« 2015年9月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

日本楽器製造株式会社(その2)

 ギター購入の下見に行ってきた。

 目標は、エレアコだったが、まずは、ヤマハのサウンドホールから見えるラベルの確認をした。

 MADE IN CHINA

 はっきりと表示されていた。全く、買う気が失せた。

 見た目は、そんなに悪くないので、ヤマハの指導の元、ちゃんとしたものを作っているとは思う。

 だが、ダメだ。全く購買意欲が湧かない。どうしたもんか。一目みてヤマハ製とわかる独特のピックガードの形が気に入っているのだが、中国製ではいかんともしがたい。

 TAKAMINEかK.YAIRIに決まりだな。

| | コメント (0)

日本楽器製造株式会社

 ヤマハのことである。

 新しいギターの購入を検討中で、大昔に購入したギターがヤマハのFG-850(草色ラベル)だったので、ヤマハを調べていたら、中途半端に値段が安いのである。まぁ、安い分にはいいかなぁと思って、さらに調べてみたら、ほとんどが中国製に変わっていたではないかっ!

 おいっ!ヤマハっ!俺は、中国製のギターなんかいらんのじゃ!日本楽器という社名なら日本製に固執すべきであろうがっ!ボケがっ!日本製のものを購入しようと思って値段調べたら、貧乏人には買えない値段ではないかっ!100万円も超えていたらよっぽどの見栄っ張りかなんかでないと普通のアマチュアレベルでは買えないぞっ!

 だから、ほとんどが中国製になったのだろうが、中国製のギターなんか持っていたら恥ずかしくてたまらん。しかも、ラベルのとこにMADE IN CHINAて書いてあるそうではないか、ホールを覗くたびにMADE IN CHINAって書いてあったら、萎えてしまうやろっ!ボケがっ!

 なので、もう、ヤマハのギターは購入できない。お金持ちになるか宝くじに当たったら購入を検討しないでもないが、10万円から20万円レベルでも中国製というのは、消費者をなめているとしかいいようがない。せめて、半製品を日本に輸入して、日本で完成品に仕上げて、MADE IN JAPANと表示してくれよ。そうすればまだ、購買意欲があがるのに。中国製は断じてだめだ。絶対買わない。

 なので、日本楽器という看板もおろせよ、ヤマハのぼけがっ!と書いてみて、調べたら、すでに看板おろしてヤマハ株式会社になっていた。もう、30年も前の話だった。

 でも、中国製のギターは買いたくないので、TAKAMINEを検討中。K.YAIRIでもいいけど。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2016年7月 »