたない。ソウルの回収もできないので、気をとりなおして、まだMAPを進めていない不潔な巨像の要石に行ってみた。

 でかい金づちみたいなものを持っている敵がいたので、やばそうだから、逆方向に進み、下に下りてみたら、赤い子供みたいなのが、まとわりついて来て、身動きできず、疫病かなにかで死んだ。この敵は、いかんだろう。不気味すぎる。のっぺらぼうだし。再度、疫病を治す寡婦のロートスを持っていって、魔法で赤い子供みたいないものをやっつけていったが、切りがない。いずれ、敵に囲まれて身動きできずに死ぬ。もう、相手にするのはやめた。

 たまたま、迂回した通路のほうの地面に狙撃できる場所とメッセージが表示されているのに気がついたので、ここから、でかい金づちをもった敵を狙撃できるのかと思って、でかい金づちを持った敵のほうを見たら、その敵がいなかった。

 そこで、その敵がいた道を進んでいくと、敵の位置が変わっていたようだ。すこし遠くに敵がみえるので、魔法で攻撃してみた。与えるダメージは少ないが、無傷でやっつけられそうなので、魔法攻撃を根気よく、敢行し、やっとやっつけることができた。ふ~。

 奥に進むと、女性がいたので、おそらくこれがデーモンと思われるが、なんだか淋しげ。話しかけたら、なんか、自分で死んじゃった(weep)。

 14回目の生身の体になったのだけど、なんとなく悲しい感じがした。

 つづきのデモンズソウル(その40)は、ここ。(2009年10月26日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その38)

 タカアシ鎧蜘蛛の要石のところを散策。

 つらぬきの騎士をやっつけるべく、武器のレベルを上げるため、鉱石を探しにタカアシ鎧蜘蛛の要石に行ってみた。ここは、一気に地下に下りてしまって、デーモンをやっつけたので、今になって考えると、途中のMAPをショートカットしたような感じになっていた。

 タカアシ鎧蜘蛛の要石をちょい進むと、右に進んで敵をやっつけ地下に下りて行くのだが、地下の洞窟の中を通り抜けると、外にでるところがあって、巨大ミミズと飛ぶ丸虫が多数いるところがあり、そこを進んでみた。最終的には、タカアシ鎧蜘蛛の要石をちょい進んだ左から爆発するトロッコがくる道につながっていた。びっくりした。

 なんとか敵をやっつけて、目当ての鉱石がたまたま手に入ったのだが、途中、落下して生身の体からソウル体に戻ってしまった。残念。

 赤黒い丸虫や、飛ぶ丸虫、小型の丸虫や、巨大ミミズみたいのものがいたが、魔法のソウルの矢でなんとかやっつけることができた。魔法の素が一気に20個なくなったけど。途中、NPCの黒いファントムもいたが、勝てるかわからないので、大きなエレベーターに乗って逃げたら、青い光が体を包んだので、たぶん、エレベーターの穴に落ちて自滅したと思う。タカアシ鎧蜘蛛の要石をちょい進んだ左から爆発するトロッコがくる道へつづくところでは、でぶっちょの炎を手からだす敵がいて、やられそうになった。

 ソウル体に戻ったのは残念だが、武器のレベルも一段階あがったので、よしとするか。

 つづきのデモンズソウル(その39)は、ここ。(2009年10月26日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その37)

 炎の潜むものの要石のデーモンをやっつけた。

 マンイーターの要石のPCと思われるデーモンをやっつけたのち、ちょっと、レベル上げのために審判者の要石に行ったら、ちょっとした不注意で、大きな鎌を持った敵のレーザー砲にやられて、ソウル体に戻ってしまった。自分自身にムカつくが、しかたない。

 約50000ソウル持っていたのだが、回収途中でも不注意で死んでしまい、50000ソウルがパ~になった。もう、やけくそになって、炎の潜むものの要石に行って、デーモンをやっつけることにした。

 最初、敵を見たときは、超巨大だったので、ビビったが、左右に巨大な矢の武器があり、それを使用することによって、比較的容易にやっつけることができた。よかった。

 13回目の生身の体になったわけであるが、つらぬきの騎士をやっつける自信がない。なんとかなるのか?

