デモンズソウル

デモンズソウル(その179):その後(その2)

 いまだにやり続けているのだが。

 全ステータスを99にすべくちまちまとやり続けているが、マンイータはなんとかなったが、オーラントだけが一人で倒せない。しかも、ここにきて、仇の指輪を手に入れるために自身のソウル傾向を黒に振ったら、それから、北のレガリアが中途半端な強さとなって、通常ゲームでさえクリアが困難になった。困った。

 なので、ソウルレベル1のキャラが開店休業状態だったので、断腸の思いでレベル上げを行い、最初のうちに仇の指輪をゲットして、のちにソウル傾向を白に維持する方針にした。

 だが、気が弱いので、黒に徹しきれず、ホストが戦う気のない人だった場合は、お助け黒になったり、逆に戦う気満々の人はそれなりに強いので、なかなか勝てず、ソウルが減って行く一方で、しかも、現時点では、自身のソウル傾向が中途半端となり、やはり通常ゲームのクリアが困難になってしまった。

 だれか、仇の指輪くれるか、1stキャラの白化を手伝ってくれる人いないかなぁ? 

| | コメント (0)

デモンズソウル2はまだか?

 もう秋なので、デモンズソウル2がでるのかと、検索をかけてみたら、PROJECT DARK(仮称)というのが、デモンズソウル2の位置づけで開発されているらしいことがわかった。2011年に詳細発表ということなのだが、待ちきれない。

 ニコニコ動画で、映像が見れるのかと思ったが、ゲーム画面は見せてもらえず、音声だけだったので、なおさら期待してしまう。

 デモンズソウル自体もちまちまとやっているのだが、ソウルレベルを120に固定してしまうと、それ以降、ソウルが余りまくり、なんだかマンネリしてしまっている。

 普通に戦闘しては面白くないので、かくれんぼしたりしているのだが、それも今いちになってきた。

 やはり、早くPROJECT DARK(仮称)が出ることを祈るしかない。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その178):その後

 引っ越しだとか、バタバタしていたあいだも、やっていたのだが。

 ソウルレベル1は、1周目が完了して、2周目の嵐の祭祀場で止まったままである。他のキャラでどれくらいレベルを上げられるかをやってみたが、ソウルレベル190で、足ふみ中。ここまで来ると、青召喚できないので、なかなかデーモンが倒せず、マンイーターとか苦戦中。物理攻撃主体のキャラと全平均化キャラがいるが、どれも、苦戦。

 そして、ソウルレベル120固定キャラ。このレベルだと青召喚はできるし、黒いファントムも遠慮なく入ってくるので、結構面白いので、現在は、このキャラで周回を重ねている。

 最近、暗黙の了解があるのか、嵐の祭祀場では、タイマンがルールになっているようだ。 これが面白い。まぁ、勝てば、面白いのだが、負けが込めば、結構むかついて、儚い瞳の石を際限なく使ってしまうので自重が必要。

 このキャラは、物理攻撃主体なので、魔法防御力が極端に低いのが難点。浮遊するソウルなんかだと、1撃で死ぬので、対戦相手が、その攻撃だと、戦う気が失せる。だいたい、何のテクニックも必要とせず、自動で攻撃するだけなのに、それで勝ったときに相手が嘆息のジェスチャーをするのが超ムカつく。お前は、なにもしていないだろう。逆に、それで勝ってなにが楽しいのか? 負け惜しみなのだが、そんなんで勝って喜んでいるようでは、志が低いと言わざるを得ない。

 トロフィーを集めきれば、一時中断して別のゲームをやろうと思うが、トロフィーを集めるのも結構厄介。

 はやく2がでないかな?

| | コメント (3)

デモンズソウル(その177):対人トーナメント(9)

 その後、全部で6戦したが、すべて負けた。勝ったのは、最初の1勝だけである。

 すべてが、攻撃をできずに負けてしまった。ちょっとしたかつ重大な操作ミスがあったのは、いうまでもないが、作戦がばれている(公言している)ので、姿隠しやソウル抑制をかける前に攻撃を受けて、一撃死である。SL1でHP265なので、ちょっと松脂か白いべたべたで強化されると、当たっただけで死んでしまう。

 まぁ、自分なりには、操作ミスが悔やまれるのだが、負けは負けなので、仕方があるまい。もっと、精進しなければならないと思う。何はともあれ、対戦してくださった方々、ありがとうごじざいました。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その176):対人トーナメント(8)

