« 新しいPCの構想(その19) | トップページ | PS3にも縦置き用オプションが存在 »

PS4買った

 来るべくBloodborneに備えて、PS4を購入。

 PS2、PS3、PS4と並べると、どうしても縦置きにせざるを得ない。もっと機種が増えれば、縦置きより、横置きで積み重ねたほうが効率が良くなるのだろうが、今のところ縦置き。ちゅうか、縦置きにするためのプレートがわざわざオプションで別売りになっているのは、どういうことよ? しかも値段が2000円越えって。材料代なんか100円もかかっていないだろう。型代にしたって、この程度の大きさなら100万円もかからないのではないか?型が何台あるかわからない(他に型寿命と想定生産台数を推定すればわからないでもないが)が型代を転嫁しても販売台数考えたら100円も転嫁すれば十分ではないか?しかも、設計が中途半端で、固定のための回転部品が2個も付いているが、本体へのはめ込み式のみにしておけば、さらに原価低減できていたであろう。回転部品がある設計思想がわからない。

 したがって、どう考えても2000円は高い。はっきり言って、ぼっている。本体の利幅が狭いので明らかにオプションに転嫁しているとしか言いようがない。そこまで、苦しいのかSonyよ。

 本体についてだが、形状がななめになっているのが気に食わないのと、PS3の場合縦置きにする時天面が手前になるように配置しているが、PS4の場合は、ディスク挿入口を同じ向きにすると、底面が手前に来るようになっている。このため、ディスクの挿入はレーベル面をPS3と逆にして挿入する必要があり、縦置きの際の使い勝手の互換性が維持できていないのも気にいらない。PS無印、PS2、PS3の互換性を切ったにしても、せめてディスク挿入の向きは統一してほしかった。横置きメインに考えていたので、そこまで、企画部門は考えていなかったのだと思う。使い勝手は、重要な要素なのにそういう細かいところまで検討しきれていないところが今のSonyの凋落があるのであろう。

 ゲームは、PS4のゲームでなにが流行っているか知らないので、Bloodborneと同じくメタルギアソリッドVも購入予定のため、そのプロローグ編のGround Zerosを購入。安かったし。1800円。画面めちゃ奇麗。ライティングの演出効果のためかPS3よりもきれいに見える。全編映画なみのクオリティというと語弊があるが、ほぼ映画。ゲーム内容もよかった。かくれんぼしながら、目的を達成していくというのが、面白い。メタルギアソリッドVの本編が楽しみ。

  今後の互換性の問題だが、多分、今回のPS4からPS5以降は、CPUがインテル系なので互換性が維持されるのではないかとい思う。

 PS3もMIPSを維持していれば、中途半端なことにならなかったのにと思う。そもそも、PS3は、風呂敷を広げすぎ。ゲーム機でCPUをたくさん作って、その安価になったCPUをワークステーションに搭載してもらいCPUとしての市場をとろうなんて大それたことを考えたのが敗因。だいたい、Cellといってもそれほど性能高くなかったし、ゲーム画面中、メッセージ書いたりする時に文字入力がかくかくしていたから、UIと絡むと明らかに性能は良くなく(単なる科学技術計算なら性能いいのだろうけど)、OSの移植性なんか何の考慮もしていなかったのだろうから、広まらなかった。ビジネスモデルとしては面白かったが、ゲーム機はゲーム機としておいたほうがよかったかもね。

 話がそれたが、PS3のときも最初に買ったゲームがメタルギアソリッドIVだったので、PS3以降は、メタルギアソリッドをやるためにPlayStationを買っているといっても過言ではない。

|

« 新しいPCの構想(その19) | トップページ | PS3にも縦置き用オプションが存在 »

PS3」カテゴリの記事

PS4」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

メタルギアソリッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいPCの構想(その19) | トップページ | PS3にも縦置き用オプションが存在 »