MMORPG

MMORPG(その4)

 そのゲームは、未成年者はできない規約になっている。が、あまり、細かいことは言わない。

 中学生と聞いて、3度目のびっくりである。キャラの名前がビジュアル系ロックバンドのリーダーの名前だったりしたので、うなずける面もある。女子高生と女子中学生は違っていて、女子高生ならなめられないとのこと。大人から見れば女子高生も女子中学生もたいして変わらないが、こういう考えが、中学生らしい。

 が、俺は、女子高生や女子中学生でびっくりしたっていうことを言いたいのではない。4度目の衝撃があったのだ。

 実は、彼女は心臓病だったのである。確か心房ブロックか心室ブロックでⅡ型かⅢ型らしい(Ⅰ型は積極的治療の必要なし)。しかも、年齢が若くてそのような病気になるのは珍しいらしい。チャットで、リアルでは友達が少ないだとか、就職や結婚ができないとか、暗いことを言っていたので、その理由を聞いたらそういうことだった。実際にゆっくりとしか歩けず、階段が普通に上がれないらしい。

 MMORPGはお兄さんの紹介で、ゲーム内なら元気で走り回れるじゃないかということで、はじめたらしい。事実、元気で走り回っていたし。

 活動的で明るくて積極的だったのでリアルでもそのとおりの人物だと、思っていたが、そういうことがあって、逆にゲーム内ではそういう風に振舞っていたのかと思うと、パソコンの画面が曇って見えなくなった。

 ペースメーカーを埋め込んでいるって言っていた。ペースメーカーってどこにつけるか知っているか?鎖骨の下あたりにつけるらしい。電池の交換だとかで何ヶ月か1回手術を受けるらしい。また、何回か心臓がとまったことがあって、そのときは、なんだかす~っと気を失うような感じで、目覚めたら生きていたという感じで、自分の心臓病で死ぬときも多分そんな感じで目覚めないだけで、そんなに苦しまないのかなぁ~?なんて言っていた。中学生が悟ったように平気で死について語るのである。

 その話を聞いていたとき、涙がとまらなかった。俺が中学生のときは、そんなことは考えたこともなかった。

 それから、まもなく彼女は、調子が悪くなってMMORPGをやめてしまった。やっぱり、ダンジョンとかで狩りをするのもキャラの生死がかかっているので心臓に負担がかかっていたらしい。元気でいればもう二十歳は超えていると思う。俺のことを覚えていてくれてればうれしいが。

| | コメント (1)

MMORPG(その3)

 昨日書いたことは、出会いの部分である。これから書くのは彼女のゲーム内のことについて。

 俺は、MMORPGをはじめたばかりだし、そのゲーム特有のキャラの成長のさせ方の手順というものがあり、いろいろと彼女に教わった。そのゲーム内でも彼女は友人が多く、いろいろと話かけられて人気者のようだった。

 彼女は活発で明るくなおかつ積極的で交友関係も広かった。キャラを成長させるために彼女に特訓をしてもらったり、そのためにギルドといって組合みたいなものに入れてもらたりして、俺のゲーム内の交友関係も広まった。彼女は職業に戦士を選んでいたのだが、俺が職人を目指していたのに、戦士でないとみんなと狩にいけないから、戦士のなり方を教えてあげると、半ば強引に戦士にされたりした。そして、ダンジョンと言ってモンスターがうようよいるところでモンスターを狩って金儲けをした。また、2人だけでドラゴン狩りに行ったりし、結構遊んだ。ゲーム内なのでリアルのことはあまり関係なく、学生時代に戻ったような感じで、ゲーム内の生活を楽しんだ(他の人がはまる気持ちもわかる)。

 そのころ、新しいサーバーの立ち上がり時期と重なったので、その新しいサーバーに移住することにした。新しいサーバーでは、土地が空いているので早い者勝ちで家が建築できるからだ。ただし、キャラは一から作り直しなので、早くキャラを成長させ、いかにお金をたくさん集められるかが、家建築の勝負の分かれ目である。これにも彼女に世話になり、俺はなかなかキャラを成長させることができず、半ばあきらめかけていたのだが、彼女は自分の家の分と俺の家の分の金を稼いでくれたのだ。ゲーム内だけど自分のふがいなさを嘆いた。その金で家を買い、今でも俺はその家を所有している。

 そして、なにかの拍子で、リアルの話をすることがあった。実は、彼女は、女子高生ではなく、女子中学生だったのだ。

| | コメント (1)

MMORPG(その2)

 MMORPGって、いろんな人が一同に集まっているのである。

 スキルあげの材料を集めるために、俺は、材料がいっぱい落ちているところに行った。そしたら、いつも同じ時間帯にスキルあげをしている人も材料を集めていた。その人とはスキル上げのときに、あまり話をしていなかったのだが、挨拶をしてみた。

