« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

デモンズソウル(その76):対人編(3)

 やっと黒いファントムが侵入。

 オフラインになっていたのに気が付いてオンラインにもどして嵐の祭祀場の審判者の要石をソウル集めのためにやっていたのだが、黒いファントムの侵入がなかなかない。ソウルレベル50前後の別キャラの話なのだが。

 審判者の要石を進んで、下におりて、ブライジの前を通過し、左側の影かげマンを倒した後、下におりて、影かげマンの親分を倒して約4000ソウルをもらったのち、影かげマンの巣窟に向かうわけだが、影かげマンの親分を倒したら、ちょうど黒いファントムが侵入しましたという表示があり、おぉ、やっとかぁと思って、戦場は、妖刀「誠」がある地下のNPCの黒いファントムがいたところにしようと、そこで待機していた。

 黒いファントムが来たら入り口で一礼の挨拶をしようと思って、コントローラの○ボタンを押しながら待っていたのだが、なかなか来ない。ここにいるのがわからないのかな? と思っていたのが、それにしても来ないので、ちょっと指が疲れたので、休憩していた。

 そしたら、魔法の音か侵入の音(同じ音だが)が、して、おぉ、来るなぁと挨拶の構えに入ったら、その音は、隠れる魔法の音だったようで、現れたとたん後ろを取られて、HPが半分ぐらいなくなった。すぐさま、草を食ったが、こっちがせっかく挨拶するのを待っていたのに、隠れて出現したので、なんだか戦う気がなくなって、逃げたら、また、後ろからやられて、結局、こちらが攻撃することなく死んだ。

 この前も、こういう人だったし、正面から戦って練習したいのに、まったく練習にならないよぉ。攻略サイトを見たら赤い石を使えば、双方公認の対人になるようなので、その赤い石を早く見つけたいなぁ。

 つづきのデモンズソウル(その77)は、ここ。(2009年12月14日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その75):対人編(2)

 結果的に対人編では、ないのだが。

 2周目の本編で、塔のラトリアの2階の鍵を取りに行くのに一時的オフラインにしていたのをすっかり忘れていて、恒久的にオフラインになっていた。LANケーブルが抜きっぱなしになっていたのだ。

 ゲームのスタート画面を見ればオフラインで始めますとか、表示されているのに、全く気がつかなかった。ゲーム途中も、メッセージが少ない(っていうかゲーム上で準備されたメッセージのみ)なぁ、なんて思っていたし、生身の体になっても、侵入されないので、この程度のレベルの人は少ないのかなぁ? と思っていた。

 塔のラトリアの対人デーモンのところで、黒いファントムが侵入しましたという表示がなくて、初めて気がついた。大馬鹿野郎です。オンラインにするのがめんどくさいのでそのまま継続した。

 残すMAPは、ボーレタリア王城の火のドラゴンをくぐるところ以降のみである。うーむ、どうしたもんか? 2周目で対人するしかないな。果たして、勝てるのだろうか?

 現在のスキル。ソウルレベル:74。体力:40、知力:10、頑強:41、筋力11:、技量:22、魔力:10、信仰:7、運:13。職業:放浪者(以前作った女盗賊は、やめにして、新しいのを作った)。

 つづきのデモンズソウル(その76)は、ここ。(2009年11月30日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その74):2周目(18)

 なかなか進まないなぁ。

 デーモンが若干よわよわの腐れ谷に挑戦しているが、デーモンにたどり着くまでに死んでたどり着けないのだ。火の槍をもった雑魚が嫌いだし、大きい奴は、大っ嫌いっ。なんでこんなににいやらしく作られているのか? 十何回か死んでいるがいまだにたどり着けない。ソウルをいっぱい持っているときに限ってソウルの回収ができない。そういうふうにプログラミングされているのかと疑うほどだ。

 この2周目に比べたら、1周目なんか天国だったなぁ。まさしく、1周目はチュートリアルと言われても納得してしまう。

 2周目の目的の一つであるユーリアやメフィストフェレスに会っていないが、もうやめてしまうおうかなぁ(coldsweats02)

 つづきのデモンズソウル(その75)は、ここ。(2009年11月30日追記、副題目番号訂正)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その73):運だけでクリアできるのか?