 そろそろ、ゲームとして終盤に近づいてきているような気がする。

 つづきのデモンズソウル(その38)は、ここ。(2009年10月26日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その36)

 マンイーターの要石のデーモンをやっつけた。

 よくわかっていないのだが、ここのデーモンが、以前アレックスさんがコメントで書かれていたPC(プレイヤーキャラクター)の黒いファントムなのだろうか? 毎回、デーモンの装備する武器が変わっていたし、HPも毎回大きさが違っていたような気がする。

 生身の体で、長いらせん階段を上って行く途中に、黒いファントムに侵入されましたと表示されたが、まぁ、しかたないかなぁとプレイを続けていたら、らせん階段上のNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の黒いファントムにやられちゃった。残念。なかなか、対人デビューは難しいなぁと思って、とりあえず、ソウル数も少ないし、ここのデーモンに挑戦してみるかなぁと、ソウル体になった状態で改めて、らせん階段を上って行った。

 そしたら、ソウル体にもかかわらず、黒いファントムに侵入されましたと表示されたので、バグなのかなぁ? と思って、FORM SOFTWAREもやってしまうんだなぁと気にもせず、NPCの黒いファントムを2体やっつけて、デーモンの所に到達。戦闘態勢に入り、ほぼ即死状態で死んだ。2回目の時も名前の違った黒いファントムに侵入されましたと表示されたので、???となり、3回目も名前の違った黒いファントムだった。

 1回目は、大きな包丁と大きな盾を持ったデーモンだったが、2回目は、短い槍をもったデーモンで即死させられた。勝利した3回目は、何の武器を持っていたのかわからなかった。なんか、黄色い玉が浮かんでいたが、何か魔法だったのだろうか? 毎回、デーモンの動きが違ったので、たぶん、ここのデーモンがPCの黒いファントムだと思うのだが、違うのかな?

 逆にここのデーモンになるのは、どうすればいいのだ? やはり本当は、NPCのデーモンで、プログラム上でPCの黒いファントムのように見せているだけ、っていうことはないよね?

 つづきのデモンズソウル(その37)は、ここ。(2009年10月26日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その35)

 また、やっちまった。

 つらぬきの騎士をやっつける大チャンスを逃したような気がして、ちょっと落ち込んだので、ぶらぶらしていたのであるが、持ちソウルも少ないので、タカアシ鎧蜘蛛の要石のデーモンに挑戦しみた。

 霧のカーテンを抜ける前に、ちょっと攻撃力があがる魔法をかけて、攻撃してみたら、思いのほか敵に与えるダメージが大きかったので、いけるかな? と思い、剣を振り回し、逃げて回復し、剣を振り回しっていうのをやったら、何とか勝てた。

 逃げ回っている途中に柱の裏側にアイテムがあるのを発見。取得しようとするも、重量が重すぎて、持てません的なメッセージが表示され、後で改めて、取ろうと思っていのだけど、デーモンをやっつけた後、すっかりそのことを忘れて、楔の神殿にもどってしまい、そのアイテムがパ~になった。死んだのならまだしも、デーモンをやっつけて生き残ってこのざまだ。また、やっちまった。一体、何を考えているのか。ボケ倒している。非常に残念。たぶん、防具か剣だったと思うのだが、早く防具を着替えたいと思っているのにこれだ。処置なし。

 これで、11回目の生身の体になったのだが、今まで、対人を嫌っていたが、どんなもんか、ちょっと試してみようかなと、思う。

 つづきのデモンズソウル(その36)は、ここ。(2009年10月26日追記) 

| | コメント (4)

デモンズソウル(その34)

 やっちまった。

 塔の騎士の要石のデーモンであるつらぬきの騎士をやっつけようと、がんばってみた。

 そのまえに、なんだか、わからないうちに、鍵を入手し、その鍵を使って、地下かどこかの檻に閉じ込められていた騎士を救出していたのであるが、その騎士がスタート地点(楔の神殿)に戻っていて、胡坐をかいて座っていた。ここまでは、よかったが、なんとかつらぬきの騎士のいるところまで、たどりついて、やっつけようと霧の扉に入ったら、いつもと、つらぬきの騎士の動きが違うのである。

 いつもなら、つらぬきの騎士に追い回されるのであるが、一向においまわされず、遠くでなんだか知らない者と戦っているようで、勝手につらぬきの騎士のHPが減って行っているのである。遠くからぼ~っと見ていたら、つらぬきの騎士と戦っていた者が負けて死んだみたいだ。理解できていない状態で、つらぬきの騎士がこちらを攻撃しだしたので、逃げ回って、回復している途中で、胸を貫かれて死んだ。

 体勢を整えようと、楔の神殿(楔って「くさび」と読むのね、しらなかった)にもどると、助けた騎士がいないのである。しまった。つらぬきの騎士と戦っていたのは、助けた騎士だったのかっ! その騎士が死んだときにアイテムを落としていたようだが、拾いに行ったら重過ぎて回収できなかったので、また、あとで取りに来ようと安易に考えていたら、死んだ時点でアイテムが消えてしまうことを忘れていた。ショックでかい。なんか、光った盾と剣のマークだったので、武器か防具に違いないのだが、それが回収できなかったことが、非常に悔しい。これが、自動セーブの恐ろしさである。今回は、もう回収できないのだろうな。2週目では、回収しなければ。

 その騎士と一緒につらぬきの騎士を攻撃していれば、やっつけられていたのかも知れない。これも、非常に悔やまれる。攻略方法を一切調べず、プレイしているので、仕方ない。そのアイテムがよろいとは限らないが、今のよろいはかっこ悪いので、早く、着替えたかったので、残念。どんな防具か武器だったのかなぁ?