 敗者復活戦の戦法であるが、黒いファントムか青いファントムになるかによって、装備品が異なるので、ちょっと考えておこうと思う。

 黒いファントムの場合は、前と同じ装備でいくとして、青いファントムの場合は、奇跡のソウル抑制が使用可能となるので、以下のとおりに考えている。

 防具:老賢者シリーズ(頭部は、銀のコロネット)
 左手1:月明かりの大剣(魔法ダメージ軽減のためで、武器としての使用は考えてない)
 左手2:神のタリスマン
 右手1:銀の触媒
 右手2:月のショートソード+1(マンイータのところに落ちている剣)
 指輪1:魔法鋭性の指輪 指輪2:しがみつく者の指輪
 魔法:火線
 奇跡:ソウル抑制

 神のタリスマンの代わりに獣のタリスマンも考えているが、能力不足なので、どれくらいのダメージを与えることができるかを事前に検証し、それによって判断する。デモンブランドみたいに能力不足にも関わらず格段の破壊力を有していることを期待しているのだが、そんなに甘くはないだろうなぁ。

 前回は、目に余って卑怯なことはしたくなかったので、デモンブランドが使用しなかったが、実際には使用不可ということが記載されていないので、2戦連続で負けたら、勝負はすでについているので、最後の1戦は使わせてもらおう。 

| | コメント (2)

デモンズソウル(その175):対人トーナメント(7)

 いやぁ、負けた、負けた。1勝2敗だった。

 レギュレーションぎりぎり戦法で挑んで、最初に1勝上げたもんだから、2戦目は、ちょっと余裕ぶっこいて一撃で死んだし、3戦目は、本来奇跡なんて必要ないのに抜き忘れて、奇跡のスロットにソウル抑制を入れていたため、魔法を選ぶところの回数が合わず、ソウル抑制を選択してしまって、魔法攻撃ができないミスを犯してしまい、会えなく負けてしまった。

 防具:老賢者シリーズ(頭部は、銀のコロネット)
 左手1:月明かりの大剣(魔法ダメージ軽減のためで、武器としての使用は考えてない)
 左手2:銀の触媒
 右手1:銀の触媒
 右手2:月のショートソード+1(マンイータのところに落ちている剣)
 指輪1:魔法天性の指輪 指輪2:しがみつく者の指輪
 魔法1:姿隠し
 魔法2:火線

 の体制で挑んだ。レギュレーションでは、姿が隠れる系のアイテムや攻撃力増加のアイテムが使用禁止だったので、本来で趣旨で行けば、姿隠しの魔法もNGとなるのだが、レギュレーション上の文書記載がないということで、卑怯な方向ではあるが、姿が隠れることで戦いを有利に運ぶ戦法を取ったのだ。

 結果は、残念ながら敗れてしまったが、意外に使えそうな戦法であることが分かったので、敗者復活戦でもこの戦法で行くことを明言しておく。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その174):対人トーナメント(6)

 明日、いよいよ決戦の日を迎えるわけであるが。

 作戦を練り直してみようかと思う。ローリングができたほうがいいような気もしてきたので、暗銀装備をやめて、老賢者シリーズにしたほうがいいかのとも思えてきた。実を言うと暗銀シリーズで戦闘をしたことがないので、効果がいまいち把握できていないのが不安だからである。それと、作戦変更により暗銀シリーズを着用しなくても済むのではないかととも思っているからである。

 武器のほうであるが、一周目ではその武器を強化したため、素の武器を新たに取りにいく必要があり、2周目で取りに行けるかが最大の課題となっている。自身のソウル傾向が最白なので、デモンブランドが使用できれば、かなりの火力を発揮するのであるが、これは禁じ手とみなし封印しておこう。

 ヒントは、やはり魔法天性の指輪。当日をお楽しみに。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その173):対人トーナメント(5)

 対人トーナメントが今週の金曜日の深夜に行われることになった。

 ガル・ヴィンランドで行くか、変態仮面のドランで行くか思案中。デモンブランドを使用しないことにしているので、変態仮面になりきれないのだが、どうしようかな?

 今回、盾は持たずに、銀の触媒を2本持って挑んでみようかなと思う。右、左で魔法の連打ができるのか? 同時にL1、R1ボタンを押せば、二発分の魔法がでるのか? そういう装備をしたことがないので、どうなるか楽しみだ。

 魔法と言えば、遠隔攻撃が普通だが、対人戦においては遠隔攻撃は必ず避けられてしまうので、基本は接近戦になる。極限まで近づいて、攻撃することが必勝への近道。火力が大きければ当たった時のダメージがでかいし、体勢を崩したときにもう一発入れる機敏な動作が要求される。

 基本は、根気。こちらが撃っても当たらない魔法にイライラせず、忍の一文字で我慢し、相手が、向かってくるところを狙う。

 せめて一勝は上げたいと思う。

| | コメント (0)

デモンズソウル(その172):対人トーナメント(4)