 2周目の進まなさに嫌気をさし、対人用のキャラの育成も進まないので、ここは、ひとつ縛りプレーというのをやってみようと思う。

 運のみレベルアップする。

 運だけだとかなり苦しいと思われるので、武器、防具のレベルアップも可としよう。それ以外は、レベルアップ不可。ボーレタリア王城は、まず、大丈夫だとおもう。ストーンファング坑道も犬を何とかすれば大丈夫かと思う。塔のラトリアもNPCの黒いファントムをスルーすれば、いけるだろう。腐れ谷もでかい奴をクリアできれば、いける。

 問題は、嵐の祭祀場のでかい包丁をもった骨ほねマンだな。3体いるので、これが、初期値のHPと攻撃力で撃破できるか? かなり苦しい戦いになりそうだが。おっ、赤目の騎士も忘れてた。

 運をあげることにより、仮にいい武器や防具を落としてくれたとしても、それを使いこなすレベルに達していないと意味がない。やはり、運だけでは無理か。運が高ければクリティカルが出やすいとか戦闘にも運の要素が絡んでいれば、よかったのにと思う。

 つづきのデモンズソウル(その74)は、ここ。(2009年11月30日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その72):2周目(17)

 青いドラゴンの所からファランクスの要石の城壁が見える。

 青いドラゴンがどこに行ったのか気になるので、何回か訪れれば、現れるのかと、行ってみたが、現れない。そこで、青いドラゴンの実際にいた箇所まで行ってみた。

 おぉ、ファランクスの要石の城壁が見えるっ。見えるんだけど、なんだかさみしい。なぜならば、バリケードとか台車とか馬の死体とか火柱とかが描かれていないのだ。ボーレタリア王城のスタート地点のところはちゃんと描かれていたのに、すこし残念。ここまで、来るやつはめったにいないと考えて、描かなかったのだろう。

 ふつうはそれでいいが、せっかくだから描いていてほしかったなぁ。こういうディーテールをちゃんしてしておくことで、評価はさらに上がるはず。

 (2009年11月26日誤記修正)

 つづきのデモンズソウル(その73)は、ここ。(2009年11月30日追記、副題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その71):2周目(16)

 城壁の上の空飛ぶドラゴンとボーレタリア王城にいる火を吐くドラゴンは同じドラゴン。

 空飛ぶドラゴンをやっつけたので、じゃ、ボーレタリア王城の火を吐くドラゴンと尻尾の威力がすごい青いドラゴンもやっつけよう、とボーレタリア王城のドラゴンがいる場所に行ってみた。

 いないっ!

 2匹ともいないのだ。やっつけたドラゴンは、ボーレタリア王城のドラゴンと同じドラゴンだったのか?1匹は同じドラゴンとしても、青いドラゴンのほうはやっつけた覚えはないぞ。

 他のキャラで確認したら、火を吐くドラゴンはいなくなっていたが、青いドラゴンは残ったままだった。どうなっているのか? 同時にいなくなるのはバグ?

 つづきのデモンズソウル(その72)は、ここ。(2009年11月30日追記、副題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その70):2周目(15)

 空飛ぶドラゴンを倒した。

 空飛ぶドラゴンを倒せるなんて、知らなかったが、試しにファランクスの要石の所の一つ目の見張り台の上で、ソウルの矢を撃ってみようと、ドラゴンにロックをかけたら、ロックがかかった。ロックがかかるので、たぶん倒せるのだなと容易に想像がついたが、当たっているのか当たってないのかの判別がつきにくい。

 画面をよ~く見てみると、当たっているときは、数字が表示されるが、外れたときは数字が表示されないようだ。しかも、その数字も一瞬しか表示されないので、非常に見づらい。数字を見てみたら、一桁か二桁かわからないが、2が表示される。与えるダメージが、多くて20台、最悪2であり、これだと、倒すまで気の遠くなる時間がかかる。しかし、他に方法が思いつかないので、ちまちまと攻撃を開始。魔法の素を約40本使用(70本持参していたので助かった)し、時間は測定していないが、少なくとも30分は、延々と同じ作業をしていたと思われる。

 倒した時に、トロフィーがもらえるのかと思ったら、もらえず、小さい炎の鱗のソウルをもらえただけだった。ソウル数も記憶していない。どれくらいもらえたのかな?

 これで、うっとおしい敵がいなくなったので、城壁の上を悠々と歩いて行けると思い、辿りついた先の弓兵軍団には気をつけていたのだが、上からの弓兵にやられて、あっけなく死亡した。弓兵強しっ。

 つづきのデモンズソウル(その71)は、ここ。(2009年11月30日追記、副題目番号訂正)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その69):2周目(14)

 待望の塔のラトリアの2階の鍵をげっとぉ~!

 塔のラトリアのデーモンを倒して、生身の体になったし、胸も白いのでソウル傾向が最白色になったかと思い、塔のラトリアの2階の鍵を取りに行った。鍵の場所は、攻略サイトを見てどこにあるか事前に知ってしまった(ちょっぴり残念)。

 しかも、生身の体なので、黒いファントムの侵入も許してしまうので、辿りつく前に黒いファントムに殺られては、洒落にならないので、ちょっとオフラインにさせてもらって、鍵を取りに行った。

 橋がつながるって書いてあったのだが、橋じゃなくて、そこらへんの工事現場の足場が置かれていただけのように思えたので、少し期待外れ。しかも、到着場所にいろいろアイテムがあるのかな?と思ったら、鍵だけだった。鍵のアイテムの光だけだったので、殺風景だった。