 ていうか、最大のチャンスを逃して、今後、つらぬきの騎士をやっつけることはできるのか?

 つづきのデモンズソウル(その35)は、ここ。(2009年10月19日追記) 

| | コメント (2)

デモンズソウル(その33)

 マンイーターをやっとやっつけた。

 嵐の王をやっつけて、生身の体になったので、魔法の素を集めるため、オフラインで一所懸命に嫌な塔のラトリアでタコ頭をやっつけていたら、急に便意をもよおした。このまま放置だと死ぬ可能性があるので、スタート地点に急いで走って戻ろうとした。このとき、すでに西側か東側のどちらにいるかも気にしないほど、あせっていたので、そのまま廊下を走って行ったら、落下して死んだ(crying)。声もでなかった。超もったいない。

 しかたないので、トイレに行った後、もうやけになって、愚か者の偶像の要石のデーモンをやっつけに行った。1体だとなんとか耐えられそうだが、2体の同時攻撃を食らうと、回復が間に合わず、死ぬ。最初、入り口の霧の扉のすぐ近くで戦っていたが、それだと、物理攻撃を受けた時に同時に吹き飛ばされて落下してしまう。これを数回くらって、嫌になって、奥に走って進んでみた。そしたら、奥にも霧の扉があって、その両脇はちょっと壁が突き出ていて、落下しにくくなっているのに気がついて、そこで、戦うことにした。

 それでも、物理攻撃を受けると落下しそうになるので、すぐロックを外して、中心にもどるようにしたことにより、落下しにくくなった。しかし、2体同時にくると回復が間に合わないので、なんとか1体づつ処理できないかと、通りすがりさんに大ヒントをもらった嵐の祭祀場のデーモン攻略と同様に盗人の指輪をはめて、敵に気付かれにくくした。効いたね。2体同時にたまに来ることがあるが、1体でもなかなか気付かれなくなった。遠くのほうでマンイーターが足ふみしているのが見えるので、一発叩いては、速攻、霧の扉のところに戻るというのを繰り返し、実際、1時間ぐらい戦っていたのかなぁ。やっと、やっつけることができた。うれしかったという前に疲れた(sad)。

 これで、10回目の生身の体になったわけだが、ソウルの数が中途半端だったので、審判者の要石のところで、一往復、5000ソウル稼げるので、数回往復して、ソウルレベルを上げようとしていたら、神のタリスマンと剣を間違えて、神のタリスマンで攻撃をしてしまい、スタート地点に戻りますか? とかいう意味の表示が出て、意味が分からず、一瞬動きが止まってしまった。このとき、透明の敵に下に落とされ、たぶん大きな鎌をもった敵の攻撃だと思うが、レーザー砲を受け、回復が間に合わず、死んでしまった(weep)。

 まぁ、こんなもんだと思う。

 つづきのデモンズソウル(その34)は、ここ。(2009年10月19日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その32)

 嵐の王を撃破。

 古い勇士の要石のところの霧の扉に入ったら、いきなりデーモン戦だった。いきなりは、ないと思ったが、いきなりなのね。生身の体で戦ったので、HPがいつもより多い分、なんとかなるかなぁ?なんて思っていたら、超大型の空飛ぶエイのピンク色の矢で、一撃ではなかったが、二撃ぐらいで死んだ。残念。

 安全な場所をまず確保すべく、壊れた建物の残骸にこもり、攻撃を受ける際には、その中の壁の隅に立ち、攻撃がやんだら、中央に出て攻撃というのを繰り返したら、なんとか勝てた。非常に重要な武器を入手するのは、死なずにすんだのだけど、この場所を探すのに何回か死んでしまった。

 これで、9度目の生身の体になった。

 そういえば、嵐の王と戦う前に、生身の体で、愚か者の偶像の要石で助けた戦士に会いに行ったら、「俺は暗殺者だ。次はお前の番だっ。」とか言って攻撃してきたので、対抗してやっつけてしまったのだが、よかったのだろうか? 伏線も何の説明もないので、どういう話か皆目わからん。その戦士が着ていた防具が手にはいったのだけど、デザインが今一つ。角みたいなのが、なんとなくかっこ悪い。比較的いい防具はこれしかないので、デザインが悪いが当分はこれで、がまんか。早く、新しいいい防具が手に入ってほしいな。

 つづきのデモンズソウル(その33)は、ここ。(2009年10月19日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その31)

