武蔵野腹いっぺぇうどん

武蔵野腹いっぺぇうどん(その6)

 なんだかんだ言うてても、先週の金曜日に武蔵野腹いっぺぇうどんに行ってきた。お肉増量キャンペーンをやっていたので、それにつられてしまった。

 例のごとく、店に入って、ワンテンポ置いてからの「いらっしゃいませ」の声。「遅いんじゃっ、ぼけ」と、つい、小声で言ってしまった。大きな声で言ってしまうと松屋の時と同じで二度と行けなくなるので、小声にしといた(ちょっと成長)。

 お肉増量が目当てなので、当然、豚肉汁うどんをたのんだ。お肉増量をちょっと期待してたけど、う~ん、1割増しぐらいだったかなぁ。俺としては、1.5倍ぐらいの量になっていると勝手に推測していたので、がっかり指数が思いっきり跳ね上がった。でも、なんだか客がいないので、哀れだからしかたないかなとも思う。

 なぜ、客が入っていないか? これは、やっぱり、客を迎えるときの「いらっしゃいませ!」の挨拶のタイミングと発声が、毎回書いているけど、なってないからだと思う。他の人は、ちょっと行ってごらん。すんごく嫌な気持ちになるから。挨拶がなかったり、遅れたりしただけで、あぁ、どうせ俺はダメな人間だ、なんで一丁前に外食しているんだろう? ここに来るのは俺は場違いなのか? 俺は誰からも無視されて生きていくんだぁ。俺に挨拶をしてくれる人なんかこの世にはいないんだぁっ! もう死んだるわいっ!! と、大げさに言えば精神的に追い込まれてしまう。

 大島敏よ、わかってるな。もうこれ以上は言わないが、挨拶の教育だけは、しとけよ。それと紙ナプキン話は今回はやめといたる。

| | コメント (3)

武蔵野腹いっぺぇうどん(その5)

 先週の火曜日に、また、行って来ました。武蔵野腹いっぺぇうどん。ますますむかついて来た。

 大島敏よ、お前の従業員教育はどうなっているのだ? 今回は、ワンテンポ遅れがあったが、俺にいらっしゃいませと言ってくれたが、俺より遅く来た客には、なかったぞ。おかしいだろうっ! そんなに客が来られて嫌なら店を閉じろ。店じまいしてしまえっ。残念だが、あんまり流行ってないみたいだし。客も店に入った時に無言だったら気分が悪いと思うぞ。いっぺんそういう扱いをお前自身受けてみろ。

 それに、もう閉店間近だからといって(と、言っても余裕で20分はあった)、客が座っていないテーブルのメニューとか箸とか小物を片付けるのはやめろ。こっちは、まだ、食事をしているのだ。お前の店は、食事にふさわしい快適な空間をも提供しないということなのか? はよかえれぇ~、はよかえれぇ~って言ってるみたいだし、閉店間際の客に対して無言なのは、なんできたんじゃっ?っていう感じで非常に感じわるいぞ。

 まだ、紙ナプキンに変えてないし。ティッシュBOXは貧乏くさいからやめろっと言っているのだ。

 お前、経営規模を大きくしすぎてるやろ。もう、すでにお前の目が届かん店ができつつあるんとちゃうんか? だから、こういう店ができてしまうんだろうがっ。そういう店に大島屋と名乗らせないほうがいいと思うけどなぁ。まぁ、どっちにしようがお前に期待していた俺が馬鹿だったということに変わりはないがな。 

| | コメント (0)

武蔵野腹いっぺぇうどん(その4)

 2回目行って来ました。武蔵野腹いっぺぇうどん。

 大島敏よ、お前にはがっかりだ。店に客が入ったにもかかわらず、従業員が無言とはどういうことだ? 普通は、「いらっしゃいませっ。」と、言うだろう。俺は、がってん寿司のように元気な声でそれを言われることを期待していた。でも、実際は無言だった。客に対して失礼だと思わないのか? 来てほしくないと言わんばかりだ。がっかりだ。大島屋の名が泣くぞ。

 従業員教育をちゃんとしておけ。こういうことだから、普通なら書き入れ時の午後8時でも客が俺を含めて3組しかいないのではないか? 店自体の存続が危ぶまれるぞ。

 しかも、まだ紙ナプキンの代わりにティッシュを置いているし。前にも言っただろう、ティッシュだとそこらの小さいラーメン屋と変わらないと。武蔵野腹いっぺぇうどんをブランドとして店を発展させたいのであれば、武蔵野腹いっぺぇうどんと印刷した紙ナプキンを置け。そういうところから、ブランドは形成されるのである。

 とにかく、がってん寿司でお前に期待していた俺が馬鹿だということに気がついた。お前の求めているお客様を喜ばせることは、一瞬にして微塵にも砕けるということを忘れるな。

| | コメント (0)

武蔵野腹いっぺぇうどん(その3)