 でも、その鍵を使ったところにアイテムが多数置いてあったので、結果としては、OK。ソウル体の兵士も助けることができたし。その兵士は、その場所にとどまっていたが、攻撃を与えることもできたのかな? ペナルティが怖くて攻撃できなかったけど。各部屋に置いてあった服や魔法使いの三角の帽子などを回収しまくった。

 がっ! 2階の狭い通路で、用心はしていたのだが、タコ頭のレーザー砲二発で、ソウル体に戻ってしまった。それは、非常に残念だが、2周目の目的の一部は達成された。

 つづきのデモンズソウル(その70)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号訂正、2009年11月30日副題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その68):2周目(13)

 塔のラトリアのデーモンを倒した。

 これは、比較的簡単に倒せるだろうと思っていたのだが、残念ながら甘かった。やはり、防御力が強くなっている。

 1周目は、確か魔法で倒したと思ったので、今回も魔法で倒そうとしたら、魔法が1回当たるごとにデーモンが移動するし、魔法の攻撃力が少なく(デーモンの防御力が高い?)、物理攻撃のほうが手っとり早いかと思い、物理攻撃をしてみた。何回も攻撃できるので、確かに与えるダメージの総数は大きいが、スタミナが切れた時に攻撃が断続的になるので、そこが難点。

 結局、デーモンが移動した直後のスタミナ切れの時に、ダミーのデーモンに攻撃されて死ぬこと3回。あと数mm、HPを削れば、倒せるというところで、死ぬ。行けると見込んで突入するのだが、たぶん、勇み足でスタミナ切れを起こしてしまうというパターンであった。いい加減、嫌気をさして、これでダメなら、もう止め、と思っていたら、何とか倒すことができた。

 なんだか、ゲームを楽しんでいるのではなく、半ば脅迫観念にとらわれてデモンズソウルをやっているような気がしてきた。

 つづきのデモンズソウル(その69)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号訂正、2009年11月30日副題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その67):2周目(12)

 塔のラトリアのデーモン前のNPCの黒いファントムを倒した。

 デーモンのところに辿り着く前に、NPCの黒いファントムがいるが、これにやられること十数回。実を言うと、NPCの黒いファントムの所にたどり着くのにも、タコ頭にやられて十数回死んで、いい加減頭に来ていた。当然、ソウルは回収不能。

 NPCの黒いファントム攻撃してみて、物理攻撃だと一桁のダメージしか与えられないことに愕然とし、矢が1回当たると死亡するのも分かり、ノーダメージで倒さないといけないことが判明し、さらに愕然とした。レベルアップは当分望めないので、ノーダメージで倒せる方法はないかと考えた。

 使ったことがなかったが、毒の雲というを持っていたので、それを使ってみた。これ、1周目で腐れ谷で売店のお母さんが勝手に死んだときの魔法と同じなのね。使ってみるのだが、黒いファントムに魔法をかけると同時に矢を撃たれて死ぬ。タイミングを見計らって、黒ファントムの矢の攻撃後、一瞬インターバルが空くので、その間に魔法を撃ちこむが、微妙なタイミングで矢の攻撃を受け死ぬ。

 なんとか、毒の雲の魔法をかけることができても、1回では死なず、最終的には、3回かける必要があったが、3回目をかける時に死んだりとか、散々。

 ゲームを楽しんでいるのではなく、半ば意地。しかも、魔法がかかったら、毒が効いているのをひたすら待つだけなので、黒いファントムを倒しても、倒したぞっ、という全く爽快感がなかった。

 つづきのデモンズソウル(その68)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号訂正、2009年11月30日副題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その66):2周目(11)

 もうメタメタなので、メタメタついでに腐れ谷へも行ってみた。

 これも、甘く見すぎていたようで、最初のらせんを上りきったその次の下ろうとするMAPのところで、足止めを食らった。上から、魔法で攻撃して、雑魚が勝手に下に落ちてくれるのを見て、ふっ、余裕だな、なんて思っていた。

 物理攻撃を加えた時に、前進するのには気をつけていたのだが、つい力が入ってしまい、攻撃しすぎて、落下。盾と魔法の杖は左手に持っているので、その切り替えを誤って、防御するところが魔法攻撃をして、あたふたしているうちに落下。下がどうなっているのか確認しすぎて落下。

 当然、ソウルの回収もできていない。やっぱり、地道にボーレタリア王城を周回するのが一番無難で安全なのではないかと思えてきたが、果たしてそのような進め方がデモンズソウルを楽しんでいるかというと、はなはだ疑問である。

 つづきのデモンズソウル(その67)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号訂正、2009年11月30日副題目番号追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その65):2周目(10)

 もう、メタメタ。ソウル0。

 タカアシ鎧蜘蛛のデーモンを倒したソウルや、その前に貯めていたソウルが、すべて藻屑の泡となって消えた。

 ちょっと、調子にのって、嵐の祭祀場に行ってみたら、意外にいける感じがした。骨ほねマンなんか、ちょろいもんだぜっ。これで2周目か? へへんっ! なんて思って、門をくぐる前と階段のところを行ったり来たりしてソウルを稼いでいた。