 審判者の要石のデーモン撃破。

 嵐の祭祀場のデーモンをやっつけたので、そのつづきの審判者の要石の攻略をつづけている。っていうか、他のMAPが暗くていやなので、比較的明るいMAPをやっているだけ。

 ここも、地形が敵。崖や、橋みたいなところが多い。落ちないように注意しないといけないが、敵を攻撃するときにどうしても前進してしまうので、その時に落ちてしまう。コントローラをかちかちやっていると、ついやりすぎてしまう。

 ここでは、地面のメッセージにだいぶん助けられた。右とか左とか、背後に注意しろ、見えない敵に注意しろとか書かれていて、非常に助かった。一撃で死んでしまうところで、そういうメッセージがあるので、死ぬときもあるけど、助かるときもある。2回目以降は、うまくやれば死なずにすむ。オンラインの醍醐味ですな。一人でゲームをやっているのではないという、連帯感みたいなものがある。

 デーモンのところのたどり着き、本当は、撃破っていうほどのものではなくて、いつものごとく、遠くから魔法攻撃でちまちまやっつけた。こちらにほとんど攻撃してこないので、なんとか勝つことができた。

 これで、8回目の生身に体になったわけであるが、対人プレイを許容するか、どうするか、悩み中。

 ところで、スタート地点にいた人たちが2、3人いなくなっているのだけど、どうしたのかな? なんか暗いところで祈り続けているのでしょうか?と言っていた人と、魔法を教えてくれた人がいなくなってる。奇跡を教えてくれた人も、人が変わったように思うのだけど。う~ん、どうなっているのだろう?

 つづきのデモンズソウル(その32)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その30)

 なんだか、攻撃力が低下。

 手の丸い塊にやられてから、ソウル体に戻ったのだけど、普通ソウル体に戻ったら、攻撃力が上がるはずなのに、上がらず、生身の体の攻撃力と同じになってしまった。なんか、敵を攻撃しても、なんとなく、ワンテンポ遅れた感じがするので、気がついたら、そうだった。

 なぜに? なんか、ペナルティを食らったのか? とか、思っていたら、ソウルの傾向だった。嵐の祭祀場ですこし違和感を覚えたのだが、その嵐の祭祀場のソウルの傾向が、画面で見たときにいつもなら白く光っているところが、光っていなくて、曇っていた。ソウルが黒い傾向になって、敵が強くなっていたのだ。

 この微妙さが、うまく作られているなぁと感じた。なんか、ちょい違うぞ、っていうこの感じ。製作者サイドでは、結構、バランス調整に時間を費やしたのではないかと思う。それゆえに、ヒットゲームとなったのであろう。

 中古でなく、新品のデモンズソウルを買ってよかった(happy01)

 つづきのデモンズソウル(その31)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (7)

デモンズソウル(その29)

 対人プレイへの挑戦。

 嵐の祭祀場のデーモンをやっつけたので、7回目の生身の体になった。毎回、黒いファントムがくるとLANケーブルを抜いているわけだが、ちょっと、対人プレイってどういうものかというのを知りたくなったので、ソウルレベルがもう一つあがったら、対人プレイをしようかな? と、せっせと嫌な塔のラトリアに行って、魔法の素を取得しつつソウル稼ぎをしていた。

 一番地下の手の塊の丸いやつをやっつけて、なんとか、ソウルレベルが上がるところまでソウルを稼げたかな? と思い、攻撃しようとしたら、注意していたはずなのに、多数の手の物理攻撃を受け、なおかつ、逃げようと思ったら壺がある場所とわからず、壺に引っかかって、あたふたしているうちに、あえなく死亡した。

 これで、ソウル体に戻ったので、対人デビューはできなくなった。 せっかく、対人を頑張ってやろうと思ったのになぁ。めちゃめちゃ、残念だなぁ。あぁ、残念(bleah)。

 つづきのデモンズソウル(その30)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その28)

 嵐の祭祀場のデーモンを撃破。

 ヒル溜まりの要石のデーモンをやっつけて、生身の体にもどったので、オンラインでやるかオフラインでやるか迷っていたが、オンラインで続行した。ソウルを抑える指輪をしてみたけど、やはり、黒いファントムが侵入してきた。怖いのでディスクアクセスがないことを確認して、LANケーブルを抜いた。毒の時といい、指輪って気休め程度なのかなぁ。

 ヒル溜まりの要石の行っていないところに行くために、解毒の貴族のロートスをいっぱい稼ぐためにオフラインで嫌な塔のラトリアを行ったり来たりしていたのだが、毒に刺された回復途中でタコ頭の敵に不意打ちで攻撃され、解毒のために右手武器が神のタリスマンになっていることに気がつかず、攻撃ができないとあせって、結局死んでしまった。元のソウル体に戻ってしまった。残念な反面、ほっとした。