 オンライン上では入力が面倒なので挨拶は最初の数文字や終わりの数文字を略すのだ。例)おはよう→おは。こんにちわ→ちわ。こんばんわ→ばわ、又は、ばんわ。おやすみ→おやす。あけましておめでとう、今年もよろしく→おけおめ、ことよろ。等々、ちょっとむかつくがしかたがない。 

 俺:「ちわ~。」

 相手:「こんにちわ。」

 俺:「材料いっぱい集まりましたか?」

 相手:「ううん、あたし、材料あつめるの苦手なの。」

 俺は、びっくりした。女と思わなかった。キャラが男だったし、こんなゲームをやるのは、男だけだと思っていたのだ。びっくりして尋ねた。

 俺:「女性の方ですか?」

 相手:「うん、高校生だよ。」

 なんと、相手は、女子高生だったのである。女であることでびっくりして、さらに女子高生ということで、2度びっくりした。今思い出すと、いきなり女子高生とは言っていなかったもしれないが、そういうことだった。ネカマとかではなかった。

 また、長くなりそうなので、今日も、ここまでだな。

| | コメント (2)

MMORPG

 多人数同時参加型オンラインRPGのことを言う。昔やってた。今はほとんどやってない。

 そのときのことを話そう。もう、6、7年前の話である。プレイステーションのゲームや、パソコンのゲームに行き詰まりを感じて、何か変わったゲームがないのかなぁ?と思っていたら、仮想の空間でたくさんの人が集まってやるゲームがあるというのを雑誌を読んで知った。

 ゲームというと決まった筋道があって謎解きをやって、進めていくものだが、このゲームには終わりがない。自分が飽きたらおわりということだろうか。ゲーム内ではプログラム上のずる(チート)をやらなければ、なにをやろうが自由。実際にやり始めて、なんじゃこりゃ?っと思った。

 俺は、職人を選んで、物の販売をやろうと考えた。しかし、商品は、スキルが最大限にあがった職人が作ったものでないと売れない。そのためには、職人のスキルをあげる必要がある。そのスキル上げは、同じことを延々とやり続ける必要があった。しかも、そのゲームは、当時はある一定の時間にスキルがすこし大きくアップする時間帯があり、スキル上げをやる人は、その時間帯に集中的にスキルあげを行うようになっていた。

 スキル上げを行うためには、材料と道具が必要なのだ。材料は自分で調達し、自分が準備した道具と自分では準備できない道具を使って、ものを延々と作ってスキルあげをする。自分で準備できない道具は、町の一定の場所においてあるため、同じスキルをあげるもの同士がその場所に集まるようになっていた。そうすると、毎日、同じ時間に同じ人が集まるようになって、おのずと顔見知りになって、なにかの拍子で話をするようになり、そして、友達になっていくのだ。ゲームといえども相手も生身の人間なので実社会とあまり変わらない。変わるのは、みんながゲーム内のキャラで動いているということだけである。そんな感じで友達ができ始めて、結構、その友達とゲーム内で遊んでいたときの話である。

 結構長くなるかもしれないので、今日は、ここまで。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

24 Bloodborne CDづくり CPUが表示されない CPUファンがうるさい MMORPG OfficeのDSP版 PS3 PS4 Q9450はまだか? Raidの威力 SIREN SIREN NEW TRANSLATION SIREN2 あけましておめでとう いか焼き ごみ屋敷 しみ込み焼 じゃがりこ すき家 なんだかPCが壊れそうだ ひげトリマー へたれ保守 むかつくやつ めまい ウェブログ・ココログ関連 エ○ブ○ エコロジー カップラーメンに除草剤 ガソリンの値段 ギャンブル クレイマー グルメ・クッキング ゲーム コメントが投稿できない スポーツ ダイドードリンコ ダークソウル デモンズソウル ドンキホーテ ニュース パソコン・インターネット パチスロ パチスロ戦国無双 パチンコのコマーシャル プリンタ ペットボトルのお茶 ホームランバー マタンゴ マナー メイドカフェ メタルギアソリッド 中国の地震 体調崩した 俺ははげている 北京オリンピック 吉法師殿のPC 吉野家 国盗りカウンター 実を言うと今日は誕生日 寒い 小室哲哉 心と体 携帯・デジカメ 携帯電話 文化・芸術 新しいPCの構想 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 松屋 武蔵野腹いっぺぇうどん 毒ギョーザ 民主党って 焦った 百度 直前記憶喪失 眼鏡 経済・政治・国際 聖火リレーの妨害 育児 胡錦涛来るなよ 自動公開 芸能・アイドル 落書きについて 西武鉄道 贅沢時間完熟マンゴーラテ 趣味 阪神 音楽 食べ物 食欲の秋 骨折した