 これなら、もうすこし奥まで行っても大丈夫かなと、地下を通って、原生デーモンの後ろ側にでる通路に挑戦してみた。かなり甘く見て、油断してしまい、最初の攻撃して壁が消えるところの奥のT字路の右側の売店の前の骨ほねマンにやられてしまった。回収に向かったが、焦るあまり、階段上部のところの骨ほねマン2体に同時に攻撃をうけ、なすすべもなく死亡。約6万ソウルが消えた。

 2周目に入って、レベルアップができていないのだが。

 つづきのデモンズソウル(その66)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号修正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その64):2周目(9)

 今回は、魔法で倒してみた。

 夜も遅くなったので、タカアシ鎧蜘蛛のデーモンの霧のカーテンの前で、ゲームを終了させて、次回のデーモン戦に備えてみた。オートセーブっていうのは、本当にオートセーブなのね。ロードしたら、前回終わったところからスタートした。いつもわざわざ楔の神殿まで戻っていたのだけど、これなら、やめたい時に終われるのが分かった。

 ちょっと気を良くして、デーモン戦に挑戦してみた。

 霧のカーテンをすこし進んで、左側の壁際にすこし段があって、なんか陰になるようなところがあるので、一旦そこで待機すると、あ~ら不思議。火の隕石が当たらないっ! 超ラッキーッ! デモンズソウル足るものこんなことでいいのか? 無傷でデーモンに勝てるぞっ。なんて、思っていたら、蜘蛛の巣の直撃を食らってしまった。でも、ダメージが思いのほか低い。

 これらなら、いつものごとく、魔法をちまちま撃てば勝てるっ~っ~っ。と、ソウルの矢を撃ち続けて、デーモンを倒した。かなりラッキー。

 でも、そのままプレイを続けて、キラキラとかげを深追いして、奥の雑魚にやられて、生身の体が失われてしまったことは、秘密だ(crying)。

 つづきのデモンズソウル(その65)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その63):2周目(8)

 ストーンファング坑道は、魔法で。

 武器で思うように敵にダメージが与えられないので、試しに、魔法のソウルの矢を使ってみた。効いた。今までの苦しみは何だったろうかと思うくらい。魔法一発ではだめだが、二発ならだいたいやっつけられる。でぶっちょは、ダメだけど、雑魚はOK。犬も従来の武器を使えば、恐るるに足らず。変に武器に頼ろうとして武器を変更したのが、よくなかったようだ。

 すこし気を抜くとやられるが、前ほどは苦しくない。ソウルをまんべんなく割り振っていたおかげか?

 ようやく、タカアシ鎧蜘蛛のデーモンの直前まで来た。

 つづきのデモンズソウル(その64)は、ここ。(2009年11月24日追記、題目番号訂正)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その62):2周目(7)

 2周目は、犬にすら勝てないのか?

 ストーンファング坑道を刀を持って行ったが、ぜんぜんダメダメじゃん。切っても、2桁の前半のダメージだし、R2で突いても、半分も減らない。巨大石が落ちてくる向こう側は、まだ、なんとかなるけど、その次が難関。

 犬が3匹同時に来るとまず勝てない。刀で切ると犬へのダメージは、半分くらいだが、こっちは、3匹の一撃ずつ、3つ食らって、死ぬ。今までためたソウルが藻屑の泡となって消えた。ボーレタリア王城を周回して頑張って溜めたのになぁ。何回死ねばすむのだろうか? 武器への色気を出さずに、ボーレタリア王城をそのまま周回していたほうがよかったのではないかと思う。

 この調子だと、おそらく、2周目はクリア不可能ではないかと思えてきた。

 つづきのデモンズソウル(その63)は、ここ。(2009年11月24日追記) 

| | コメント (2)

デモンズソウル(その61):2周目(6)

 やばかったぁ~。

 2周目の進行は、かなり厳しくて、遅々として進まない。雑魚すら強すぎで、常に真剣勝負でないと勝てない状況だ。1周目の終わりのほうは、ボーレタリア王城のスタート地点では、雑魚なんか一撃で倒せるが、2周目は、3撃ぐらい必要だ。

 なぜかと、理由を考えてみた。武器だ。強力な武器を持っていないのだ。武器の強化をあまりやっていないからだと考えた。そこで、ストーンファング坑道で鉱石を収集することにしてみた。

 すいません。雑魚がさらに強敵になってました。

 突きの武器が必要だなとトマスから突きの武器を引き出そうとしたら、よい突きの武器がなかった。なので、刀で我慢することにした。R2を押せば、突いてくれるから大丈夫だろうと思って。

 ついでに、鍛冶屋の親父に今までつかった道具を修理してもらい、一息ついて、コントローラを置いたら、誤って鍛冶屋の親父を攻撃してしまった。たぶん、置いたときにR2が接触して、攻撃動作になったと思うのだが、危うく殺してしまうところだった。

 殺してしまったら、まず、今後のゲームの進行は無理と思われるので、死ななくてよかった。たまたま、持ち替えた強化していないよわよわの刀だったからよかったと思うが、強化していた武器を持っていたと考えるとたいへん恐ろしい。

 コントローラを置くときは気をつけようと思う。

 つづきのデモンズソウル(その62)は、ここ。(2009年11月24日追記)

| | コメント (6)

本日はお休みです。

 今日は、都合によりお休みします。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その60):2周目(5)

 胸が白い。

 スタートボタンを押すと、メニューが開いて、選択するとボーレタリア王城やファランクス坑道や塔のラトリアや嵐の祭祀場や腐れ谷のソウル傾向が見える。嵐の祭祀場や塔のラトリアが暗くなったりするのだけど、これは、キャラクタによって違ったりするのか? それとも、オンラインに関係する話なので、すべてのプレイヤーで同じになっているのだろうか? ためしに、1周目の対人キャラ用で見てみたら、微妙に違うように見えるのだけど気のせいかな?

 ちょっと気が付いたのだけど、中央にある人の形をしたやつが、2周目のキャラは、胸が白く光っている。1周目のキャラは何も光っていないのだけど、何かの差があるのだろうか? これが、ソウル傾向が白いというやつのなのだろうか? もしかして最白色っていうやつ?

 それとも、2周目、3週目をこなしていくうちに、人の形の全体が白くなっていくのだろうか? どういう仕様なのか? 不思議だ。

 つづきのデモンズソウル(その61)は、ここ。(2009年11月16日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その59):対人編

 対人キャラでのはじめての対人。

 ちまちまとソウルレベルをあげて、体力を重点に強化したので、そろそろいいかなと、対人キャラで、ストーンファング坑道に行ってみた。体力のレベルは、俺が持っているキャラの中で一番あげた(と言っていも他の人に比べたら少ないと思うけど)。スタミナ不足や武器の弱さがちょっと心配だが、何事も練習。

 ストーンファング坑道に入って、どうかなと思って要石を触ってみたら、マルチプレイ時は、楔の神殿に戻れませんとかいう表示。早速来た。来た場所は、階段上ったところのすぐ左のようだ。

 黒いファントムが挨拶するのかなと思ったら、挨拶もなにもなく、回転で回避して、そのまま、姿を隠した。魔法かなにかなのかな? 走っている途中で消えた。

 また、表われるだろうと思って、青いファントムさんの応援を頼んだ。でも、その間、ぼ~としていたら、いきなり後ろからクリティカルを入れられて、HPが半分以上なくなった。よろいを着ずにブラックシリーズの服だったので、防御が弱ったのかな? 草を食って回復途中にも後ろからクリティカルを入れられて、相手を攻撃することなく死んだ。死んだとたんに青いファントムさんが着たが、遅かった。青いファントムさんは、何だったのだろう? と思っただろう。

 まったく、練習にならなかった。

 実を言うとちょっとむかついているが、いろいろな人間がいるので仕方がない。対戦方法が人間的にどうかと思うが、スポーツではないのだから、ゲーム内で許されている範囲であれば、何でもありというのが、大方の見方だと思う。PS3のメニュー画面に戻って黒いファントムがどういうゲームをやっているのか見たら、鉄拳6とかやっていた。勝てば、官軍なので、負け惜しみでしかないが、どうせ、強力な武器とかをもっていて、レベルダウンさせて、高々ソウルレベルが40にも満たない者をやっつけて喜んでいる奴なのだろうと思う。負けたので仕方がないが、なんだかむかつくんだよな。

 つづきのデモンズソウル(その60)は、ここ。(2009年11月16日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その58):2周目(4)

 今後の対策のために、ボーレタリア王城の2周目の各敵のソウル数と敵の数を調べてみた。左の数字がソウル数。右の×の後の数字が敵の数。

 奴隷兵(1):30 ×36

 奴隷兵(2):45 ×13

 兵士:100 ×17

 弓兵:110 ×13

 斧兵:130 ×6

 槍兵(1):160 ×2

 盾を持った黒いスライム:175 ×3

 槍兵(2):180 ×6

 青目の騎士(1):1525 ×2

 青目の騎士(2):2050 ×1

 赤目の騎士:未調査(死ぬので調査できません) ×1

 敵の数は、数え間違えが1箇所あるかもしれないが、許してくれ。ソウル数に関しては、1回の集計なので、槍兵のソウル数が違うのも、もしかしたら、見間違いかも知れない。まぁ、合計して約12600ソウル。ボーレタリア王城を1周して12600ソウルしか集まらないので、10万ソウル集めるには、最低8回の周回が必要となる。この間、武器、防具の修理も必要だろうから、9回の周回は必要だろう。

 2周目をクリアするのは、かなりの根気がいるのか? ソウルを大量に回収できる嵐の祭祀場を容易に進められるようになるのには、ソウルレベルはいくつ必要なのか?