 ソウル体になって気が楽になったので、オンラインにして、コメントに書いてくださった通りすがりさんの大ヒントを手掛かりに嵐の祭祀場のデーモンをやっつけに行った。霧の扉をくぐり抜け、ちょっと進んでデーモンの頭をロックオンした。火の魔法で攻撃したが、地面に当たってしまい、デーモンにまで到達しなかったので、すこしずつ前に進んだら、物理攻撃を受けた。このとき、地面が少し割れたので、魔法攻撃がしやすくなった。

 頭を攻撃し、攻撃が終わったら、速攻、入り口の霧の扉の右側に移動し、落ち着いたら、また頭を攻撃し、っていうのを十何回か繰り返して、やっと、倒せることができた。通りすがりさんありがとうございます。助かりました。

 デーモンを倒した後も、オンラインのまま、審判者の要石を継続していたら、やはり黒いファントムが侵入してきた。デーモンを倒したソウルをそのまま持っていたので、速攻、LANケーブルを抜き、オフラインで継続した。

 なんだか、ゴーストみたいな透明な敵や、大きな鎌を持った敵がいて、ビビって魔法攻撃していたら、物理攻撃のほうが威力が高いことに気が付き、ちょっと余裕になった。生身の体なので、HPが比較的大きいので、少々のダメージを受けても大丈夫だから。大きな鎌の敵をやっつけると透明な敵がいなくなった。大きな鎌の敵が親分だったのか。そんな気がしてたけど。

 敵がいなくなったので、ちょっとアイテムがないかなと、うろちょろして、穴をのぞいてみたら下にアイテムの光が見えた。いつもなら、大丈夫かな?と用心するのだが、大きな鎌の敵をやっつけられたので、ちょっぴり注意力がなくなり、そのまま穴を下りた。そしたら、NPCの黒いファントムが出てきてびっくりした。やみくもに剣を振り回したら、なんとか、やっつけることができた。これも、生身の体のHPの大きさのおかげである。ソウル体なら死んでいた(ソウル体で死ぬというのもなんだか変な感じがするが)。このとき、妖刀「誠」を手に入れた。

 Satsukiとかいう人が、嵐の祭祀場に入るときに、そういえば、誠という剣がほしいとか言っていたなぁ、というのを思い出した。渡しにもどったら、切れ味がどうのこうのと言い出したので、攻撃されるのかと思い、盾で防御するつもりが、左手は盾の装備ではなく、銀の触媒を装備していたので、火の魔法攻撃をしてしまった。Satsukiを怒らせてしまったようだが、なんとか、剣を振り回して勝つことができた。でも、やっつけてしまってよかったのだろうか?

 Satsukiの件は、不安材料だが、懸案だった嵐の祭祀場のデーモンをやっつけられてよかった。

 つづきのデモンズソウル(その29)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (4)

デモンズソウル(その27)

 ヒル溜まりの要石のデーモン撃破。

 行くところがほとんどなくなったので、まだデーモンの居場所が分からないヒル溜まりの要石を改めて行ってみた。毒にすぐ犯されるので、貴族のロートスを66個持って行った。ブラックレザーや毒から守ってくれる指輪は着用しなかった。66個なんかすぐなくなる。ちょっと、使い方を誤ったかもしれない。!POISINED!ってなったら、すぐ貴族のロートスを使ったが、もっとHPが減ってから使ったほうが、効率がいいかも。

 相変わらず、真黒な池か湖かわからんが、やみくもに進んで、木の防波堤見たいなものに沿って、歩いていくと、霧の扉が見えた。おぉ、新しいMAPかっ!とすこしうれしくなったが、近くにでかい敵がいてビビった。

 何とかでかい敵をかわして霧を通り抜けたら、また、訳のわからない迷路見たいなところだった。最初に売店の子持ちのお母さんがいたのだが、ものを買わなかったら、怒り出してびっくりした。その上、勝手に毒ガスか何かに犯されて、死んでしまったのだが、助けることはできたのだろうか? 勝手に死なれても困るのだが、ひやかしのバチがあったのか、何かのペナルティなのか?

 ドキドキしながら歩いていると、また、霧の扉が見えた。ちょっと前にデーモンが近いぞという地面のメッセージがあったので、入るかどうか迷ったが、ここまで来た道順を理解していないし、持ちソウル数も少なかったので、突入してみた。

 入り口から遠くになにかへんな形のものがいるのがわかったが、一撃で死ぬのは、嫌なので、魔法攻撃してみた。最初は、当たってるような感じなのに、ダメージを与えられなかった。なんか、黒いもやもやにデーモンがおおわれている時は、防御するみたいだった。もやもやがないときに魔法攻撃したら、当たった。そしたら、デーモンが黒い何かを撃ったのだが、逆方向に撃っているようだったので、デーモンの背後から魔法攻撃しているのがわかった。太いほうの手が向かって右にあるときが、後ろを向いている時のようだ。