 ついに行ってきました。武蔵野腹いっぺぇうどん。

 食べたのは、当店一押しという豚肉汁うどん。一押しというので、他のものを選んで論評するのは邪道だとおもったので、それを選んだ。うどんとおつゆが分離されていて、つけ麺風にして食べるものである。ていうか、ぶっかけうどん以外腹いっぺぇうどんでは、そうして食べる。おいしかった。おつゆを全部飲んでしまった。

Butanikushiru  おつゆはしょうゆ味で、豚肉の油がよく出ている。ゆずの皮がすこし入っていてそれが、油濃さを中和して清涼感を与えている。もうすこしゆずが入っていてもよかったかと思う。具材は豚ばら肉っていうやつかな、脂身と赤身が半々ぐらいのやつ、それが結構な量入っていた。普通の店なら申し訳程度にしか入ってないようものだが、足りないと思わせないぐらい入っていて、いい感じ。ただ、煮込まれているので、ちょっと固めになっていた。肉の厚みをもう少し薄くすれば、硬い食感は和らぐかもしれない。ねぎは、関西でいう東京ねぎが惜しみもなく入っていた。1cmぐらいずつの長さに切られていて、薬味ではなく、ねぎとして味わえるようになっている。量的にはこれも、多すぎず少なすぎずっていう感じ。よく計算されていると思った。

 麺は、その店での手打ち麺で、手打ちしているところが店のなかから見えるようになっている。この麺もいい感じ。手打ちっていうのがすぐわかる。結構、こしがあるし、太め。麺の熟成途中なのか戦時中を思い起こさせる「すいとん」の味が時折して、なつかしい感じがした。「すいとん」の感じがするのは、ごくごく一瞬だけで、うどんとしてはその食感を含めて、美味の部類に分類されるとおもう。のど越しもよい。腹いっぺぇうどんというだけあって、普通盛りで400グラムあるので、これで十分。大盛りで600グラム、特盛りで700グラム、名前を忘れたが1キログラムっていうのもあった。400グラムは女性にはちょっときついと思われるので、300グラムとか、250グラムのメニューも追加したほうがいいと思うぞ。

 さて、今回なぜ、武蔵野腹いっぺぇうどんを食せたかというと、営業時間が追加されていたのだ。以前は、非難ごうごうの10時~15時だけだったが、これに加えて、17時~21時の営業時間が追加された。昼の部、夜の部の2段階構成で営業されるようになったということだな。えらいぞ、大島敏よ。売り上げが倍増したのではないか? 関西人は夜でもうどんを食べるのだ。

 店の雰囲気を伝えるのを忘れた。店が新しいせいか、非常に清潔感があふれていた。明るい。コンビ二なみに明るい。中途半端な明るさでないのがいい。いいぞ。奥にはお座敷があった。小さい子供づれのときに便利であろう。接客もいい。水がなくなったら、言っていないのにすぐに水を継ぎ足しに来てくれたし、オーダーを頼むのも呼ぶ前に見計らって、テーブルに来てくれたし、好印象。教育が行き届いている感じだ。また、すでに述べてしまったが、麺の手打ちするのが見えるようになっているのも、客寄せ的にはいい感じだし、そこに不潔感が見られないのがいい。大島敏よ、客は、よく見てるぞ。手打ちをアピールするのはいいが、客は手打ち作業だけを見るのではない。作業に使われる道具、作業している人のしぐさ、手打ちした麺をどこにおいているか等々、自分たちが食べる食材だからよく見てるぞ。特に手で汗をぬぐってそれでそのまま手打ち作業をさせるのではないぞ。汗をかくことは厳禁じゃ。道具も清潔に保っておけよ。バイトの面々をよく教育しておけ。また、座席数の割りに従業員が多い感じがするので、そこは、経営課題としてサービスの質を落とさず合理化を図って、末永く営業できるようにしてほしい。たのんだぞ。合理化の提案として、メニューが少ないのを生かして、食券の活用を考えてみてはどうじゃ? ただ、温かみのある手作りを目指しているお前の経営方針からは、離れてしまうかもしれないがな。ひとつ言い忘れた。なぜ、テーブルひとつひとつに紙ナプキンを置かない? うどんをすすった時にテーブルとかにおつゆが飛ぶだろう、それを拭きたかったし、食事が終わったときに口を拭きたくなるのに、紙ナプキンがないからふけなかった。従業員を1名ほど減らして、紙ナプキンを各テーブルに最低1つは置け。ティッシュじゃ、そこらのラーメン屋と変わらないぞ。腹いっぺぇうどんとしてのブランドを大事にしたいのなら、紙ナプキンとしておけ。そこまで考えろ。

 あ、値段だが、400グラムの豚肉汁うどんは650円。俺にとってはちょうどいい感じの値段だ。

Tenbukkake_2 ひゃく殿といっしょに行ったのだが、ひゃく殿は、天ぶっかけというぶっかけうどん(800円)を食された。これも、おいしかったそうだ。すこし油ギッシュと言っておったがてんぷらうどんなので、いたしかたないかも知れない。

 他のみんなもためしに武蔵野腹いっぺぇうどんを食してくれたまえ。おいしい。腹いっぺぇだけあって普通盛りでおなかいっぱいになる。豚肉汁うどんがおすすめだな。讃岐うどんとは、また違った味わいがある。

| | コメント (1)

武蔵野腹いっぺぇうどん(その2)

 まだ、食べてないのであるが。

 検索ページで来る人がときどきいるのだが、腹いっぺぇうどんで検索をかけて来る。なぜ、そんなに検索をかけるのか、非常に気になる。こうなってくると、ぜひとも食いたいと思う。休暇をとって食うしかないのか?