 つづきのデモンズソウル(その59)は、ここ。(2009年11月16日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その57):2周目(3)

 2周目は、やはりつらい。

 ボーレタリア王城の最初のファランクスのデーモンを倒したが、ソウルレベルが1段階上がるほどのソウルが集まらなかった。赤目の騎士を除いて、デーモン含めて全部倒して、だいたい50000ソウルぐらい?

 100000ソウル以上ないとレベルアップできないので、これは厳しいなぁ。デーモンは最初の1回しかいないので、ソウルレベルをあげるのはやはり何往復も必要。ちかちま、ボーレタリア王城内を往復してソウルを稼ぐしかないのか? 嵐の祭祀場は怖くてまだ行けないし。

 他の人はどうやっているのかな。困ったぞっと。

 つづきのデモンズソウル(その58)は、ここ。(2009年11月16日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その56):2周目(2)

 150000ソウルが。

 ボーレタリア王城の左の扉側のミラルダがいたところのアイテムの回収に行ってみた。前行った時は、NPCの黒いファントムを慎重に一体ずつ倒して行ったのだが、今回は、気が緩んで、へへ~ん、平気、平気なんて、余裕をかましていたら、あっさり、NPCの黒いファントムさんたちにぼこぼこにされて死んでしまった。おぃっ。

 まだまだ、回収できる範囲なので余裕。と、思いつつ回収に行って、また、ぼこぼこにされた。こういうのを3回繰り返した。プレイがかなり雑になっている。面倒くさいが、一体ずつ倒し、なんとかミラルダがいたところにたどり着いた。

 柱に引っかかっている死体のアイテムを取ろうと、途中で途切れている柱を進み、自然落下で下の柱に下りた。次に180度回転して、柱が十字に交差しているところに進み、左方向に歩いて、アイテムの所にまでたどり着き、アイテムを回収。

 下を見るとすこしずれて下に柱がある。ははぁ~んっ、このまま落下すれば、下の柱の上に立てるな。そのまま、下りてみた。下の柱の脇を通り過ぎ、下まで落下して死んだ。あれ? 違うキャラの時は無事生還できたと思ったのだけど、なんか勢い付きすぎたかな?なんて思っていた。

 150000ソウル持っているから絶対回収しないといけないので、気持ちを新たに回収しに向かった。慎重に8体のNPCの黒いファントムを倒し、ミラルダがいたところに着いた。途中で途切れている柱を進み、自然落下で下の柱に下りた。次に180度回転。

 回転するのを失敗して、柱から足を踏み外して落下して死んだ。

 つづきのデモンズソウル(その57)は、ここ。(2009年11月16日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その55):2周目

 さっそく、黒いファントムご来場。

 2周目のスタートは、すでに生身の体だった。ボーレタリア王城のスタート地点の左側の扉が開いていたので、ちょっと、のぞきに行って、黒いファントムを8体倒して、ミラルダをおびき出してみた。

 卑怯極まりないが、盗人の指輪をはめて、一度攻撃して逃げて、ミラルダが定位置にもどろうとしているときに、後ろから、ぐさぁ~っ、と刺して、逃げて、また後ろから刺してっていうのを繰り返して、ミラルダを倒して、服をもらった。服をもらったんだけど、女性専用だった。がっかり。対人キャラは、女性にしてあるので気がつかなかった。

 それで、じゃ、城内をまわろうかな?と、まだ開いていないファランクスがいるところの門のところまで行ったら、黒いファントムが侵入しました、という表示が出て、ソウルを150000ほど持っていたので、緊張が走った。

 遠くから、侵入した黒いファントムが見えるので、先手必勝でダッシュで走って行き、偶然後ろを取れて、一撃を加えたのだが、普通の武器だったので、ちょっとしかHPを削れなかった。

 一旦、ダッシュで逃げて、この前もらった強力な武器に持ち替えて、新たに攻撃に入った。なかなか、いい勝負だったのかな、あともう少し、あともう少しって思って、やっと、倒すことができた。単独で黒いファントムに勝ったのは、初めて。うれしかったというよりも、150000ソウルを守れてほっとした。

 2周目だとボーレタリア王城のスタート地点でも、黒いファントムが入ってくるのね。ゲーム上、ボーレタリア王城のスタート地点には、黒いファントムが侵入しない仕様になっているのかと思っていたけど、違った。

 つづきのデモンズソウル(その56)は、ここ。(2009年11月16日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その54)

 最終的なキャラのスキル値。

 一周目が終わった時のキャラのスキル値や持ち物を公開していなかった。以下のような感じ。

 ソウルレベル:122

 体力:27、知力:24、頑強:26、筋力:26、技量:26、魔力:23、信仰:25、運:25

 トマスに預けている荷物

 三日月草、半月草、後月草、満月、新月草、兵士のロートス、貴族のロートス、寡婦のロートス、新鮮な香料、ソウルの名残、松脂、スローイングナイフ、火炎壺:99

 他、いろいろあるけど、調べるのが面倒くさくなったので、省略。

 プレイ中のソウルレベルは、127まで行ったのだけど、オーラント王との戦いで、攻撃されてソウルレベルが5段階も下がっちゃったのかな。

 さて、2周目、どうなるのだろうか?

 つづきのデモンズソウル(その55)は、ここ。(2009年11月9日追記) 

| | コメント (0)

デモンズソウル(その53)

 二周目は、さらに難しくなるらしい。

 大丈夫だろうか? 一周目ですら、青いファントムさんに2回ほど助けてもらったのに。

 スキルの割り振りを二周目は、ちょっと考えてみよう。一周目の経験上、まんべんなくソウルを振ってもあまり強くなりなさそうだから、体力に割り振ることを重点にして、魔法関係は、まぁ、ほどほどにという線で進めてみたいと思う。

 二周目は、取り逃したアイテムや、ソウル傾向が白い時にしか入れないところを行ってみるのだ。黄色いターバンも取れるかどうかわからないが、再挑戦だ。まだまだ、楽しめるぜ。

 つづきのデモンズソウル(その54)は、ここ。(2009年11月29日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その52)

 一周目が終わったので、ストーリーの総括を。

 ストーリーは、はっきり言ってよく理解できていない。Satsukiの話なんか、単発だし、何の伏線もないので、よくわからない。単に誠がほしかっただけちゃうんかと。あと、アンテナヘルメットの自称暗殺者(調べたらユルトというらしい)の話も訳分からんな。暗殺者が塔のラトリアでつかまってたら役目を果たせんだろう。

 オストラバも早くに死んでたようだし、他のキャラでやった時に初めて、2話目があるのを知った。あと、なんか、会ってないキャラがいるようだ。魔法使いの女性みたいなんだけど(ユーリアというらしい)。メフィストフェレスっていうのもいるみたいだが、会ってないよ。攻略サイトを見て初めて知った。

 ボーレタリア王城の屋上の赤目の騎士がいるところのめちゃめちゃ強い騎士はドランというらしい。無理に倒さなかったのだが、2周目は倒してみよう。倒せるのか?

 ストーリー的には、各話が絡み合ったようなものであればよかったけど、全然無関係なので、なおさら印象に残らない。単なる単発のクウェストですな。そのクウェストですらショートカットできる。

 それでも、つづけて最後までやってみようという気にさせるのは、やはりそれなりのシステムだからなのかなぁ。オンラインによる青いファントムさんのお助けモードもあるし。ゲーム的には、非常に面白くて、ヒットするのはよくわかる。

 つづきのデモンズソウル(その53)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その51)

 一周目終了。

 最後のオーラント王には、刃が立たないので、この前オンラインでお友達になった人に応援を頼んだ。うまいね。さすが。俺なんかぜんぜんオーラントを攻撃することができないのに、ガンガン攻撃して。つらぬきの騎士の時と同じで、俺は、横で叩いている感じだ。

 おかげさまで、余裕でオーラント王を倒してもらって、エンディングへの運びとなった。楔の神殿に戻って、かぼたんと話をしようとかぼたんに近づいて行ったら、そのまま、穴に落ちて死んだ。全くの不注意で大笑いした。

 ソウル体にもどって、穴に落ちないようにかぼたんに話しかけたら、かぼたんと一緒に穴に落ちて行った。どうせ、落ちるのなら、落ちた状態で話を進めてくれてもよかったのだが、不意打ちで落ちることに意義があるとみた。

 落ちたところは、砂浜みたいなところで、木くずの塊みたいなのがあって、その中を進んで行ったら、霧の扉があった。そのまま、入るのもの何なので、いったんかぼたんに話しかけてから入った。

 中に敵がいたが、武器が強くてほぼ無傷で勝てた。そのあと、かぼたんが上に進みなさいって言う割には、その場所をどいてくれないので、仕方なく戻って霧の扉の外に出たら、スタッフスクロールが流れた。

 一周目が終わった。かぼたんを倒したほうがよかったのかな? 2周目は、かぼたんを倒してみたいと思う。倒せるのか?

 つづきのデモンズソウル(その52)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その50)

 もらった武器で塔のラトリアのデーモンになって黄色いターバン奪取への挑戦。

 結構、強力な武器をもらったので、もしかして勝てるのでは? と対戦してみたが、世の中、そんなに甘くない。

 1戦目の相手は、魔法を操る人で、ちょっとよそ見しているうちに戦闘が始まって、こっちが攻撃しようと動き出した時には、かなり魔法でやられていた。だいたい、なぜよそ見していたのかも思い出せないが、緊張感がなさすぎる。相手に対して、申し訳が立たない。たいへん失礼しました。結局、そういう状態では、勝てる訳もなく、相手にダメージを与えることなく死んだ。