 対人トーナメントのレギュレーションを確認してみた。

・使用出来る武器は無銘無強化で、マップ上又は商人から購入可能な物のみ。
・防具の制限は無し。
・仇の指輪、友の指輪、盗人の指輪以外の指輪は使用可。
・炎の嵐、酸の霧以外の魔法は使用可。
・反魔法領域、吸魂、神の怒り以外の奇跡は使用可。
・鋭い窮鼠の指輪は使用可とするが、対戦前のHP減らしは禁止。
・アイテムの使用に関する制限は無し。
・不公平が無い様。対戦時のエリアソウル傾向は中立とする。
・武器ストックに制限は設けないが、対戦前に開示する。

 使用できる武器は、マップ上又は商人から購入可能な物のみ。というのが、微妙。何もせず、マップ上に落ちている武器のみ使用可能という判断をするべきであろうと思う。となると、ブラムドやブラインドはNGかな。イスタレルはOK。月明かりの大剣は、微妙だなぁ。まぁ、能力不足でこれらを正常に扱うことはできないのだけど、デモンブランドやソウルブランドは、能力不足でも一周目ではかなりの破壊力を有するので、これらは、やはり禁じ手であろう。

 指輪も墓荒らしの指輪がOKだから、ちょいと離れればロックが外れるので、つけることにより少し有利になるとは思うが、接近戦では意味が無いかもしれない。

 魔法は、毒の雲がOKだが、ソウルレベル1だとスロットがひとつしかないので、装備できても火力が弱すぎてだめだなぁ。同じスロット1で装備できる火の飛沫って使ったことがないけど、どれくらいの威力があるのかな?

 トーナメント開催まで時間があまりないが、確認だけはしておこう。

| | コメント (2)

デモンズソウル(その171):対人トーナメント(3)

 一回戦目は、ankodamaさんが相手かと思ったら、間違っていた。だいごろうさんでした。ちゃんと動画を見てなくてすいませんでした。誰にしろ、戦法は変わらないのだが。

 だいごろうさんのbolgによると、だいごろうさんは純魔だそうで、俺と同じである。ただ、魔法にソウルの光を装備してくるとのことなので、火力の面で俺の火線に対して優位である。だが、MPの消費は火線のほうが少ないので俺のほうが数撃てる可能性はある。しかし、根本的な差異として、だいごろうさんはソウルレベル10に対して、俺は、1である。9の差をカバーする必要がある。

 純魔に対抗となると、暗銀シリーズの鎧を着こんでみようと思う。当然、盾も暗銀。ここまできたら、武器は、ブラムド。ガル・ヴィンランドの衣装で戦いに挑もう。おそらく、体力不足で、ブラムドを振り切ることはできないだろうし、ローリングなんかも無理。どういう動作になるのか、予測もできないし、はたして着ることができるのかもわからないが、お笑いのためにがんばってみようと思う。

 ていうか、レギュレーション違反ではないだろうな。武器は強化せず、落ちているものであればOKのはずだったと記憶しているが。敵を倒して落としたものは、NGなのか? だろうな、OKだとデモンブランドやソウルブランドがOKになってしまう。まぁ、その前に、草類ALL99、魔法の素2種ALL99所有の状態で、体力8で暗銀シリーズを持つことができるのか? という疑問もあるのだが。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

24 | Bloodborne | CDづくり | CPUが表示されない | CPUファンがうるさい | MMORPG | OfficeのDSP版 | PS3 | PS4 | Q9450はまだか? | Raidの威力 | SIREN | SIREN NEW TRANSLATION | SIREN2 | あけましておめでとう | いか焼き | ごみ屋敷 | しみ込み焼 | じゃがりこ | すき家 | なんだかPCが壊れそうだ | ひげトリマー | へたれ保守 | むかつくやつ | めまい | ウェブログ・ココログ関連 | エ○ブ○ | エコロジー | カップラーメンに除草剤 | ガソリンの値段 | ギャンブル | クレイマー | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントが投稿できない | スポーツ | ダイドードリンコ | ダークソウル | デモンズソウル | ドンキホーテ | ニュース | パソコン・インターネット | パチスロ | パチスロ戦国無双 | パチンコのコマーシャル | プリンタ | ペットボトルのお茶 | ホームランバー | マタンゴ | マナー | メイドカフェ | メタルギアソリッド | 中国の地震 | 体調崩した | 俺ははげている | 北京オリンピック | 吉法師殿のPC | 吉野家 | 国盗りカウンター | 実を言うと今日は誕生日 | 寒い | 小室哲哉 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 新しいPCの構想 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 松屋 | 武蔵野腹いっぺぇうどん | 毒ギョーザ | 民主党って | 焦った | 百度 | 直前記憶喪失 | 眼鏡 | 経済・政治・国際 | 聖火リレーの妨害 | 育児 | 胡錦涛来るなよ | 自動公開 | 芸能・アイドル | 落書きについて | 西武鉄道 | 贅沢時間完熟マンゴーラテ | 阪神 | 音楽 | 食べ物 | 食欲の秋 | 骨折した