 ヒットアンドアウェー方式で、30分ぐらいかかって、やっつけることができた。魔法攻撃がしょぼしょぼだったので、撃破っていうのはちょっと恥ずかしいかな。

 何はともあれ、久しぶりにデーモンをやっつけられた。6回目の生身の体になった。また、新しいMAPに行けなくなった。でも、これで、青いファントムを呼べる。

 つづきのデモンズソウル(その28)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その26)

 タカアシ鎧蜘蛛の要石に挑戦。

 もう、どこのデーモンも強すぎて歯がたたなそうなので、だいぶん前にちょっと覗いてみたタカアシ鎧蜘蛛の要石に行ってみた。前よりは、成長していたので、ちょっとだけ進めるのは楽になったが、赤黒い丸虫は、防御力が高すぎて、やっつけるには、かなりの労力を食ってしまう。

 一番下にたどりついて、でかい霧のカーテンがあるところが判明。たぶんデーモンだなと思って、どうせ生きては帰れないから、装備も整えず、突入。

 ムービーがすごくかっこよかった。ファランクスの要石の巨大騎士のムービーもよかったが、こっちのほうがよかったかな。敵が荒々しいことが一目でわかるムービーだ。もう、すでにゲーム進行の話ではなく、ムービーの論評に逃げつつある。逃避行動に入っている。やばい。

 デーモンを攻撃するのだが、デーモンの攻撃を受けるとこちらの存在位置や体勢が火の光でまったく見えず、反撃しようにもどう反撃しているのか見えないし、回復も正常にできているのか、よく見えない。落ち着いてやれば、見えるのかな。

 どちらにしようが、たどり着けるデーモンすべてに対して、苦戦を強いられている。塔の騎士の要石以降は、巨大なソウルを持っていないとダメって言われるし、完全に詰んだな。

 最後の手段で青いファントムを呼ぶしかないのか?

 つづきのデモンズソウル(その27)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その25)

 ヒル溜まりの要石の再挑戦。

 嵐の祭祀場や愚か者の偶像の要石のデーモンになかなか勝てないので嫌気がさし、その攻略は、いったん置いといて。

 装備を今一度確認してみたら、ブラックレザーという装備の他にブラック防具が2つほどあった。ブラックレザーは、毒をから身を守ってくれるらしい。おっ、これならヒル溜まりの要石に行けるかもねっと言うことで、装備して行ってみた。

 おぉ、なんだか、身が軽いと思うのは気のせい? なんて、ちょっと余裕がでたかなとよろこんでいたら、「!POISONED!」。おいっ、毒は通さんのんちゃんうんかい? 劇的に毒に強くなるわけはなさそうだ。ちょっぴり、がっかり。

 なんか、毒のハチみたいなやつがいて、そいつにやられて即死(もともとHPが少なくなっていたせいもある)。どないなってんねん? 雑魚と思って攻撃しようと、近づいたら大きな敵だったし。でかい剣をもったNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の黒いファントムもいる。一撃でやられた。デーモンの居場所はわかっていないが、まさに、四面楚歌。

 どのMAPも行き詰っているような気がしてきたなぁ。これが、本当のデモンズソウルなんだろうな。

 つづきのデモンズソウル(その26)は、ここ。(2009年10月17日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その24)

 いったい何がだめなのか?

 嵐の祭祀場のデーモン攻略のために装備を整え、デーモンのいる場所に向かうのはいいが、崖の上の3体のでかい包丁を持った敵とデーモンの前の赤目の両刀の騎士の合計4つの関門があり、ここを突破するのが難しい。

 まず、空飛ぶエイをあらかじめ退治しておかないと、崖の上から攻撃されてしまう。3匹のエイは難なくやっつけられるが、前にも書いた残りの遠くにいるエイがやっつけられないのだ。2階の一番端のいつもの狙撃場でそのエイを狙うが、たまにしか矢が当たらない。20本矢を使っても無理。最後に残ったエイは、やはり無視か。

 でかい包丁をもっている敵は、魔法でやっつけるが、敵は包丁を持っている敵ではなく、地形である。魔法攻撃すると敵がこちらに向かってくるので、後退するのだが、その際に落下してしまう。油断もすきもない。

 でかい包丁の敵をクリアすると次は、デーモンの居場所前の赤目の両刀の騎士であるが、これはおびき出して、2階で待機し魔法攻撃でやっつけられる。しかしながら、タイミングが狂うと2階まで上がってくるので、これも油断ならない。

 さて、最後のデーモンだが、やはり強敵。入り口で待機しつつ魔法攻撃を行おうとしたら、舌攻撃ではなく、なんかの物理攻撃をうけて、HPが1/4になってしまい、草で回復するも、また、物理攻撃を受けてあえなく死亡。これを数回繰り返したが、もうだめ。勝てる糸口がつかめない。

 レベル不足なのだろうか? かなりのレベルになっていると思うのだけど。

 つづきのデモンズソウル(その25)は、ここ。(2009年10月10日追記) 

| | コメント (2)

デモンズソウル(その23)

 マンイーターって、2体もいたのかっ!

 ショックでかすぎ。一撃落下ばっかり、食らっていて、嫌気がさしてきていたのだが、なんとか、敵の攻撃にも持ちこたえ、ヒットアンドアウェー方式で攻撃を加えていたら、画面下の敵のHPの表示ラインが2本になっているではないかっ!

 ずるいよ~annoy 1体でも勝てないのに、2体もいるなんて。かっ~!やる気なくなってきた(とか言って、やってしまうのだけど)。 やはり、ここもレベルが足りないのか。

 ここは、ちょっと後で攻略するとして、気を取り直して、コメントでアドバイスをもらった嵐の祭祀場のほうのデーモンを今度は攻略してみようと思う。

 つづきのデモンズソウル(その24)は、ここ。(2009年10月10日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その22)

 愚か者の偶像の要石のデーモンは、マンイーター。

 体制を整えて、マンイーターというデーモンに挑戦。キングスフィールドのマンイーターとは偉く違った。悪魔をイメージする敵だ。悪魔と言っても、サタンやルシファーやああいう大悪魔系ではなくて、雑魚系の悪魔ですな。尻尾が鉤状になっていて、槍(銛)を持っている感じのやつ。でも、めちゃめちゃ強い。こっちが弱いだけだと思うが。

 それにとても苦手とする浮遊系の敵だ。ぜんぜん、刃が立たない。一撃落下ばっかり。やっとのことで、攻撃できても、こっちの攻撃で、がんばって1/4ぐらいHPを減らすのが限度。逆に敵の一回の攻撃でこっちは、半分以上HPがなくなってしまう。回復が間に合わない。草は、三日月草、半月草、後月草の3種類ともALL99個持参してるのに。あぁ。宝の持ち腐れ。

 前後に長細いステージなので、それを利用してヒットアンドアウェーをするしかないのか? これもまた、厳しい戦いになりそうだ。

 つづきのデモンズソウル(その23)は、ここ。(2009年10月10日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その21)

 やっと、愚か者の偶像の要石のデーモンの居場所が分かった。

 最初に行ったときは、確か行き止まりだと思ったのに、なんだか行けるようになっていたのだ。思い当たる節は、二か所あるお祈りしている人たちを無慈悲にも殺しちゃったこと。その時、ムービーが再生されたので、それで、行けなかった場所に行けるようになったのかと思う。

 無抵抗な人たちを殺してしまうのは、気が引けたが、残っている敵って、このお祈りをしている人たちだけだったので、ペナルティ覚悟で殺した。結果、それが正解だった思うのだけど、攻撃してこない人たちを殺すのは、やはり忍びないなぁ。

 金属製と思われる階段を上り、やっとたどり着いた。霧の向こうに青赤く光る眼のようなものを見たとたん、レベルが足りてるかどうか怖くなって、突入せず、スタート地点に帰った。弱虫(sad)

 つづきのデモンズソウル(その22)は、ここ。(2009年10月11日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その20)

 売店は、売店であって、買店ではない。

 だいぶん長い間デモンズソウルをやっているので、ちょっと、荷物のインベントリーをしてみた。大袋のトマスに預けてある分だけど、こんなに持っていて、いいのか?というぐらい持っている気がするが、上には上がいるんだろうな。多いものだけ発表すると、三日月草/半月草/後月草/満月草/兵士のロートス/ソウルの名残:99個、硬石の欠片/鋭石の欠片/刃石の欠片:99個、奴隷の盾:99個。ぜんぜん、大したことなかった(coldsweats01)。まぁ、アイテム見てれば、どういうことをやっているかは、すぐに分かると思うけど。99個以上は、預けられない仕様かな。矢は、99本以上でも大丈夫だけど。

 これら全部、売店の人が購入して、ソウルと交換してくれればいいのにとつくづく思う。そうすれば、もうすこし楽になるのかなぁと思う。ソウルはソウルであって、お金ではないので、売買はできないのだろう。残念。地図の次に残念。でも、売買できれば、ゲームの面白さが半減するかもしれない。

 まだまだ、先が長そうだし、2週目もあるので、こんなところで、心が折れていてはいかんのだが、ちょっと疲れてきた。

 つづきのデモンズソウル(その21)は、ここ。(2009年10月5日追記) 

| | コメント (0)

デモンズソウル(その19)

 心が折れそうだ…

 もはや限界か。嵐の祭祀場のデーモンがやっつけられないのは、以前書いたが、愚か者の偶像の要石のところは、デーモンの場所すらわからない。暗くてMAPが分からない上に、同じところ行ったり来たりしている。

 そこで、新しいMAPのヒル溜まりの要石に挑戦してみた。ここも、暗い。なんで、こんなに陰気なのか。ゲームのプロデューサーの性格が暗いのか。とにかく、暗くて、もう心が折れそうだ。

 なんか、一番下のでかい池か湖かわからないが、そこで、アイテムの光をたよりにさまよっていたら、毒に犯される、犯される。貴族のロートスで解毒するが、ちょっと歩くとまた犯される。どうなっているのか? 毒に耐える者の指輪がほとんど効いていないのではないか? この指輪は、気休めなのか?

 なんか、陸地にあがったらでかい敵がいて、そういうときに限って毒に犯されている時で、二重の攻撃で、死んじゃうし。回収も場所が把握できていなくて、暗いので、行く気にもならない。20000ソウルぐらい持ってたのに。

 とにかく、先にどう進めばいいか全く見えなくなったうえに、暗いのでモチベーションが下がりつつある。とにかく、暗いのは、怖いのでいや。

 まぁ、がんばれや。

 つづきのデモンズソウル(その20)は、ここ。(2009年10月5日追記)

| | コメント (4)

デモンズソウル(その18)

 愚か者の偶像の要石は不気味。

 どうしても、嵐の祭祀場のデーモンがやっつけられない。ここは、レベルが足りないと考えて、新しいMAPに挑戦してみた。愚か者の偶像の要石である。暗い。暗すぎる。

 ここは、塔のラトリアと違って、拷問部屋とかがないからすこし楽。でも、一番下の沼みたいなところは、顔の付いたムカデのでかいのがいるので、やはり気持ち悪いし、不気味。しかも暗いのが難点。

 下にたどりつく途中で鎧の人を檻から出してあげたのだが、そこは、他に通じる道がないので、鎧の人がその場所にとどまっているのだけど、大丈夫なのかな? 助けたのは、もしかして、失敗だったのか? ゲームの進行上助けざるを得ないところだと思うのだが。

 空飛ぶ敵がやっかいで、ロックしちゃうと、敵しか見えなくなるので、足を踏み外して、落下して、死ぬ。何回、落下したことか。暗いので回収も道に迷ってできないし。散々なMAPだ。

 MAPがどうなっているのかわからず、なんだか同じところ行ったり来たりしているような気がする。ていうか、今気がついたけど、デモンズソウルのゲーム上では地図がないのか? キングスフィールド4の時の立体地図はいらないが、せめて、2次元の地図はほしいぞ。売店で売ってくれ。

 つづきのデモンズソウル(その19)は、ここ。(2009年10月4日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その17)

 嵐の祭祀場のデーモンがいた。

 やはり、見落としていた場所があって、行き止まりと思って、奥に行かなかった場所に行ってみると、罠があってその罠を回避して進むと崖の上を延々と進んで、やっとデーモンのいる場所にたどりつくことができた。

 しかし、嵐の祭祀場のMAPってすごくよくできていると思った。よくよく見てみると、ちゃんと最初の入り口のところから、見えるようになっているのね。確かに、腐れ谷が縦に進むMAPとすれば、嵐の祭祀場は横に進むMAPになっている。感心するぐらいうまくできている。

 その崖に大きな包丁を持った敵が3体いるのだが、生身の体で進めているので、HPがソウル体の時よりも約25%増しなので、その優位さで敵をやっつけていたら、操作を誤って、あえなく崖から落下して死亡。壁に伝って後ろに進むのを徹底していたのに、大きな包丁を振り回されてびっくりしてしまった。回収に来る途中でも死亡したので、結局、約25000ソウルを無駄にしてしまった。

 この大きな包丁を持った敵の死ぬポーズが、ちょっとマニアックだが、SIRENの志村晃が死ぬ時のポーズとよく似ている。手を上げて死ぬ、その格好がそっくりだ。腐れ谷の赤い雨といい、意外にSIRENを意識してたりして(ないない)。

 何回か繰り返し、デーモンに挑戦してみたが、まったく歯がたたない。舌でぺろりとなめられて、HPが半分以下に減少。すぐ、草で回復するが、回復直後にまた舌でぺろっとなめられて、攻撃する間がない。なんとか、火の魔法攻撃をするが、ちょっとしかHPが減らない。そして、舌でぺろっとなめられて死んでしまう。

 腐れ谷のデーモンはたやすくやっつけられたのに、ここのデーモンをやっつけるのはかなり厳しい。まだ、レベルが足りないのだろうか? デーモンのソウルで火が連続に出せる魔法と交換できていれば、また、違っただろうなぁ。

 つづきのデモンズソウル(その18)は、ここ。(2009年10月2日追記)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »