24

24(その13)

 シーズン6見終わりました。

 ジャック・バウワーの一家って、アメリカを揺るがすほどのすごい一家なのね。弟は、大統領を操るし、親父はテロリストに協力するし。家族として崩壊しているのではないのか? それとも、家族による壮大なる自作自演か? まぁ、そういうことを書き出すと止まらなくので、別に機会に譲るが。

 話的には、最後の4時間分は、ちょっといらなかったなぁ。核爆弾残り全部発見ですましたほうが、ストーリー的にはまとまっていたと思う。ちょっと、話しを作り過ぎて残念。最初のほうは、人間関係が複雑に絡み合って面白かったので、ちょっと悔やまれる。トミーの活躍が意外だった。悪者だと思っていたのに。

 娯楽作品なので、教訓めいたものを期待するのは、間違っているが、最後に考えさせられるようなものがあればよかったのにとは思う。思うだけだけど。

 現在、このシーズン6で発売されているDVDはすべてだそうだ。シーズン7が楽しみである。DVDを貸してくれた友人には、今度、食事をおごりましょう。

| | コメント (0)

24(その12)

 シーズン6って、結構面白い。一番面白いかも。ディスク7枚目まで見た。でも、ゴールデンウィーク終わっちゃった。

 しかし、知らん間にアメリカの被爆回数が日本を越えたな。1回目は砂漠での爆発だったが、2回目は核爆弾ではなく原子炉のメルトダウン、3回目は、本当の被爆だな。だからなんなんだっていうことだけど、あまりにも安全保障がよわよわではないのか?と。脆弱な日本よりもさらに弱いぞ。しかも、大統領が交代しすぎ。シーズン4、6と途中で副大統領が、大統領に昇格している。

 あと、今、考えたらCTUってハッカーの集団かよ? あらゆるサーバーに進入して、そのデータを見るってどういうことよ。で、肝心なデータだけは見られないって、ドラマとして都合よすぎ。ドラマだからしかないけど。

 まぁ、息の抜けない面白さがあるので、次から次へと関連性を持ってシナリオを進行させていかなければならないので、仕方ない面もあるが、最後をうまくつじつまが合うようにまとめあげていれば、最高だなぁ。

| | コメント (0)

24(その11)

 シーズン6鑑賞中。まだ、ディスク4枚目だけど。

 今回も面白い。5より面白いかも知れない。人間関係がちょっと複雑になってきた。ジャック・バウワーに弟がいて、こいつが、シーズン5の大統領を操っていたはげめがね男だったことには、驚きを隠せなかった。親父も出てきた。だいたい、親父より先につるっぱげってどういうことよ。でも、そういう場合、やはりお兄さんのほうが先にはげるのではないかと思うが、それは、置いといて。

 ちょっと、話の先が読めないので、次がどうなるのだろうか?とわくわくするなぁ。ディビットの弟が大統領になったのは、ちょっとやりすぎという気もするが、なんらかのシナリオ上の思惑があるのか? 妹も出てきたし。

 残り4個の核爆弾の行方を追うのが、今回の話なのか? それだけではあるまい。何か、別な話が絡んでくるはず。ゴールデンウィークだし、楽しみだなぁ。

| | コメント (0)

24(その10)

 シーズン5を見終わりました。

 シリーズとしては、一番面白かった。一気に見ちゃったので、身体の調子がおかしい。金曜日、土曜日の夜と徹夜になってしまった。

 あまり期待していなかったが、いきなりパーマーが殺されて、なにぃっ? どういう展開だぁ? と度肝を抜かれて、一気に見てしまった。結果としては自作自演だったのだが、石油利権のためにそこまでする必要があるのかが大きな疑問だし、大統領と連絡とりあっていたハゲちゃびんのめがねかけた男(グラハム?)っていったい何者よ? っていうのはあるが、結構面白かった。

 今回は、ほろりとする場面も多かったなぁ。でも、やはり銃撃戦が多すぎるし、CTUのセキュリティがよわよわだし、外部から簡単に内部のサーバーにアクセスできるのも問題だ。パスワードとか簡単に電話で連絡しているし。

 一番の疑問は、アメリカ社会ってなんでもデジタル化されているのか?ということである。監視カメラの映像ってデジタル化されてサーバーに保管されるように常になっているのか? しかもその保管場所にCTUが自由にアクセスできるのもおかしい。ファイアーウォールとかあるから部外者が簡単に映像の盗み見なんかできないだろう。見取り図もそう。どのようなビルでも配電図とかがデジタル化されていて、すぐ見れるっていうのは、無理でしょ。現実問題。なんでもPCからアクセスできるようになっているのは、やりすぎではないのか? ドラマって言えばそれまでですけど。

| | コメント (2)

24(その9)

 シーズン4、見終わりました。1の次に面白かったのでは、ないだろうか?

 インターネットのアクセス過多を招くため国防長官の誘拐してのトロイの木馬の仕込み、それに伴う原子力発電所のメルトダウン、エアフォース1を撃墜して核ミサイルのスイッチ(フットボール)の略奪とか、一連の流れに不自然さがないのがよかった。最後は、しみじみさせてくれたし。

 でも、ジャックバウワーって鬼のような性格だな。国のためなら知り合いをも殺してしまう。冷酷すぎる。

 話し変わるが、撃ち合いが多すぎる。これ、アメリカではR15指定とかになってないのか? アメリカの銃社会を象徴しているような気もするが、銃撃であまりにも人が死にすぎのような気がする。テロからの国防のためなら、手段を選ばないという意思の表れなのか?

| | コメント (0)

24(その8)

 シーズン4を鑑賞中。

 今回は、過去のしがらみがなさそうなのでなんとなく、期待していた。シーズン1に比べたら、緊迫感は若干低いが、それなりに面白い。今回は、ちょっとシナリオが工夫されていて、シーズン2や3のような時のぐだぐだ感がないのがよい。しかも、ちょっとやりすぎ?っていうところもあった。

 シーズン1や2の時の登場人物も改めて出てくるけど、それが逆に新鮮だったりするのも不思議。ディスクが残り2枚だが、どう落ちをつけるのかが楽しみだ。

| | コメント (0)

24(その7)

 24シーズン3見終わりました。もう、ぐだぐだ。何かと人を殺して決着をつけているという感じ。

 複線のふの字もなく、終わらせたという気がする。ちょっと、納得がいかん。シーズン1で出てた主な人を殺しちゃうし。せめて、大統領は最後まで正義感を強くもっているように描いてほしかったなぁ。

 それと、シャペルっていう本部の人をもうすこしいたわってほしかった。犯人の気まぐれで殺されて、しかも、時間稼ぎになったのだから、国葬ぐらいしてやってもいいのではないか?そうでないと浮かばれないと思う。

 これで、シーズン1~3のしがらみが消えたところで、シーズン4がどういう話になるのかが、大いに楽しみだ。

| | コメント (0)

24(その6)

 シーズン3を今見ているが、1、2、3と進んでいくうちに、緊張感がなくなり、だらだら感を感じるようになってきた。

 今回は、生物兵器テロの話だが、シナリオ進行に無理があるように思えてならない。だいたい、メキシコでの取引って意味があったのか? なんとか話を面白くしようと無理やり話しを入れているだけではないのか? 非常に不自然。

 シナリオ的に不自然さは、まぁ、仕方がないとして、CTUの人たちはいったいいつ寝てるのだ? 普通24時間勤務体制なら、3交代、または2交代制をひかないと、労働組合がOKを出さないのではないか? それとも、国家公務員だからスト権がないのか? 労組も組織されていないのか? こういう現実的なところももうすこし詰めてほしいものだ。

 それにしても、全員が眠気に襲われてこないのはいかにも不自然。それほど緊張感があるということか? いくら緊張感があっても、完全な徹夜は、あれらの配役の年齢なら相当身体を酷使しているはずなので、あくびのひとつも出るはず。

 話が都合のいいように進むのは、ドラマなので仕方がないが、1、2と見てきて、あぁ、やっぱりな、というできすぎの面があるので、意外性が少なくなってきている。

 面白いことは面白いが、シーズン1の時のように次が見たくなって仕方がないというのがかなり薄らいできて、今回はまったく徹夜に陥ることがなさそうなので、身体的に楽。

| | コメント (0)

24(その5)

 シーズン2見終わりました。2話だけ見ようと思ったら、徹夜して、最後まで見てしまった。面白かった。でも、苦言を3つほど。見た人しかわからんと思うけど。

 1つ目。最後のほうの事件解決のシーンでのヘリコプターでの狙撃はだめでしょう。ヘリコプターってすごい騒音だから敵に即バレでしょう。なのに、敵が気がつかないのは、設定に無理がある。

 2つ目。ジャックバウワーは、拷問受けてんねんから、やっぱり痛いのは残っていると思うねんけど、そんなに痛がっていないのはおかしい(心臓発作関係はあったが)。半田ごてで焼けどとかさせられたら、1時間やそこらでは直らんし、ずきずき痛いはず。それと、大統領元夫人もそう。おなか刺されてんねんから、1時間やそこらで痛みが消えるとは思えない。走ったときは痛そうにしていたけど、普通のときは痛そうにしてなかった。

 3つ目。キムの無実が証明されたのはいいが、そうなった場合、もともとの犯人は警察に拘束されているのが普通だと思うのだが、それがなぜか身柄を警察に拘束されていない。脱走したのか? こういうことをするから、少女に正当防衛と言えども殺人を犯させてしまうことになった。

 面白いことは面白いが、もう少しディーテイルを詰めてほしいかなとも思う。

| | コメント (0)

24(その4)

 シーズン2をDVD8枚目まで見終わったが、よくよく考えたら、ジャックバウワーって、大悪党ではないのか?

 シーズン2の冒頭でいきなり人を殺しちゃって、正義感もあったもんじゃない。おかしいでしょう、殺人は。しかも、お咎めがない。いくら自由の国アメリカといえども、そこまで無法ではないとおもうのだが。24時間の話なので、次の日に逮捕されて裁判を受けさせられるかのもしれないが、本人自身、反省の念がないのも問題だ。事件を解決すれば何でもありっていうのは、ちょっと納得がいかないなぁ。

 まだ、シーズン1と2の途中までしか見てないが、大統領だけ正義感がある。大統領しか信じられない。大統領以外の人は、みんな悪党に見えるよぉ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

24 | Bloodborne | CDづくり | CPUが表示されない | CPUファンがうるさい | MMORPG | OfficeのDSP版 | PS3 | PS4 | Q9450はまだか? | Raidの威力 | SIREN | SIREN NEW TRANSLATION | SIREN2 | あけましておめでとう | いか焼き | ごみ屋敷 | しみ込み焼 | じゃがりこ | すき家 | なんだかPCが壊れそうだ | ひげトリマー | へたれ保守 | むかつくやつ | めまい | ウェブログ・ココログ関連 | エ○ブ○ | エコロジー | カップラーメンに除草剤 | ガソリンの値段 | ギャンブル | クレイマー | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントが投稿できない | スポーツ | ダイドードリンコ | ダークソウル | デモンズソウル | ドンキホーテ | ニュース | パソコン・インターネット | パチスロ | パチスロ戦国無双 | パチンコのコマーシャル | プリンタ | ペットボトルのお茶 | ホームランバー | マタンゴ | マナー | メイドカフェ | メタルギアソリッド | 中国の地震 | 体調崩した | 俺ははげている | 北京オリンピック | 吉法師殿のPC | 吉野家 | 国盗りカウンター | 実を言うと今日は誕生日 | 寒い | 小室哲哉 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 新しいPCの構想 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 松屋 | 武蔵野腹いっぺぇうどん | 毒ギョーザ | 民主党って | 焦った | 百度 | 直前記憶喪失 | 眼鏡 | 経済・政治・国際 | 聖火リレーの妨害 | 育児 | 胡錦涛来るなよ | 自動公開 | 芸能・アイドル | 落書きについて | 西武鉄道 | 贅沢時間完熟マンゴーラテ | 阪神 | 音楽 | 食べ物 | 食欲の秋 | 骨折した