« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

エフェクター買った

 ギターのエフェクターのエコーというのは、リバーブというらしい。

 ギターのエフェクターのエコーは、やまびこのエコーを指すというのを初めて知った。なので、リバーブを購入。amazonで朝8:00頃頼んだら、夕方7:00に着いた。プライムなんとか入れば、即日発送とかいうのになっていたので、プライムなんとかになった。それは、本題ではないので、いいのだが。

 エフェクター関係の知識が全くないので、Web調べて、どのエフェクターがいいのかを選ぶのであるが、よくわからないので、リバーブのレビュー一覧が乗っているWebで見て決めた。本当は、1万円ぐらいのやつで良かったのだが、よさそうなものがなかったので、デザインがよさげな、BOSSのRV-6というのにした。昨年、13年ぶりにモデルチェンジしたそうなので、まぁ、いいかなと思って買った。

 よかった。というか、他のエフェクターをしらないので、比べようがないのだが、俺のギターの音色がすこし良くなったような気がする。エコーが効くので、そう聞こえるだけのような気はするが。リバーブの種類も8種類あって、まぁ、使えないものもあるが、俺が思っていた効果をかけられて満足。録音しても、ようやく聞くに耐えられるようになったと思う。

 DysnamicとModulateというリバーブがいい感じ。良くはわからないが、それぞれの効果とも原音を維持しつつ、音響効果が付加される感じ。つまみを色々いじくって、適当に気に入るところに合わせていくのが、すこし厄介な感じがするが、そういうものだからそれは仕方ないし、逆に自由にできるということで、いいと思う。

 最初、BOSSって海外のメーカだと思っていたら、Rolandの傘下だった。日本のメーカでよかった。(同時に買ったACアダプタ:PSA-100Sは、Made in Chinaだったが、これは仕方あるまい。RV-6自体は、台湾製。まぁ、中国製よりは信頼できる。)

 俺のアンプ(ひろ丸殿のおさがりのHIWATTの20W:型名不明 CUSTOM 20?)にリバーブがついていたら、おそらく、エフェクターは買っていなかっただろう。で、リバーブ付きのHIWATTのアンプを買えばいいのであろうと思い、Webで調べたらHIWATTのアンプの値段が俺の金銭感覚と桁違い違う金額で、軒並み30万円超えだった。もらった当時、アンプの値打ちなど全く知らないので、くれるというのでもらったのだが、こんなに高いものをもらってよかったのだろうか? 同時にもらったストラトもFenderだったのだが、ひろ丸殿は、もしかして大金持ち?

 とにかく、アンプにリバーブがついていなかったので、リバーブを買うことになったが、RV-6を買ったのは大正解だったと思う。

| | コメント (0)

ギターの弦高

 俺のギターは、ビンテージもん級のギターなので、もう、ネックがいがんできているのに気が付いた。
 
 12フレットのところで、弦高が5mm~5.5mmもあった。問題の7フレット目は4mmほどあった。1フレットのところでは、約2mmなので、明らかにネックがいがんでいると言っていいだろう。昔に比べて、なんだか弾きづらくなっているのは、このせいではないのか?
 
 新しいギターだと、普通、弦高はどれぐらいに設定されてるのであろうか? ピックアップの取り付けで我慢しようと思ったが、やっぱり新しいギターを買ったほうがいいかな?
 
 良くわからずTAKAMINEのピックアップを買ったので、ギターもTAKAMINEにしておこうかな? もう少し、弦高がひくければ、ショートスケールじゃなくても、スタンダードスケールのギターでも問題ないような気がしてきた。
 
 どっちにしようが、試奏させてもらう必要があるのだが。試奏させてくれという勇気がないので、どうすればいいのであろうか?

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »