PS4

Bloodborne(その3)

 Bloodborneには、Demonssoules、Darksoulesと同様にミニストーリーがあるのだが、 どれも陰気で救いようがない。やっぱり、プロデューサーの心が病んでいるのではないかと思う。俺が確認したミニストーリーは、4つ。

 ひとつは、最初は仕掛け開かない鉄格子の扉のところにある窓に話しかけて、お母さんを探してと少女から頼まれる話。  これ、赤い月に変わる前の話はいいのだが、変わってから姉が出てくるところで、違和感ありすぎ。両親がいないのだから、姉妹で心配するのが普通だし、獣人狩りの夜に姉だけ出掛けていたと言うのか、後で姉がでてくるのに納得がいかない。妹の死にそれほど悲しみがあったようでもなかったし。できれば、もうひと工夫して、大きな豚を事前にやっつけていた場合は、教会にたどり着くようにしていてほしかった。

 ふたつめは、教会に人を集める話。これ、ひねくれものが1人居て、ひねられていてよかった。禁域の森の包帯男をどちらに誘導するかで、話が変わるのだが、教会に誘導したらひねくれ男が死んでいて、あら~と思って、外に出てたら包帯男がいた。話しかけようとぼーっしていたら、マント男に攻撃された。気がついて、応戦したら包帯男を攻撃してしまったらしく、包帯男が「よく、気がついたな!」とか言って大きなより獣に近い獣人に変身したのには、おどろいた。幸い教会内部には入って来れないようプログラミングされていたので入り口のところで片付けたが。老女の精神状態が変化していくのが悲しかった。母親の愛情を感じた。最後は、赤マントの男が反省する話に落ち着いたが、赤マントの男には共感できたなぁ。でも、最終的には救われないことには変わらないけど。

 三つめは、これは一番最初に言う話かもしれないが、病人の話。人間のままで死ねると思っていたら、獣人に変わってしまって、可哀想だった。人間だったときの意識すらないことを表現していたのが、さらにプロデューサーの徹底度合いを垣間見た。

 四つめは 、狩人狩りの話。意外にまともな話だった。強敵と戦って毎回瀕死状態だったけど。

 こういうミニストーリーはいいのだけど、陰気な方向ではなく、救われる話に持っていったほうがよかったと思う。

| | コメント (2)

Bloodborne(その2)

 1週目は、攻略サイトなどを見ずにやる主義なのだ。

 なので、ゲーム進行上、選択肢が存在すると、優柔不断のせいもあって、どちらの選択肢が有利になるか悩んでしまい、いったん回答を保留する。今回は、名前は忘れたが、情報交換の人に協力するかしないかの選択を迫られて困った。

  もしかしてDemons SoulesやDark Soulesのパッチようにだまされるのではないか? 初めての人から、しかも人物像もまったく明らかになっていない状態で、協力するかしないかを訪ねられば、疑り深い俺としては、ふつうは断るだろうと思ってしまう。だが、ゲーム内の話だから、ここは信じてもいいのではないか?という葛藤があるのだ。

 10分ぐらい悩んだ。協力したとたん攻撃してくるのではないか?、こっちの情報だけ吸い取られて、甘い汁を吸われるのはないか?とか。情報教えなかったときは、恨みに思い、ボスキャラと戦っているときにDark SoulesやDark SoulesIIのときのように黒いファントムになって、襲ってくるのではないか、だいたい俺のほうで知りえた情報をどのように伝えるシステムになっているのか?とか、ほとんど相手を信用していない自分に気づいたりした。

 たかだか、ゲームでここまで考えてしまう俺は、かなりあほ。もっと楽にゲームをすればいいのではないかと思う。

| | コメント (0)

Bloodborne

 買いました。

 DarksoulesIIのときは、アマゾンで予約して購入したが、ものが手元に着いたのが、発売日の翌日だった。発売日に手元に着くと思って、会社休んで待っていたのに。この1日損した反省を踏まえて、今回は、近くYAMADA電機で予約もせず、購入。モンハンとかに比べて、コアな人たちがやるようなゲームなので、全然列なんかできておらず、余裕で購入できた。

 やってみたけど、DarksoulesIIより、死ぬ死ぬ。二桁は死んだ。しかも、死んだところまでもどっても血痕がどこあるか目立たないので、回収もできていない気がする。今回は、最初から暗い。こんなのを作るプロデューサーは、心が病んでいるのではないかと思う。暗い、死ぬほど暗い。Demons Soulesの塔のラトリアほど暗くはないが、雰囲気が暗いのだ。救いが見えない暗さといえばいいのか、どうせ死ぬのだからもうどうでもいいやと思わせる雰囲気なのだ。もうすこし、明るいほうがいいと思う。

 今回のモンスターは、あらかじめ見えているのではなく、隠れてて急に襲ってくる場合があって、バイオハザードかと思った。びっくりして心臓に悪いからやめてほしい。

 しっかし、前三作くらべて、死んでばかりなので、なんだか、モチベーションがあがらなくなってきた。もう、じじぃになってきているのかもしれない。

| | コメント (0)

PS3にも縦置き用オプションが存在

 最初に買ったPS3が、PS無印、PS2の互換性があるPS3と同じ大きさのPS2互換が削除されたPS3だったので、縦置きオプションは必要なかったので、その縦置きオプションの存在を知らなかった。

 持っていたPS3が、CELLのBGA(LSIなどを基板に接続するときにLSI裏側に半田ボールが付いていてその半田ボールが溶けて基板と接続される形態で、Ball Grid Arrayの頭文字をとったもの。確か、モトローラの特許。)が半田ボールの大きさのばらつきで半田量が足りなかったのかしらないが、熱により基板と未接続となることでお亡くなりになり、現在販売中のPS3より少し形状が大きいがディスクがスロットインタイプのものを購入(現在の型が出たばっかりだったが、品質も安定したスロットインの旧型をあえて購入。)して、縦置きで使用していたのだが、この形状になってから、縦置きオプションがあることに先日のPS4の縦置きオプションの話を書くときにWebを調べて初めて気がついた。

 もしかして、PS3もオプションなしで縦置きで使用していたんだから、PS4も縦置きオプションなしで行けるかもしれないと、オプション外して立ててみたら、十分使える! 逆に変な出っ張りがなくなり、見え方もスマート。

 PS4の購入の際に調べて、縦置きオプションがあるから縦置きの際には必ず必要と思ったのだが、Sony(正確には、Sony Computer Entertainment)の罠に引っ掛かった。オプション設定の先入観で絶対必要と思ってしまった自分が馬鹿だった。

 いつもなら、オプションなしでも行けるのでは?という想像力を働かせて、後で購入という選択肢を選ぶのだが、なぜ、今回選ばなかったのか悔やまれる。PCを組む時は、ビデオカードなど寸法や電源コネクタの位置など微妙な時は、ケースにマッチするかどうかをケース購入後チェックして、購入していたのに、非常に残念。

 もう、返品は利かないので仕方がないが、罠にはまってしまった自分が悪いのだと諦めるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS4買った

 来るべくBloodborneに備えて、PS4を購入。

 PS2、PS3、PS4と並べると、どうしても縦置きにせざるを得ない。もっと機種が増えれば、縦置きより、横置きで積み重ねたほうが効率が良くなるのだろうが、今のところ縦置き。ちゅうか、縦置きにするためのプレートがわざわざオプションで別売りになっているのは、どういうことよ? しかも値段が2000円越えって。材料代なんか100円もかかっていないだろう。型代にしたって、この程度の大きさなら100万円もかからないのではないか?型が何台あるかわからない(他に型寿命と想定生産台数を推定すればわからないでもないが)が型代を転嫁しても販売台数考えたら100円も転嫁すれば十分ではないか?しかも、設計が中途半端で、固定のための回転部品が2個も付いているが、本体へのはめ込み式のみにしておけば、さらに原価低減できていたであろう。回転部品がある設計思想がわからない。

 したがって、どう考えても2000円は高い。はっきり言って、ぼっている。本体の利幅が狭いので明らかにオプションに転嫁しているとしか言いようがない。そこまで、苦しいのかSonyよ。

 本体についてだが、形状がななめになっているのが気に食わないのと、PS3の場合縦置きにする時天面が手前になるように配置しているが、PS4の場合は、ディスク挿入口を同じ向きにすると、底面が手前に来るようになっている。このため、ディスクの挿入はレーベル面をPS3と逆にして挿入する必要があり、縦置きの際の使い勝手の互換性が維持できていないのも気にいらない。PS無印、PS2、PS3の互換性を切ったにしても、せめてディスク挿入の向きは統一してほしかった。横置きメインに考えていたので、そこまで、企画部門は考えていなかったのだと思う。使い勝手は、重要な要素なのにそういう細かいところまで検討しきれていないところが今のSonyの凋落があるのであろう。

 ゲームは、PS4のゲームでなにが流行っているか知らないので、Bloodborneと同じくメタルギアソリッドVも購入予定のため、そのプロローグ編のGround Zerosを購入。安かったし。1800円。画面めちゃ奇麗。ライティングの演出効果のためかPS3よりもきれいに見える。全編映画なみのクオリティというと語弊があるが、ほぼ映画。ゲーム内容もよかった。かくれんぼしながら、目的を達成していくというのが、面白い。メタルギアソリッドVの本編が楽しみ。

  今後の互換性の問題だが、多分、今回のPS4からPS5以降は、CPUがインテル系なので互換性が維持されるのではないかとい思う。

 PS3もMIPSを維持していれば、中途半端なことにならなかったのにと思う。そもそも、PS3は、風呂敷を広げすぎ。ゲーム機でCPUをたくさん作って、その安価になったCPUをワークステーションに搭載してもらいCPUとしての市場をとろうなんて大それたことを考えたのが敗因。だいたい、Cellといってもそれほど性能高くなかったし、ゲーム画面中、メッセージ書いたりする時に文字入力がかくかくしていたから、UIと絡むと明らかに性能は良くなく(単なる科学技術計算なら性能いいのだろうけど)、OSの移植性なんか何の考慮もしていなかったのだろうから、広まらなかった。ビジネスモデルとしては面白かったが、ゲーム機はゲーム機としておいたほうがよかったかもね。

 話がそれたが、PS3のときも最初に買ったゲームがメタルギアソリッドIVだったので、PS3以降は、メタルギアソリッドをやるためにPlayStationを買っているといっても過言ではない。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

24 | Bloodborne | CDづくり | CPUが表示されない | CPUファンがうるさい | MMORPG | OfficeのDSP版 | PS3 | PS4 | Q9450はまだか? | Raidの威力 | SIREN | SIREN NEW TRANSLATION | SIREN2 | あけましておめでとう | いか焼き | ごみ屋敷 | しみ込み焼 | じゃがりこ | すき家 | なんだかPCが壊れそうだ | ひげトリマー | へたれ保守 | むかつくやつ | めまい | ウェブログ・ココログ関連 | エ○ブ○ | エコロジー | カップラーメンに除草剤 | ガソリンの値段 | ギャンブル | クレイマー | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントが投稿できない | スポーツ | ダイドードリンコ | ダークソウル | デモンズソウル | ドンキホーテ | ニュース | パソコン・インターネット | パチスロ | パチスロ戦国無双 | パチンコのコマーシャル | プリンタ | ペットボトルのお茶 | ホームランバー | マタンゴ | マナー | メイドカフェ | メタルギアソリッド | 中国の地震 | 体調崩した | 俺ははげている | 北京オリンピック | 吉法師殿のPC | 吉野家 | 国盗りカウンター | 実を言うと今日は誕生日 | 寒い | 小室哲哉 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 文化・芸術 | 新しいPCの構想 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 松屋 | 武蔵野腹いっぺぇうどん | 毒ギョーザ | 民主党って | 焦った | 百度 | 直前記憶喪失 | 眼鏡 | 経済・政治・国際 | 聖火リレーの妨害 | 育児 | 胡錦涛来るなよ | 自動公開 | 芸能・アイドル | 落書きについて | 西武鉄道 | 贅沢時間完熟マンゴーラテ | 阪神 | 音楽 | 食べ物 | 食欲の秋 | 骨折した