 ホームページを見たら、メニューが更新されていた。どれも、おいしそうだ(株式会社RDCからお金はもらっていません)。だけど、店舗一覧に腹いっぺぇうどんの店舗の記載がされていない。うちの近くだけが5時間営業なのか、他店舗はどうなのかを知りたかったのだが、それもわからない。

 大島敏よ、早く営業時間を延長しろ。ついでにホームページも早く完成させろ。ぜんぜん話が異なるが、食後の歯磨き励行のために店舗でがってん寿司ブランドの歯ブラシや歯磨きの販売を行うのはどうだろうか? 使い切った歯磨き粉のチューブを持ってくると食べたお寿司をすこし安くする。チューブの回収もできて、歯磨きの励行にもなる。う~ん、がってん寿司と歯磨きのつながりが明確でないな、だめだな、単なる思い付きだ、忘れてくれ。つぅか、腹いっぺぇうどんの話からがってん寿司の話に変わってるがな。

| | コメント (2)

武蔵野腹いっぺぇうどん

 株式会社RDCというところがやっているうどん屋である。がってん寿司の系列。がってん寿司とか、がってん食堂とか、おいしくて安いので好き。だけど、この武蔵野腹いっぺぇうどんは、だめだな。期待していたのに。

 食べてもいないのにだめだめ宣言している理由は、営業時間がだめだめだから。10時から15時までって何よ。5時間営業か? そんなんで消費者が満足すると思っているのか? そんなに人件費を削りたいのか? いったいいつ食い行けばいいのだ? 大島敏、お前の経営方針は間違っているぞ。それとも、うどんをなめているのか?

 がってん寿司はめちゃめちゃよかった。おいしくて、安くて、ねたの種類が豊富で、握ってる人の愛想もよかった。ねた切れになるのがたまにキズだが、それでも、俺は100点をやる。がってん食堂もよかった。なので、俺はお前の経営しているうどん屋のうどんがどんなものかを確認したいのだ。腹いっぺぇうどんを食べてみたい。しかぁしっ、営業時間が10時から15時って。理由を教えろ。ホームページで確認しようとしたが、武蔵野腹いっぺぇうどんのパートはまだ未完成だな。だめだぞ、そんなことじゃ。

 とにかく、営業時間の延長を熱望する。せめて、20時まで延長しろ。そうすれば、お前のうどん屋のうどんが食える。できれば、讃岐うどん系がよかったのだが、それもメニューに加えるように要望する。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

24 | Bloodborne | CDづくり | CPUが表示されない | CPUファンがうるさい | MMORPG | OfficeのDSP版 | PS3 | PS4 | Q9450はまだか? | Raidの威力 | SIREN | SIREN NEW TRANSLATION | SIREN2 | あけましておめでとう | いか焼き | ごみ屋敷 | しみ込み焼 | じゃがりこ | すき家 | なんだかPCが壊れそうだ | ひげトリマー | へたれ保守 | むかつくやつ | めまい | ウェブログ・ココログ関連 | エ○ブ○ | エコロジー | カップラーメンに除草剤 | ガソリンの値段 | ギャンブル | クレイマー | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントが投稿できない | スポーツ | ダイドードリンコ | ダークソウル | デモンズソウル | ドンキホーテ | ニュース | パソコン・インターネット | パチスロ | パチスロ戦国無双 | パチンコのコマーシャル | プリンタ | ペットボトルのお茶 | ホームランバー | マタンゴ | マナー | メイドカフェ | メタルギアソリッド | 中国の地震 | 体調崩した | 俺ははげている | 北京オリンピック | 吉法師殿のPC | 吉野家 | 国盗りカウンター | 実を言うと今日は誕生日 | 寒い | 小室哲哉 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 新しいPCの構想 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 松屋 | 武蔵野腹いっぺぇうどん | 毒ギョーザ | 民主党って | 焦った | 百度 | 直前記憶喪失 | 眼鏡 | 経済・政治・国際 | 聖火リレーの妨害 | 育児 | 胡錦涛来るなよ | 自動公開 | 芸能・アイドル | 落書きについて | 西武鉄道 | 贅沢時間完熟マンゴーラテ | 阪神 | 音楽 | 食べ物 | 食欲の秋 | 骨折した