 2戦目は、青いファントムさんの応援があって、2人を相手にしたのだが、1人でも勝てないのに、2人ではさらに勝てないのは、自明。前回、よそ見していたので、今回は、対戦が始まったら速攻動いた。ずるいことはしなかった。前回、魔法でやられたので、今回は、魔法が使えないようにする奇跡を使用して、魔法を封じ込めた。だが、意味があったかどうかわからない。攻撃してみたが、大型剣なので攻撃の間隔が長く、その間に相手方の挟み撃ちにあい、前後に攻撃を受け、なんとかかわして草を食べて回復を試みるが、その間に攻撃を受けて、ぼこぼこにされて死んだ。

 1戦目と2戦目の間に、デーモンになろうと待っていたら、青いファントムとして召還されて、マンイーターを倒すことになってしまった。自信がなかったとおり、結果は、役に立てず、マンイーターの攻撃を受け、落下して死んだ。まったく、ダメダメだ。

 黄色いターバン奪取への道は、はるか遠くまで続いているようだ。今まで、9戦やって全敗である。

 つづきのデモンズソウル(その51)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (0)

デモンズソウル(その49)

 デモンズソウルってやっぱ対人がおもしろいんじゃないの。

 オーラントとの戦いに敗れ(そんな、大した戦いじゃなく、一方的に負けただけだけど)、ちょっと今のステータスでは苦しいなぁと思い、現実逃避のために塔のラトリアのデーモンになって対人の練習でもするかな? とデーモンになってみた。

 1回戦目はいい勝負のような気がしたけど、負けた。2回戦目は、押され気味だったので、結局は負けた。残念。なかなか、勝てないもんだねぇ。指がついて行ってないのかな。どうしても黄色いターバンがほしくて、ちょっとずるいことをして勝とう思っていたのだけど。

 対戦が終わって、元の世界にもどされて、再び、デーモンになろうと思って、待っていたら、PS3ってすごいのね。チャットっていうか、対戦相手からメッセージが来て、びっくりしちゃった。俺がずるいことをしたので、怒らせちゃったみたい。ずるいことを謝ったら、対戦相手もひどいメッセージだったって謝られちゃって、ずるいことをしたこっちが恐縮しちゃった。

 さらに、お詫びと言って、その方の世界に召喚されて、武器をもらったんだけど、なんだかすごい武器だった。もらってよかったのかな? ずるいことしたほうがあれなのに、相手はベテランそうだから大丈夫かな?

  その後、その方の世界でプレイをしたんだけど、黒いファントムが入って来たりして、撃退するのに、自滅で死んだりして、足手まといになったなぁ。でも、これが意外に面白かったなぁ。仲間同士で戦っているという連帯感みたいな感じがうれしいね。チャットしながらだったので、チャットの入力中は、ゲーム画面が見えないので、その間にその方が黒いファントムと戦っているのに気がつかなかったりして、迷惑かけたなぁ。でも、ベテランだからへでもなかったみたいだけど。

 死んでもとの世界にもどされて、復帰するため召喚されようとソウルサインを出そうとしたら、あせって操作を間違って、黒いファントムになって別の世界に入ってしまったりした。速攻、もとの世界に戻った。

 ソウルサインを出していたら、他の人に召喚されたりして、やってて、おいおいって、笑った。でも、基本よわよわなので、その人にすら、全く貢献できなかった。ダメダメだ。

 チャットしながらやるって、MMORPGと基本変わらないよな気がするなぁ。コントローラでのテキストチャットは、入力に時間がかかるのでディレーが発生するので、仲間内の音声チャットならもっと面白いかもね。やってる人たちは、いるんだろうなぁ。楽しそう。

 つづきのデモンズソウル(その50)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (2)

デモンズソウル(その48)

 オーラント王との対戦。

 本編は、つらぬきの騎士の要石のつづきで行き詰っていたのであるが、なんとか、火を噴く竜の下をくぐり抜けることができた。

 何回やってもだめなので、ごろんと転がる時に鎧を着ていると、軽快じゃないことを思い出し、鎧を脱いで、走り抜けてみた。そしたら、HPがかろうじて赤いのが残っている程度で走り抜けることができた。あ、ちなみに炎の指輪もしている。

 走り抜けたら、黒いファントムがいた。1回目はやられちゃったが、2回目はなんとか、倒せた。そして、エレベータに乗り、着いたところの霧の扉をくぐり抜けたら、ムービーが始まり、オーラント王との戦いとなった。

 はっきり言って、無理。ぜんぜん、刃がたたない。困った。魔法攻撃を受けつつ、物理攻撃もうけるし、相手がワープしてくる(ように感じた)ので、回復が間に合わない。その上、こちらの攻撃もほとんど効かない状態だ。一所懸命切ったけど、HPを1cmも削れなかったと思う。

 どうクリアすればいいのか? まだ、レベルが足りないのか? これが本当のデモンズソウルなのか?

 つづきのデモンズソウル(その49)は、ここ。(2009年11月9日追記)

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »